基本情報

写真b

原 隆浩

HARA Takahiro


キーワード

データ工学,モーバイルコンピューティング

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-4511

FAX番号

06-6879-4514

URL

http://www-nishio.ist.osaka-u.ac.jp/~hara/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2002年03月31日,工学研究科,助手,専任

  • 2002年04月01日 ~ 2004年10月31日,情報科学研究科 マルチメディア工学専攻,助手,専任

  • 2004年11月01日 ~ 2007年03月31日,情報科学研究科 マルチメディア工学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2015年10月15日,情報科学研究科 マルチメディア工学専攻,准教授,専任

  • 2015年10月16日 ~ 継続中,情報科学研究科 マルチメディア工学専攻,教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,データビリティフロンティア機構,教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 情報システム工学科 卒業 学士(工学) 1995年03月
大阪大学 工学研究科 情報システム工学専攻 修了 修士(工学) 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1997年07月 ~ 2004年09月
大阪大学准教授 2004年10月 ~ 2015年10月
奈良先端科学技術大学院大学・招へい准教授 2007年04月 ~ 2010年03月
京都大学大学院情報学研究科・連携准教授 2007年04月 ~ 2014年03月
国立情報学研究所・客員准教授 2008年10月 ~ 2014年03月
国立情報学研究所・客員教授 2015年04月 ~ 継続中
大阪大学栄誉教授 2017年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • モバイルネットワークにおけるデータ管理技術に関する研究
    計算機システム関連,データベース関連

  • 高度ネットワーク環境におけるデータベースシステムに関する研究
    計算機システム関連,データベース関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • IEEE

  • 電子情報通信学会

  • 情報処理学会

  • ACM

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Methods and Applications of Mobile Molecular Communication,Tadashi Nakano, Yutaka Okaie, Shouhei Kobayashi, Takahiro Hara, Yasushi Hiraoka, Tokuko Haraguchi,Proceedings of the IEEE,2019年10月,学術論文

  • ETC-IoT: Edge-Node-Assisted Transmitting for the Cloud-Centric Internet of Things,Wei Zhao, Jiajia Liu, Hongzhi Guo, Takahiro Hara,IEEE Network,Vol.32, No.3, pp.101-107,2018年06月,学術論文

  • Space Filling Approach for Distributed Processing of Top-k Dominating Queries,Daichi Amagata, Takahiro Hara, Makoto Onizuka,IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering,30(6) 1150-1163,2018年01月,学術論文

  • Mining Top-k Co-Ooccurrence Patterns across Multiple Streams,Daichi Amagata, Takahiro Hara, IEEE Transactions on Knowledge and Data Engineering,29(10) 2249-2262,2017年10月,学術論文

  • IDF for Word N-grams,Masumi Shirakawa, Takahiro Hara, Shojiro Nishio,ACM Transactions on Information Systems,Vol.36, No.1, Article 5,2017年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ビッグデータ解析の現在と未来 -Hadoop, NoSQL, 深層学習からオープンデータまで,原 隆浩,共立出版,ISBN,978-4-320-00920-2,2017年10月

  • 教科書,アルゴリズムとデータ構造,原 隆浩,水田智史,大川剛直,共立出版株式会社,2012年06月

  • 専門著書,Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence),Takahiro Hara, Vladimir I. Zadorozhny, Erik Buchmann,Springer-Verlag,2010年07月

  • 専門著書,Complex Intelligent Systems and Their Applications (Book Series: Springer Optimization and Its Applications),Shinya Kitajima, Takahiro Hara, Tsutomu Terada, Shojiro Nishio,Springer-Verlag,2010年07月

  • 専門著書,Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era (Book Series: Studies in Computational Intelligence),Akimitsu Kanzaki, Takahiro Hara, Yoshimasa Ishi, Tomoki Yoshihisa, Yuuichi Teranishi, Shinji Shimojo,Springer-Verlag,2010年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2015), Best Paper Award (Runner-up) ,Yuka Komai, Takahiro Hara, Shojiro Nishio,IEEE,2015年07月

  • 第11回(平成26年度)日本学術振興会賞,原 隆浩,日本学術振興会,2015年02月

  • ACM Distinguished Scientist,Takahiro Hara,ACM,2013年11月

  • International Journal of Web Information Systems, Outstanding Paper Award (Highly Commended),Masahiro Ito, Kotaro Nakayama, Takahiro Hara, Shojiro Nishio,Emerald Group Publishing ,2012年12月

  • IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2012), Best Paper Award (Runner-up) ,Lekshmi M. Chidambaram, Sanjay K. Madria, Mark Linderman, Takahiro Hara ,IEEE,2012年07月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 学術振興会賞 学士院学術奨励賞 第11回授賞式,科学新聞,2015年03月

  • 第11回 日本学術振興会賞に25氏,科学新聞,2015年01月

  • 豪雨や地震探知などセンサー紹介ブース,毎日新聞(京都版),2013年09月

  • 豪雨や地震探知などセンサー紹介ブース,毎日新聞(大阪版),2013年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪科学賞記念講演,ネットワーク環境上のデータ管理と社会センシングに関する研究~進化するICT ~ビッグデータ・AI技術が社会を映す~,2017年11月

  • International Conference on Complex, Intelligent, and Software Intensive Systems (CISIS-2018), 基調講演,SNS as Social Sensors: Technologies for Extracting Knowledge from SNSs,2018年07月

  • Central Area Networking and Security Workshop (CANSec 2017), 基調講演,Dummy-based Approaches for Protecting Location Privacy,2017年10月

  • 2016 Japan-America Frontiers of Engineering Symposium, Invited Talk,A Platform for IoT and Social Big Data,2016年06月

  • Research Seminar at The Hong Kong Polytechnic University,Social Sensing: Extracting Knowledge from SNSs,2017年11月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,IEEE International Conference on Data Engineering (ICDE 2019) ,プログラム副委員長,2020年04月

  • 国際会議,IEEE International Conference on Mobile Data Management (MDM 2018) ,プログラム共同委員長,2018年06月

  • 国際会議,International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (Mobiquitous 2016),会議共同委員長,2016年12月

  • 国際会議,IEEE International Conference on Ubiquitous Intelligence and Computing (UIC-2014),プログラム共同委員長,2014年12月

  • 国際会議,IEEE International Symposium on Reliable Distributed Systems (SRDS 2014) ,シンポジウム委員長,2014年10月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,IEEE,IEEE Transactions on Vehicular Technology, 編集委員,2019年02月 ~ 継続中

  • 学会,IEEE,IEEE Communication Magazine (Feature Topic: People-Centric Internet of Things), ゲスト編集委員,2016年05月 ~ 2017年02月

  • 学会,IEEE,論文誌IEEE Access, 編集委員,2016年01月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,日本学術会議,日本学術会議連携会員,2014年10月 ~ 2019年09月

  • 国・地方公共団体,科学技術振興機構,未来創造研究推進事業 さきがけ「IoTが拓く未来」アドバイザー ,2019年04月 ~ 2025年03月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 特別研究員審査員,2017年08月 ~ 2018年03月

  • 文部科学省,専門調査員,2003年04月 ~ 2012年03月