基本情報

写真b

近藤 忠

KONDOU Tadashi


キーワード

固体地球物理学,鉱物物理学,超高圧物理化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5793

FAX番号

06-6850-5480

URL

http://www.ess.sci.osaka-u.ac.jp/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2006年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 宇宙地球科学専攻,教授,専任

  • 2015年08月01日 ~ 2017年07月31日,全学教育推進機構,兼任教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学 工学部 応用物理学科 卒業 1989年03月
名古屋大学 理学研究科 地球科学専攻 修了 1991年03月
名古屋大学 理学研究科 地球科学専攻 中退 1993年04月

職歴 【 表示 / 非表示

名古屋大学理学部・助手 1993年05月 ~ 1993年12月
東京大学物性研究所・助手 1994年01月 ~ 1998年09月
東北大学大学院理学研究科・助教授 1998年10月 ~ 2006年09月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 地球惑星の深部構造と進化に関する実験的研究、極限環境下における物性測定

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本高圧力学会

  • 日本地震学会

  • 日本惑星科学会

  • 日本鉱物科学会

  • American Geophysical Union

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Thermoelastic properties of liquid Fe-C revealed by sound velocity and density measurements at high pressure,Shimoyama Y., H. Terasaki, S. Urakawa, Y. Takubo, S. Kuwabara, S. Kishimoto, T. Watanuki, A. Machida, Y. Katayama, T. Kondo,Journal of Geophysical Research,121,2016年11月,学術論文

  • レーザーを用いた衝撃変成手法の開発と地球惑星科学への応用,境家達弘, 門野敏彦, 近藤忠,44 613-616,2016年09月,解説・総説

  • Sound velocity and elastic properties of Fe-Ni and Fe-Ni-C liquids at high pressure,Kuwabara, S., H. Terasaki, K. Nishida, Y. Shimoyama, Y. Takubo, Y. Higo, Y. Shibazaki, S. Urakawa, K. Uesugi, A. Takeuchi, T. Kondo,Physics and Chemistry of Minerals,43, 229-236,2016年03月,学術論文

  • Recovery of entire shocked samples in a range of pressure from similar to 100 GPa to Hugoniot elastic limit,K. Nagaki, T. Kadono, T. Sakaiya, T. Kondo,K. Kurosawa,Y. Hironaka, K. Shigemori, M. Arakawa,METEORITICS & PLANETARY SCIENCE,51, 6, 1153-1162,2016年03月,学術論文

  • Recovery of entire shocked samples in a range of pressure from ~100 GPa to Hugoniot elastic limit,K. Nagaki, T. Kadono, T. Sakaiya, T. Kondo, K. Kurosawa, Y. Hironaka, K. Shigemori, and M. Arakawa,Meteoritics and Planetary Science ,51 1153-1162,2016年03月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,地球惑星内部の水と水素/みず学への誘い(大垣一成他編),近藤忠,大阪大学出版会,ISBN,948-4-87259-231-3,2008年06月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第99回北天満サイエンスカフェ『地球深部物質のなぞ』,話題提供,2016年08月

  • The International Symposium on Material Sciences「マテリアルサイエンスの動向」,Chair,2015年11月