基本情報

写真b

原田 彰宏

HARADA Akihiro


キーワード

細胞極性、極性輸送、ノックアウトマウス

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/acb/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 2013年03月31日,大阪大学,理事補佐,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 医学系研究科  修了 医学博士 1996年05月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学医学部附属病院内科 研修医 1989年06月 ~ 1990年03月
東京大学薬学部機能病態学教室助手相当(寄付講座教員) 1992年10月 ~ 1995年03月
東京大学医学部附属脳研究施設助手 1995年04月 ~ 1996年06月
東京大学大学院医学系研究科講師 1996年07月 ~ 2001年06月
群馬大学生体調節研究所 細胞構造分野 教授 2001年07月 ~ 2009年03月
大阪大学医学系研究科 細胞生物学講座教授 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞の極性の形成維持の分子機構の解明

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会

  • アメリカ細胞生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本解剖学会

  • 日本細胞生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The Rab8 GTPase regulates apical protein localization in intestinal cells.Nature 448:366-369.,Sato T, Mushiake S, Kato Y, Sato K, Sato M, Takeda N, Ozono K, Miki K, Kubo Y, Tsuji A, Harada R, Harada A. (2007),2007年06月,学術論文

  • Altered microtubule organization in small-calibre axons of mice lacking tau protein. Nature 369, 488-491.,Harada, A., Oguchi, K., Okabe, S., Kuno, J., Terada, S., Ohshima, T., Sato-Yoshitake, R., Takei, Y., Noda, T. and Hirokawa, N. (1994),1994年06月,学術論文

  • Roles of Collagen XXV and Its Putative Receptors PTPσ/δ in Intramuscular Motor Innervation and Congenital Cranial Dysinnervation Disorder,Haruka Munezane, Hiroaki Oizumi, Tomoko Wakabayashi, Shu Nishio, Tomoko Hirasawa, Takashi Sato, Akihiro Harada, Tomoyuki Yoshida, Takahiro Eguchi, Yuji Yamanashi, Tadafumi Hashimoto, Takeshi Iwatsubo,Cell Reports,29(13) 4362-4376,2019年12月,学術論文

  • The activity of Sac1 across ER–TGN contact sites requires the four-phosphate-adaptor-protein-1,Rossella Venditti, Maria Chiara Masone, Laura Rita Rega, Giuseppe Di Tullio, Michele Santoro, Elena Polishchuk, Ivan Castello Serrano, Vesa M Olkkonen, Akihiro Harada, Diego L Medina, Raffaele La Montagna, Maria Antonietta De Matteis,J Cell Biol,218(3) 783-797,2019年03月,学術論文

  • Neuronal SIRT1 regulates macronutrient-based diet selection through FGF21 and oxytocin signalling in mice,Sho Matsui, Tsutomu Sasaki, Daisuke Kohno, Keisuke Yaku, Ayumu Inutsuka, Hiromi Yokota-Hashimoto, Osamu Kikuchi, Takayoshi Suga, Masaki Kobayashi, Akihiro Yamanaka, Akihiro Harada, Takashi Nakagawa, Tatsushi Onaka, Tadahiro Kitamura,Nature communications,9, 1, 4604,2018年11月,学術論文

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • インスリン増やす物質 阪大チーム マウス実験で特定,読売新聞,2016年10月

  • 「仕事の遅い分子」、インスリン分泌抑制,朝日新聞,2016年10月

  • 阪大など、哺乳類の初期胚に栄養供給する機構解明-輸送制御たんぱく質特定,日刊工業新聞,2012年09月