基本情報

写真b

金澤 浩

KANAZAWA Hiroshi


キーワード

分子生物学,生体膜学,遺伝子工学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年10月01日 ~ 2012年03月31日,理学研究科 生物科学専攻,教授,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,理学研究科,特任教授(常勤),専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 薬学部 製薬化学科 卒業 1971年03月
東京大学 薬学系研究科 薬学系 修了 1976年03月

職歴 【 表示 / 非表示

岡山大学助手 1978年03月 ~ 継続中
国立ガンセンター研究所室長 1985年04月 ~ 継続中
岡山大学教授 1988年04月 ~ 継続中
大阪大学教授 1997年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 1.生体膜イオン輸送性タンパク質の構造,機能と制御, 2.細胞膜蛋白質の細胞内輸送機構 3.細胞内環境変化とアポトーシスに関わる蛋白質リン酸化酵素の機能と制御

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国生化学・分子生物学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生化学会

  • 日本薬学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure-function relationship of the fifth transmembrane domain in the Na+/H+ antiporer of Helicobacter pylori:Topology and function of the residues including two consecutive essential aspartate residues,Naoyuki Kuwabara, Hiroki Inoue, Yumi, Tsuboi, Keiji Mitsui, Masafumi Matsushita and Hiroshi Kanazawa,Biochemistry,45, 14834-14842,2006年07月,学術論文

  • Detection of an oligomer formation and conformational change of Na+/H+ antiporter from Helicobacter pylori by fluorescence resonance energy transfer analysis,Akira Karasawa, Yumi Tsuboi, Hiroki Inoue, Rie Kinoshita, Norihiro Nakamura, and HiroshiKanazawa,J. Biol. Chem.,280, 41900-41911,2005年12月,学術論文

  • Structural Characterization of Calcineurin B Homologous Protein 1,Youichi Naoe, Kyouhei Arita, Hiroshi Hashimoto, Hiroshi Kanazawa, Mamoru Sato, and Toshiyuki Shimizu,J. Biol. Chem.,280, 32372 - 32378,2005年10月,学術論文

  • Design, synthesis, and biological evaluation of fluorinated analogues of salicylihalamide.,Sugimoto, Yoshinori, Konoki, Keiichi, Murata, Michihiko, Matsushita, Masafumi, Kanazawa, Hirohsi, and Oishi, Tohru,J Med Chem,52(3):798-806,2009年02月,学術論文

  • Nuclear localization signal and phosphorylation by PKC specify intracellular localization of DRAK2,Hiroshi Kuwahara, Michihiko Nishizaki, and Hiroshi Kanazawa,Journal of Biochemistry,143,349=358,2008年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教科書,ベーシック 分子生物学,米崎 哲朗、升方 久夫、金澤 浩,化学同人,ISBN,978-4-7598-1582-5,2014年10月

  • 専門著書,トランスポートソームの世界 ―膜輸送研究の源流から未来へ― 第三章4 無機イオン動態とトランスポーター 4 プロトン,松下昌史, 金澤浩,京都廣川書店,ISBN,978-4-901789-66-0,2011年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第56回 日本生化学会近畿支部例会優秀発表賞,松下昌史,日本生化学会,2009年07月

  • 第56回 日本生化学会近畿支部例会優秀発表賞,三井慶治,日本生化学会,2009年07月

  • 岡山工学振興財団内山勇三科学技術賞,金澤 浩,,1996年10月

  • 日経BP技術賞,金澤 浩,,1992年03月

  • 日本生化学会奨励賞 ,金澤 浩,,1983年10月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 公開ワークショップ:大学のグローバル化に何が必要?,総合討論:大学の国際化には何が必要か?,2017年03月

  • 「大阪大学とアジアの大学との研究・教育の交流 ーアジア人材育成研究教育拠点(CAREN)の活動 2016」,「台湾の大学との交流とDDP協定締結を中心に」,2016年03月

  • 公開討論:阪大理工系4研究科による国際交流の未来について,司会,2015年03月

  • 公開討論会:大阪大学のグローバル大学化の基盤形成を目指す活動の現状,司会,2015年03月

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 高大連携ワークショップ第3回,2005年06月 ~ 継続中