基本情報

写真b

金田 眞理

KANEDA Mari


キーワード

結節性硬化症 神経皮膚症候群

電話番号

06-6879-3031

FAX番号

06-6879-3039

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月01日 ~ 2019年04月30日,医学系研究科,講師,専任

  • 2019年05月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学部附属病院,病院教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学研究科  修了 医学博士 1985年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学研究科皮膚科学 講師 2007年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 結節性硬化症の病態解明
    結節性硬化症、レックリングハウゼン病、などの皮膚の遺伝病

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本結節性硬化症学会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本家族制腫瘍学会

  • 日本レックリングハウゼン病学会

  • 日本皮膚科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Heightened BRAF and BRAF pseudogene expression levels in two Japanese patients with Erdheim-Chester disease,Murakami, Yukakoa, Wataya-Kaneda, Mari,*, Kitayama, Kazukoa, Arase, Norikoa,b Murota, Hiroyukia, Hirayasu, Kouyukic, Arase, Hisashib, Katayama, Ichiroa,Journal of Cutaneous Immunology and Allergy,DOI: 10.1002/cia2.12010,2018年04月,学術論文

  • Analysis of clinical symptoms and ABCC6 mutations in 76 Japanese patients with pseudoxanthoma elasticum.,Iwanaga A, Okubo Y, Yozaki M, Koike Y, Kuwatsuka Y, Tomimura S, Yamamoto Y, Tamura H, Ikeda S, Maemura K, Tsuiki E, Kitaoka T, Endo Y, Mishima H, Yoshiura KI, Ogi T, Tanizaki H, Wataya-Kaneda M, Hattori T, Utani A,The Journal of dermatology,,2019年06月,学術論文

  • Sirolimus Gel Treatment vs Placebo for Facial Angiofibromas in Patients With Tuberous Sclerosis Complex: A Randomized Clinical Trial.,Wataya-Kaneda M, Ohno Y, Fujita Y, Yokozeki H, Niizeki H, Ogai M, Fukai K, Nagai H, Yoshida Y, Hamada I, Hio T, Shimizu K, Murota H.,JAMA Dermatol. 2018 May 19. , doi: 10.1001/jamadermatol.2018.1408.,2018年03月,学術論文

  • Dysregulation of autophagy in melanocytes contributes to hypopigmented macules in tuberous sclerosis complex,Yang F, Yang L, Wataya-Kaneda M*, Hasegawa J, Yoshimori T, Tanemura A, Tsuruta D, Katayama I.,Journal of Dermatological Science,89(2) 155-164,2018年02月,学術論文

  • Absent Glycoprotein Non-Metastatic B/ Osteoactivin(GPNMB) expression by the lesional based keratinocytes I vitiligo,Aya Takahashi, Fei Yang, Lingli Yang Mari Wataya-Kaneda et al.,42 nd JDID,1,2017年12月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,結節性硬化症の診断と治療最前線,金田眞理,診断と治療社,ISBN,ISBN978-7878-2213-0 C3047,2016年07月

  • 専門著書,おもな皮膚疾患 T先天性皮膚疾患への対処 9.母斑症,金田眞理,臨床評価刊行会201604,2016年04月

  • 専門著書,Dermatology for Skin of Color ,Wataya-Kaneda M,McGraw-Hill Education,ISBN,ISBN 978-0-07-180552-0,2015年12月

  • 教科書,小児科診療,金田眞理,診断と治療社,2015年11月

  • 専門著書,MB Derma,金田眞理,全日本病院出版会,2015年11月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,ラパマイシンおよびその誘導体を含有する神経線維腫症1型治療用外用剤,金田眞理,特願2009-(出願),2015年02月

  • PCT,発汗抑制剤,金田 眞理,特願2014-131788(出願),2014年06月

  • 日本,皮膚疾患を治療するための外用薬及びその利用,金田眞理 片山一朗,200101827(出願),2011年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学総長顕彰,金田眞理,大阪大学,2013年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第112回日本皮膚科学会総会,ヘルマンスキーパドラック症候群の1例,2014年05月

  • 第112回日本皮膚科学会総会,結節性硬化症 up date,2014年05月

  • ファブリー病患者会,ファブリー病の皮膚症状,2014年04月

  • Annual meetiing of American Academy of Allergy, Asthma and Immunology,Topical application of Rapamycin Ointment Inhibits Dermato Phagonoidesu Farinae Body (Dfb) Extract Antigen-Induced Dermatitis inNC/Nga Mice,2014年02月

  • TSC Days Japan 2013,包括的な結節性硬化症診療に向けた診療科・施設を超えた取り組み,2013年12月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,結節性硬化症学会,2016年11月

  • 国内重要会議,日本皮膚科学会,事務局長,2010年04月