基本情報

写真b

金井 好克

KANAI Yoshikatsu


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

群馬大学 医学部  卒業 医学士 1984年03月
東京大学 医学系研究科  修了 医学博士 1988年03月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学医学部・助手 1988年04月 ~ 1993年11月
米国ハーバード大学ブリガム・アンド・ウィミンズホスピタル・博士研究員 1991年04月 ~ 1993年11月
杏林大学医学部・講師 1993年12月 ~ 1996年03月
杏林大学医学部・助教授 1996年04月 ~ 2001年03月
杏林大学医学部・研究教授 2001年04月 ~ 2004年03月
杏林大学医学部・教授 2004年04月 ~ 2007年09月
大阪大学医学系研究科・教授 2007年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞のアミノ酸感知機構とアミノ酸シグナル
    薬理学関連,医化学関連

  • トランスポーターの分子生物学・分子薬理学
    薬理学関連,腎臓内科学関連,神経機能学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本アミノ酸学会

  • 日本生化学会

  • 日本トキシコロジー学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cryo-EM structure of the human L-type amino acid transporter 1 in complex with glycoprotein CD98hc.,Lee Y, Wiriyasermkul P, Jin C, Quan L, Ohgaki R, Okuda S, Kusakizako T, Nishizawa T, Oda K, Ishitani R, Yokoyama T, Nakane T, Shirouzu M, Endou H, Nagamori S, Kanai Y, Nureki O,Nature structural & molecular biology,26(6) 510-517,2019年06月,その他

  • Boron delivery for boron neutron capture therapy targeting a cancer-upregulated oligopeptide transporter.,Miyabe J, Ohgaki R, Saito K, Wei L, Quan L, Jin C, Liu X, Okuda S, Nagamori S, Ohki H, Yoshino K, Inohara H, Kanai Y,Journal of pharmacological sciences,139(3) 215-222,2019年03月,その他

  • Negative regulation of amino acid signaling by MAPK-regulated 4F2hc/Girdin complex.,Weng L, Han YP, Enomoto A, Kitaura Y, Nagamori S, Kanai Y, Asai N, An J, Takagishi M, Asai M, Mii S, Masuko T, Shimomura Y, Takahashi M,PLoS Biol,16(3):e2005090,2018年03月,学術論文

  • Relationship between LAT1 expression and resistance to chemotherapy in pancreatic ductal adenocarcinoma.,Altan B, Kaira K, Watanabe A, Kubo N, Bao P, Dolgormaa G, Bilguun EO, Araki K, Kanai Y, Yokobori T, Oyama T, Nishiyama M, Kuwano H, Shirabe K,Cancer Chemother Pharmacol.,81(1):141-153,2018年01月,学術論文

  • THE CONCISE GUIDE TO PHARMACOLOGY 2017/18: Overview.,Alexander SP, Kelly E, Marrion NV, Peters JA, Faccenda E, Harding SD, Pawson AJ, Sharman JL, Southan C, Buneman OP, Cidlowski JA, Christopoulos A, Davenport AP, Fabbro D, Spedding M, Striessnig J, Davies JA; CGTP Collaborators.,Br J Pharmacol.,174 Suppl 1:S1-S16,2017年12月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,アミノ酸輸送体とその異常,金井好克,診断と治療社,2012年01月

  • 専門著書,栄養素トランスポーター:その研究の進展と今後の課題,金井好克,建帛社,2011年05月

  • 専門著書,ハルトナップ(ハートナップ)症候群,金井好克,中山書店,2011年05月

  • 専門著書,遺伝子医学MOOK19号「トランスポートソーム:生体膜輸送機構の全体像に迫る-基礎、臨床・創薬応用研究の最新成果」,編集:金井 克好,株式会社メディカル ドゥ,2011年04月

  • 専門著書,最新トランスポーター研究2009,杉山 雄一金井 好克,メディカルドゥ,ISBN,978-4944157426,2009年02月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,がん細胞型大型中性アミノ酸トランスポーターLAT1に親和性を有するアミノ酸誘導体を211Atラベル化した抗がん剤とアスコルビン酸による211Atラベル化化合物の安定化法,深瀬浩一,篠原厚,金井好克,樺山一哉,兼田加珠子,張子見,畑澤順,白神宜史,下山敦史,真鍋良幸,特願 2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,硫酸抱合体を選択的に輸送するトランスポーター及びその遺伝子,遠藤仁 金井好克,特開2009-034096(公開),2008年06月

  • 日本,新規抗CD98抗体,田 原 知 幸 金 井 好 克 遠 藤 仁 片 岡 之 郎 長谷川 和 正 吉 野 哲 也,WO2007-114496(公開),2007年04月

  • 日本,腎臓特異性を有する新規な有機イオントランスポーター,遠藤仁 金井好克,WO/2008/068827(公開),2006年01月

  • 日本,血管障害や高血圧症の治療・予防剤、及びそのスクリーニング方法,遠藤 仁 金井 好克 ジョンソン リチャード ジェイ プライス カレン リー,WO2005-046724(公開),2004年11月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学未来戦略機構国際シンポジウム「アカデミア発創薬を目指した戦略展開」,講師,2015年03月