基本情報

写真b

戸邉 亨

TOBE Toru


キーワード

細菌学,分子生物学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,助教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

筑波大学・文部技官 1987年05月 ~ 1988年09月
東京大学医科学研究所・助手 1988年10月 ~ 1997年03月
東京大学医科学研究所・講師 1997年04月 ~ 2001年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 病原細菌、特に腸管出血性大腸菌などの病原性大腸菌の病原性の分子機構についてゲノム解析をもとに研究を進めている。

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本細菌学会

  • 日本ゲノム微生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Activation of Motility by Sensing Short-Chain Fatty Acids via Two Steps in a Flagellar Gene Regulatory Cascade in Enterohemorrhagic Escherichia coli,Tobe, T., N. Nakanishi & N. Sugimoto,Infect. Immun,79: 1016-1024,2011年03月,学術論文

  • Bifidobacteria can protect from enteropathogenic infection through production of acetate,Fukuda, S., H. Toh, K. Hase, K. Oshima, Y. Nakanishi, K. Yoshimura, T. Tobe, J. M. Clarke, D. L. Topping, T. Suzuki, T. D. Taylor, K. Itoh, J. Kikuchi, H. Morita, M. Hattori & H. Ohno,Nature,469: 543-547,2011年01月,学術論文

  • NleC, a type III secretion protease, compromises NF-κB activation by targeting p65/RelA,Yen H, Ooka T, Iguchi A, Hayashi T, Sugimoto N, Tobe T,2010年12月,学術論文

  • Cytoskeleton-modulating effectors of enteropathogenic and enterohemorrhagic Escherichia coli: role of EspL2 in adherence and an alternative pathway for modulating cytoskeleton through Annexin A2 function.,Tobe, T.,FEBS J,277:2403-2408,2010年06月,解説・総説

  • Uptake via Glycoprotein 2 of FimH+ bacteria by M cells initiates mucosal immune response.,Hase, K., Kawano, K., Nochi, T., Pontes, G. S., Fukuda, S., Ebisawa, M., Kadokura, K., Tobe, T., Fujimura, Y., Kawano, S., Yabashi, A., Waguri, S., Nakato, G., Kimura, S., Murakami, T., Iimura, M., Hamura, K., Fukuoka, S., Lowe, A. W., Itoh, K., Kiyono, H. & Ohno, H.,Nature,462: 226-230,2009年11月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 小林六造賞,戸邉亨,日本細菌学会,2007年03月