基本情報

写真b

桂 誠

KATSURA Makoto


キーワード

地球物性学

URL

http://life.ess.sci.osaka-u.ac.jp/katsura/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 宇宙地球科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,理学研究科 宇宙地球科学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学研究科 物理学専攻 修了 博士(理学) 1997年

職歴 【 表示 / 非表示

(株)増進会出版社 1992年04月 ~ 1993年08月
動燃東濃地科学センター常勤客員研究員 1997年04月 ~ 1998年03月
現職 1998年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 環境計測装置の開発
    計測工学関連

  • 非晶質珪酸塩の熱的安定化とそのガンマ線照射効果
    固体地球科学関連

  • 高分解能分光計測の為の電流源開発

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 地震

  • 物理

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Nonlinearity error reduction in signal ratiometry by ratio-to-phase conversion,Makoto Katsura, Measurement Science and Technology,26巻、12号、125011,2015年12月,学術論文

  • Application of a Modulating Technique to Detect Near-Field Signals Using a Conventional IR Spectrometer with a Ceramic Light Source,M. Ishikawa, M. Katsura, S. Nakashima, K. Aizawa, T. Inoue, Y. Ikemoto, H. Okamura,e-Journal of Surf. Sci. and Nanotech.,Vol. 9 (2011) pp.40-45,2011年02月,学術論文

  • Temperature dependence of reflectance spectra and color values of hematite by in situ, high-temperature visible micro-spectroscopy,Yuta Yamanoi, Satoru Nakashima and Makoto Katsura,American Mineralogist,v. 94; no. 1; p. 90-97,2009年01月,学術論文

  • Electrical conductance of a sandstone partially saturated with varying concentrations of NaCl solutions , R. Umezawa, N. Nishiyama, M. Katsura, S. Nakashima,Geophysical Journal International,vol.209, No.2, pp.1287-1295 ,2017年03月,学術論文

  • Transmission IR Micro-Spectroscopy of Interfacial Water between Colloidal Silica Particles.,Hamamoto, M., Katsura, M., Nishiyama, N., Tonoue, R. and Nakashima, S.,e-Journal of Surface Science and Nanotechnology,13, 301-306,2015年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,New Prospects of ESR Dsosimetry and Dating (2001-ESRDD-Osaka): Advances in ESR ApplicationsVolume 18, 2002,Whitehead, N. E., Hirai, M., Tani, A., Yamanaka, C. & Ikeya, M. ,ESR応用計測研究会,2002年11月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,温度計,桂誠,特開2009-92447(公開),2007年10月

  • 日本,表皮効果観測装置,桂誠,特開2008-224285(公開),2007年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大学等地域開放特別事業 『大学Jr.サイエンス & ものづくり』,作って遊んで考える空と空気の現象,2002年08月