基本情報

写真b

金澤 有紘

KANAZAWA Arihiro


キーワード

高分子合成,リビング重合

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/aoshima/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年08月01日 ~ 2018年06月15日,理学研究科 高分子科学専攻,助教,専任

  • 2018年06月16日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 2005年03月
大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻 修了 修士 2007年03月
大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻 修了 博士 2010年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC1) 2007年04月 ~ 2010年03月
日本学術振興会特別研究員(PD)[名古屋大学大学院工学研究科] 2010年04月 ~ 2011年08月
大阪大学大学院理学研究科高分子科学専攻 助教 2011年08月 ~ 2018年06月
大阪大学大学院理学研究科高分子科学専攻 講師 2018年06月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子合成,リビング重合,カチオン重合,開環重合
    高分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Stereoregularity effect on hole mobility in poly(N-vinylcarbazole) thin film evaluated by MIS-CELIV method,W. Kim, Y. Nishikawa, H. Watanabe, A. Kanazawa, S. Aoshima, A. Fujii and M. Ozaki,Jpn. J. Appl. Phys.,59, SDDA01-1-SDDA01-5,2019年12月,学術論文

  • Tandem Unzipping and Scrambling Reactions for the Synthesis of Alternating Copolymers by the Cationic Ring-Opening Copolymerization of a Cyclic Acetal and a Cyclic Ester,Higuchi, M.; Kanazawa, A.; Aoshima, S.,ACS Macro Lett.,2020, 9, 77–83,2019年12月,学術論文

  • Desilylation-Triggered Degradable Silylacetal Polymers Synthesized via Controlled Cationic Copolymerization of Trimethylsilyl Vinyl Ether and Cyclic Acetals,Kato, R.; Kanazawa, A.; Aoshima, S.,ACS Macro Lett.,2019, 8, 1498–1503,2019年10月,学術論文

  • ABC Pseudo-Periodic Sequence Control by Cationic Orthogonal Terpolymerization of Vinyl Ether, Oxirane, and Ketone,Mimura, M.; Kanazawa, A.; Aoshima, S.,Macromolecules,2019, 52, 7572–7583,2019年10月,学術論文

  • Controlled Cationic Copolymerization of Vinyl Monomers and Cyclic Acetals via Concurrent Vinyl-Addition and Ring-Opening Mechanisms: The Systematic Study of Structural Effects on the Copolymerization Behavior,Maruyama, K.; Kanazawa, A.; Aoshima, S.,Polym. Chem.,2019, 10, 5304–5314,2019年09月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Sequence-Controlled Polymers [Chapter 11; Sequence-Controlled Polymers via Cationic Polymerization],Aoshima, S.; Kanazawa, A.,Wiley-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA,ISBN,9783527342372,2017年12月

  • 専門著書,精密重合が拓く高分子合成(CSJカレントレビュー20)[Part II, 2章; カチオン重合],青島 貞人, 金澤 有紘,化学同人,ISBN,9784759813807,2016年02月

  • 専門著書,Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials [Chapter "Polyethers"],Kanazawa, A.,Springer International Publishing AG,ISBN,978-3-642-36199-9 ,2014年08月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,α,β-不飽和エーテルおよび飽和環状エーテルの共重合体の製造方法,青島 貞人,金岡 鐘局,金澤 有紘,社地 賢治,井田 大嗣,2014-181298(公開),2013年03月

  • 日本, α,β-不飽和エーテルおよび飽和環状モノエーテルの非ハロゲン系共重合体並びにこれを含有する粘着剤組成物,青島 貞人,金岡 鐘局,金澤 有紘,社地 賢治,井田 大嗣,2014-181299(公開),2013年03月

  • 日本,重合体及びその製造方法,青島 貞人,金岡 鐘局,金澤 有紘,神田 峻吾,田中 洋己,6047791(登録),2012年05月,2016年12月

  • 国際特許,固体酸触媒を用いたアルケニルエーテル重合体の製造方法,青島貞人,金岡鍾局,金澤有紘,WO2008/056432 A1(公開),2007年05月

  • 日本,ポリアルケニルエーテルの製造方法,青島 貞人,金岡 鍾局,吉田 友秀,金澤 有紘,松田 安弘,中澤 郁郎,佐藤 公一,池上 正幸,2006-241189(公開),2005年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第62回高分子研究発表会(神戸)ヤングサイエンティスト講演賞 ,金澤 有紘,高分子学会関西支部,2016年07月

  • 大阪大学総長奨励賞(研究部門),金澤 有紘,国立大学法人大阪大学,2015年07月

  • 平成26年度高分子研究奨励賞,金澤 有紘,高分子学会,2015年05月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ひらめき☆ときめきサイエンス『化学で紐解く身の回りの不思議現象』,高分子材料「ポリウレタン」を合成する,2018年08月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • その他,第82回高分子若手研究会【関西】,世話人,2014年07月