基本情報

写真b

橋本 均

HASHIMOTO Hitoshi


キーワード

分子神経薬理学

URL

http://www.phs.osaka-u.ac.jp/homepage/b010/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年11月01日 ~ 2007年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年08月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,准教授,専任

  • 2010年09月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 応用医療薬科学専攻,教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 医療薬学専攻,教授,専任

  • 2013年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科,附属創薬センター iPS脳神経毒性プロジェクト プロジェクトリーダー,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 薬学部 薬学科 卒業 1987年03月
京都大学 薬学研究科  修了 1989年03月
京都大学 薬学研究科  中退 1991年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1991年10月 ~ 継続中
大阪大学大学院講師 1998年07月 ~ 継続中
大阪大学大学院助教授 2001年11月 ~ 継続中
大阪大学大学院准教授 2007年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院教授 2010年09月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 新たな方法論による精神疾患の分子病態と創薬の研究

  • 新規創薬標的分子の探索と機能解析

  • 神経ペプチドPACAPの分子薬理学的機能研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本神経化学会

  • 日本神経精神薬学会

  • 日本薬学会

  • 日本脳科学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Whole-brain block-face serial microscopy tomography at subcellular resolution using FAST.,Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Niu M, Naka Y, Tanuma M, Igarashi H, Yamaura K, Hayata-Takano A, Ago Y, Hashimoto H,Nature protocols,14(5) 1509-1529,2019年05月,その他

  • Autism-associated protein kinase D2 regulates embryonic cortical neuron development.,Matsumura K, Baba M, Nagayasu K, Yamamoto K, Kondo M, Kitagawa K, Takemoto T, Seiriki K, Kasai A, Ago Y, Hayata-Takano A, Shintani N, Kuriu T, Iguchi T, Sato M, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T,Biochemical and biophysical research communications,519(3) 626-632,2019年11月,学術論文

  • Psychiatric-disorder-related behavioral phenotypes and cortical hyperactivity in a mouse model of 3q29 deletion syndrome.,Baba M, Yokoyama K, Seiriki K, Naka Y, Matsumura K, Kondo M, Yamamoto K, Hayashida M, Kasai A, Ago Y, Nagayasu K, Hayata-Takano A, Takahashi A, Yamaguchi S, Mori D, Ozaki N, Yamamoto T, Takuma K, Hashimoto R, Hashimoto H, Nakazawa T,Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology,44(12) 2125-2135,2019年11月,http://orcid.org/0000-0001-7562-4000,学術論文

  • (R)-Ketamine Induces a Greater Increase in Prefrontal 5-HT Release Than (S)-Ketamine and Ketamine Metabolites via an AMPA Receptor-Independent Mechanism.,Ago Y, Tanabe W, Higuchi M, Tsukada S, Tanaka T, Yamaguchi T, Igarashi H, Yokoyama R, Seiriki K, Kasai A, Nakazawa T, Nakagawa S, Hashimoto K, Hashimoto H,The international journal of neuropsychopharmacology,22(10) 665-674,2019年10月,http://orcid.org/0000-0001-7562-4000,学術論文

  • Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide Modulates Dendritic Spine Maturation and Morphogenesis via MicroRNA-132 Upregulation,Atsuko Hayata-Takano, Toshihiko Kamo, Harui Kijima, Kaoru Seiriki, Katsuya Ogata, Yukio Ago, Takanobu Nakazawa, Yusuke Shintani, Kosuke Higashino, Kazuki Nagayasu, Norihito Shintani, Atsushi Kasai, James A. Waschek, Hitoshi Hashimoto,The Journal of Neuroscience,39(22) 4208,2019年06月,http://orcid.org/0000-0001-7562-4000,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,研究例12 創薬への薬理学的アプローチ,馬場明道, 橋本均, 新谷紀人,日本薬学会,ISBN,ISBN-10: 4807917226 ISBN-13: 978-4807917,2017年09月

  • 教科書,スタンダード薬学シリーズ4 生物系薬学 II. 生命をミクロに理解する,日本薬学会,東京化学同人,2010年12月

  • 専門著書,実践行動薬理学,新谷 紀人, 橋本 均, 馬場 明道.,金芳堂,2010年03月

  • 教科書,標準医療薬学 薬理学 総論 2章作用機構の分類 Ⅲ.遺伝子発現調節と薬物治療,橋本 均,医学書院,ISBN,978-4-260-00704-7,2009年06月

  • 専門著書,KEY WORD精神(第4版),新谷 紀人、橋本 均、馬場 明道,先端医学社,2007年08月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 大阪大学賞(教育貢献部門)「6年制薬学教育プログラムの質保証への貢献」,橋本 均,大阪大学,2019年11月

  • 平成14年度 日本薬学会奨励賞,橋本 均,日本薬学会,2002年03月

  • 平成16年度 日本神経化学会最優秀奨励賞,橋本 均,日本神経化学会,2004年09月

  • The Best Poster Award,PACAP and PACAP receptors mRNA expression in ES cell-derived neural stem cells and in neurosphere cultures,The 6th International Symposium on VIP, PACAP and Related Peptides,2003年09月

  • 平成8年度 日本薬学会近畿支部奨励賞,橋本 均,日本薬学会,1997年01月

報道 【 表示 / 非表示

  • 脳神経全体 精彩に識別 高速イメージング装置開発,日刊工業新聞,2017年06月

  • マウスの脳 高速観察,読売新聞,2017年06月