基本情報

写真b

熊ノ郷 淳

KUMANOGOU Atsushi


キーワード

免疫学、内科学

URL

http://www.biken.osaka-u.ac.jp/lab/immunopathology/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年08月01日 ~ 2003年12月31日,微生物病研究所,助手,専任

  • 2004年01月01日 ~ 2006年05月31日,微生物病研究所,助教授,専任

  • 2006年06月01日 ~ 2011年03月31日,微生物病研究所,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1991年03月
大阪大学 医学研究科 第3内科 修了 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部付属病院医師 1991年04月 ~ 1992年06月
大阪逓信病院医師 1992年07月 ~ 1993年03月
大阪大学微生物病研究所助手 1997年08月 ~ 継続中
微生物病研究所・分子免疫制御分野・助教授 2003年12月 ~ 継続中
微生物病研究所・感染病態分野・教授 2006年06月 ~ 2011年03月
世界トップレベル研究拠点 大阪大学免疫学フロンティア研究センター・教授 2007年10月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学系研究科・呼吸器・免疫アレルギー内科・教授 2011年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫反応の分子的メカニズムの解明

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本リウマチ学会

  • 日本免疫学会

  • 分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of an atypical monocyte and committed progenitor involved in fibrosis.,Satoh T, Nakagawa K, Sugihara F, Kuwahara R, Ashihara M, Yamane F, Minowa Y, Fukushima K, Ebina I, Yoshioka Y, Kumanogoh A, Akira S,Nature,541(7635) 96-101,2017年01月,学術論文

  • Polarization of M2 macrophages requires Lamtor1 that integrates cytokine and amino-acid signals.,Kimura T, Nada S, Takegahara N, Okuno T, Nojima S, Kang S, Ito D, Morimoto K, Hosokawa T, Hayama Y, Mitsui Y, Sakurai N, Sarashina-Kida H, Nishide M, Maeda Y, Takamatsu H, Okuzaki D, Yamada M, Okada M, Kumanogoh A,Nature communications,7 13130,2016年10月,学術論文

  • Immunological functions of the neuropilins and plexins as receptors for semaphorins. ,Kumanogoh A and Kikutani H,Nature Reviews Immunology ,13,2013年09月,学術論文

  • A point mutation in Semaphorin 4A associates with defective endosomal sorting and causes retinal degeneration. ,Nojima S, Toyofuku T, Kamao H, Ishigami C, Kaneko J, Okuno T, Takamatsu H, Ito D, Kang S, Kimura T, Yoshida Y, Morimoto K, Maeda Y, Ogata A, Ikawa M, Morii E, Aozasa K, Takagi J, Takahashi M, Kumanogoh A. :,Nat Commun. ,4 1406. ,2013年05月,学術論文

  • Osteoprotection by Semaphorin 3A.,Hayashi M et al. ,Nature,485:69-74,2012年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,免疫ペディア101のイラストで免疫学・臨床免疫学に強くなる!,森田貴義, 熊ノ郷淳, 他,羊土社,ISBN,978-4-7581-2080-7,2017年06月

  • 専門著書,Ankylosing Spondylitis: Symptoms, Treatment and Potential Complications,Ogata A, Tanaka T, Kumanogoh A,Nova Science Publishers Inc.,ISBN,978-1-62618-362-9,2013年06月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 持田記念学術賞,熊ノ郷淳,持田医学薬学振興財団,2012年10月

  • 文部科学大臣表彰・科学技術賞,熊ノ郷淳,文部科学省,2011年04月

  • 大阪科学賞,熊ノ郷淳,大阪府、大阪市、(財)大阪科学技術センター,2010年10月

  • 日本免疫学会賞,熊ノ郷淳,日本免疫学会,2005年12月

  • 日本学術振興会賞,熊ノ郷淳,日本学術振興会,2005年03月

全件表示 >>