基本情報

写真b

橋爪 章仁

HASHIDZUME Akihito


キーワード

高分子合成, 水溶性高分子, 精密高分子

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/hashidzume/index.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年05月01日 ~ 2007年03月31日,理学研究科 高分子科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年03月31日,理学研究科 高分子科学専攻,助教,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2011年12月31日,理学研究科 高分子科学専攻,講師,専任

  • 2012年01月01日 ~ 2015年09月30日,理学研究科 高分子科学専攻,准教授,専任

  • 2015年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 高分子学科 卒業 1992年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 修了 1994年03月
大阪大学 理学研究科 高分子科学専攻 修了 1997年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学・助手 1997年05月 ~ 2007年03月
Indiana University-Purdue University at Indianapolis, Visiting Scholar 1998年11月 ~ 1998年12月
大阪大学・助教 2007年04月 ~ 2010年03月
University of Illinois at Urbana-Champaign, Visiting Scholar 2007年06月 ~ 2008年03月
大阪大学・講師 2010年03月 ~ 2011年12月
University of California, Santa Barbara, Short Term Visitor 2011年11月 ~ 2012年01月
大阪大学・准教授 2012年01月 ~ 2015年09月
大阪大学・教授 2015年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子合成
    高分子化学関連

  • 精密高分子
    高分子化学関連

  • 水溶性高分子
    高分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ化学会

  • 近畿化学協会

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • 日本レオロジー学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanical Properties of Network Polymers Formed from Monodisperse Oligo(ethylene glycol)s of Different Molecular Weights through Thiol–Yne Reaction,Koki Ishitsuka, James Nicolas M. Pagaduan, Yuri Kamon, Akihito Hashidzume,Materials Today Communications,22, 100689,2020年02月,https://doi.org/10.1016/j.mtcomm.2019.100689,学術論文

  • A New Associative Diblock Copolymer of Poly(ethylene glycol) and Dense 1,2,3-Triazole Blocks: Self-Association Behavior and Thermoresponsiveness in Water ,Yanqiong Yang, Akihito Hashidzume,Macromolecular Chemistry and Physics,220 (11), 1900317,2019年11月,https://doi.org/10.1002/macp.201900317,学術論文

  • Cyclodextrin-Based Rotaxanes: from Rotaxanes to Polyrotaxanes and Further to Functional Materials,Akihito Hashidzume, Hiroyasu Yamaguchi, Akira Harada,European Journal of Organic Chemistry,2019(21) 3344-3357,2019年06月,https://doi.org/10.1002/ejoc.201900090,解説・総説

  • Emission Properties of Diblock Copolymers Composed of Poly(ethylene glycol) and Dense 1,2,3-Triazole Blocks,Yanqiong Yang, Asami Mori and Akihito Hashidzume,Polymers,11 (7), 1086,2019年06月,https://doi.org/10.3390/polym11071086,学術論文

  • 運動と化学反応が連動する分子マシン - 生体分子モーターに匹敵する高効率の人工分子マシンへ,橋爪章仁, 原田 明,化学,74 (1), 19-23,2019年01月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Multivalency: Concepts, Research and Applications,Akihito Hashidzume, Akira Harada,John Wiley & Sons,ISBN,978-1-119-14346-8,2018年01月

  • 専門著書,CSJカレントレビュー26 分子マシンの科学:分子の動きとその機能を見る,橋爪章仁,化学同人,ISBN,9784759813869,2017年08月

  • 専門著書,Comprehensive Supramolecular Chemistry II,A. Hashidzume, Y. Takashima, H. Yamaguchi, A. Harada,Elsevier,ISBN,978-0-12-803198-8.01001-4,2017年07月

  • その他,International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering 2015 (ICCMSE 2015),Akihito Hashidzume, Akira Harada,AIP Publishing,2015年12月

  • 専門著書,水溶性高分子の最新動向,橋爪章仁, 原田 明,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-1097-8,2015年11月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,材料界面での共有結合形成による接着の実現,「原田明」「山口浩靖」「橋爪章仁」「高島義徳」「小林裕一郎」「中畑雅樹」「関根智子」,特許第6257633号(登録),2014年08月,2017年12月

  • 日本,分子認識に基づいた物質材料の選択的接着法および自己組織化法,原田明, 小林亮介, 山口浩靖, 橋爪章仁, 高島義徳,特許第5615373号(登録),2011年09月,2014年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会Wiley賞,橋爪章仁,高分子学会,2013年09月

  • シクロデキストリン学会奨励賞,橋爪章仁,シクロデキストリン学会,2008年07月

報道 【 表示 / 非表示

  • 生体内物質を利用 離合自在な物質合成,読売新聞,2013年04月

  • 金属―分子相互作用で物体の着脱に成功―人工系で天然のヘムタンパク質類似の機能の発現に期待―,大阪大学プレスリリース,2013年02月

  • 阪大、金属-分子相互作用による目視可能な大きさの物体の着脱を実現,マイナビニュース,2013年02月

  • 化学結合:分子の世界を可視化,毎日新聞,2013年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • ひらめき★ときめきサイエンス「化学で紐解く身の回りの不思議現象」,実施代表者,2018年08月

  • iCeMS International Symposium, Hierarchical Dynamics in Soft Materials and Biological Matter,Characterization of Micellar Aggregates Formed from Amphiphilic Polymers,2015年09月

  • The Minisymposium in Honor of Professor Paul Dubin,Structure of Aggregates Formed from Amphiphilic Polymers,2015年06月

  • Owari Complex Seminar LXV,Self-Organization of Amphiphilic Polymers and Their Interaction with Cyclodextrins,2015年05月

  • The 11th International Conference of Computational Methods in Sciences and Engineering (ICCMSE 2015) ,Macromolecular Recognition: Recognition of Polymer Side Chains by Cyclodextrin,2015年03月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,Paul Dubin先生を囲むミニシンポジウム,実行委員,2015年06月

  • その他,第15回産学高分子研究会,2010年06月

  • その他,第50回高分子若手研究会[関西],1998年07月