基本情報

写真b

金倉 讓

KANAKURA Yuzuru


キーワード

血液学,内科学,腫瘍学

URL

http://www.hematology.pro/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,教授,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1979年03月
大阪大学 医学研究科 内科専攻 修了 1983年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1985年07月 ~ 1988年06月
大阪大学教授 1997年01月 ~ 継続中
大阪大学医学部附属病院血液・腫瘍内科科長 1997年01月 ~ 継続中
大阪大学医学部附属病院内科系科長 2007年05月 ~ 2009年04月
大阪大学医学部附属病院卒後教育開発センター長 2010年04月 ~ 2012年03月
大阪大学医学部附属病院副病院長 2010年04月 ~ 2014年03月
大阪大学医学部附属病院内科系科長 2011年05月 ~ 2013年04月
大阪大学理事補佐 2012年04月 ~ 2014年03月
大阪大学医学部附属病院病院長 2014年04月 ~ 継続中
大阪大学副学長 2014年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 造血細胞の増殖・分化と腫瘍化の分子機構に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会

  • 日本造血細胞移植学会

  • 日本内科学会

  • 日本血液学会

  • 米国血液学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Immature platelet fraction (IPF) as a predictive value for thrombopoietic recovery after allogeneic stem cell transplantation,Sakuragi M, et al.,International Journal of Hematology,2017年10月,学術論文

  • PIGT-PNH 患者における自己炎症メカニズムの解明  その2 ヒト単球細胞株での解析,大里 幸真子、村上 良子、村田 祥吾、植田 康敬、西村 純一、金倉 譲、木下 タロウ,第54回日本補体学会学術集会,2017年09月,会議報告/口頭発表

  • Human CalDAG-GEFI deficiency increases bleeding and delays αIIbβ3 activation.,Kato H, Nakazawa Y, Kurokawa Y, Kashiwagi H, Morikawa Y, Morita D, Banno F, Honda S, Kanakura Y, Tomiyama Y. ,Blood,128・23・2729,2016年12月,学術論文

  • Paroxysmal nocturnal hemoglobinuria caused by PIGT mutations; Atypical PNH,Yoshiko Murakami , Michi Kawamoto , Norimitsu Inoue , Makiko Osato , Shogo Murata , Sho Murase , Hajime Yoshimura , Yasutaka Ueda , Jun-ichi Nishimura , Yuzuru Kanakura , Nobuo Kohara , and Taroh Kinoshita ,58th ASH Annual Meeting and Exposition ,2016年12月,国際会議(proceedingsあり)

  • Human CalDAG-GEFI deficiency increases bleeding and delays αIIbβ3 activation.,Kato H, Nakazawa Y, Kurokawa Y, Kashiwagi H, Morikawa Y, Morita D, Banno F, Honda S, Kanakura Y, Tomiyama Y,Blood,128(23) 2729-2733,2016年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,みんなに役立つ白血病の基礎と臨床「造血幹細胞とは」,松村 到、金倉 譲,医薬ジャーナル社,2004年12月

  • 一般著書,血小板生物学「血小板増多症」,松村 到、金倉 譲,Medical Review社,2004年06月

  • 専門著書,外来診療のすべて 「顆粒球減少症(無顆粒球症)」,松村 到、金倉 譲,Medical View社,2003年04月

  • 専門著書,シミュレイション内科 血液疾患の診療 「本態性血小板血症」,松村 到、金倉 譲,永井書店,2002年11月

  • 専門著書,シミュレイション内科 血液疾患の診療 「原発性骨髄線維症」,松村 到、金倉 譲,永井書店,2002年11月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2014 ASH Abstract Achievement Award,Tomohiko Ishibashi, Takafumi Yokota, Yusuke Satoh, Takao Sudo, Yukiko Doi, Natsuko Fujita, Yasuhiro Nagate, Yuri Hamanaka, Keiko Matsui, Akira Tanimura, Michiko Ichii, Norimitsu Saitoh, Sachiko Ezoe, Hirohiko Shibayama, Kenji Oritani and Yuzuru Kanakura,American Society of Hematology,2014年10月

  • 第75回 日本血液学会 奨励賞,数藤 孝雄,日本血液学会,2013年10月

  • 2011 ASH Abstract Achievement Award,Sudo T, Yokota T, Sugiyama T, Ishida T, Satoh Y, Oritani K, Nagasawa T, Kanakura Y.,American Society of Hematology,2011年10月

  • 日本医師会医学研究助成費,金倉 譲,日本医師会,1998年11月

  • 朝日学術奨励金 ,金倉 讓,,1986年

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • その他,厚生労働省独立行政法人評価委員会調査研究部会,副委員長,2013年07月 ~ 継続中

  • その他,科学技術振興機構セルイノベーション事後評価委員会,委員,2013年05月 ~ 2014年03月

  • 学会,日本内科学会,理事,2013年04月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,大阪府献血推進協議会,会長,2013年01月 ~ 継続中

  • その他,日本PNH研究会,代表幹事,2012年03月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • (学生指導)最終試験,1997年01月 ~ 継続中

  • 外来診療(火曜日午前),1997年01月 ~ 継続中

  • 病棟廻診(月曜日午後),1997年01月 ~ 継続中

  • (学生指導)クリニカルクラークシップ,1997年01月 ~ 継続中