基本情報

写真b

金田 眞理

KANEDA Mari


キーワード

結節性硬化症 神経皮膚症候群

電話番号

06-6879-3031

FAX番号

06-6879-3039

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月01日 ~ 継続中,医学系研究科,講師,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学部附属病院,病院教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学研究科  修了 医学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学研究科皮膚科学 講師 2007年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 結節性硬化症の病態解明
    結節性硬化症、レックリングハウゼン病、などの皮膚の遺伝病

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本結節性硬化症学会

  • 日本家族制腫瘍学会

  • 日本レックリングハウゼン病学会

  • 日本皮膚科学会

  • 日本研究皮膚科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Tuberous sclerosis complex: recent advances in manifestations and therapy,Mari Wataya-Kaneda,1 Motohide Uemura,2 Kazutoshi Fujita,2 Haruhiko Hirata,3 Keigo Osuga,4 Kuriko Kagitani-Shimono,5 Norio Nonomura, 2 on behalf of the Tuberous Sclerosis Complex Board members in Osaka University Hospital.,International journal of urology,2017 Jul 1. doi: 10.1111/iju.13390.,2017年06月,解説・総説

  • Efficacy and Safety of Topical Sirolimus Therapy for Facial Angiofibromas in the Tuberous Sclerosis Complex : A Randomized Clinical Trial.,Wataya-Kaneda M, Nakamura A, Tanaka M, Hayashi M, Matsumoto S, Yamamoto K, Katayama I.,JAMA Dermatol.,Nov 12. doi: 10.1001/jamadermatol.2016.3545,2016年12月,学術論文

  • Gastrointestinal stromal tumors in Japanese patients with neurofibromatosis type I.,Nishida T, Tsujimoto M, Takahashi T, Hirota S, Blay JY, Wataya-Kaneda M.,J Gastroenterol.,2016 Jun;51(6):571-8. doi: 10.1007/s00535-015-1132-6. Epub 2015 Oct 29. PMID: 26511941,2016年06月,学術論文

  • Genetic Disorders with Dyshidrosis: Ectodermal Dysplasia, Incontinentia Pigmenti, Fabry Disease, and Congenital Insensitivity to Pain with Anhidrosis.,Wataya-Kaneda M.,Perspiration Research,2016;51:42-9. doi: 10.1159/000446757.,2016年03月,解説・総説

  • Lymphangioleiomyomatosis and Multifocal Micronodular Pneumocyte Hyperplasia in Japanese Patients with Tuberous Sclerosis Complex,Mari Tanaka, Haruhiko Hirata, Mari Wataya-Kaneda, Ichiro Katayama, Mitsuhiro Yoshida,2016年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,結節性硬化症の診断と治療最前線,金田眞理,診断と治療社,ISBN,ISBN978-7878-2213-0 C3047,2016年07月

  • 専門著書,おもな皮膚疾患 T先天性皮膚疾患への対処 9.母斑症,金田眞理,臨床評価刊行会201604,2016年04月

  • 専門著書,Dermatology for Skin of Color ,Wataya-Kaneda M,McGraw-Hill Education,ISBN,ISBN 978-0-07-180552-0,2015年12月

  • 教科書,小児科診療,金田眞理,診断と治療社,2015年11月

  • 専門著書,MB Derma,金田眞理,全日本病院出版会,2015年11月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ラパマイシンおよびその誘導体を含有する神経線維腫症1型治療用外用剤,金田眞理,特願2009-(出願),2015年02月

  • PCT,発汗抑制剤,金田 眞理,特願2014-131788(出願),2014年06月

  • 日本,皮膚疾患を治療するための外用薬及びその利用,金田眞理 片山一朗,200101827(出願),2011年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長顕彰,金田眞理,大阪大学,2013年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第112回日本皮膚科学会総会,結節性硬化症 up date,2014年05月

  • 第112回日本皮膚科学会総会,ヘルマンスキーパドラック症候群の1例,2014年05月

  • ファブリー病患者会,ファブリー病の皮膚症状,2014年04月

  • Annual meetiing of American Academy of Allergy, Asthma and Immunology,Topical application of Rapamycin Ointment Inhibits Dermato Phagonoidesu Farinae Body (Dfb) Extract Antigen-Induced Dermatitis inNC/Nga Mice,2014年02月

  • TSC Days Japan 2013,包括的な結節性硬化症診療に向けた診療科・施設を超えた取り組み,2013年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,結節性硬化症学会,2016年11月

  • 国内重要会議,日本皮膚科学会,事務局長,2010年04月