基本情報

写真b

橋井 佳子

HASHII Yoshiko


キーワード

免疫、血液腫瘍

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年10月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年10月31日,医学系研究科,助教,専任

  • 2009年11月01日 ~ 2018年03月31日,医学系研究科,講師,専任

  • 2018年04月01日 ~ 2018年12月31日,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

  • 2019年01月01日 ~ 継続中,医学系研究科,寄附講座准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

奈良県立医科大学 医学部  卒業 論文博士 1989年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学大学院医学系研究科小児科学 講師 2009年10月 ~ 2018年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 骨髄間葉系幹細胞を用いた小児疾患治療法の確立

  • 小児がんに対する免疫学的治療法の開発
    免疫学関連,胎児医学および小児成育学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 小児血液・がん学会

  • 臨床血液学会

  • 日本造血幹細胞移植学会

  • 日本血液学会

  • 造血器腫瘍免疫療法研究会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • プレドニン(プレドニゾン)による早期治療反応性で予後予測ができるのですか?,橋井佳子,小児内科,39(12):2172-2177,2007年12月,解説・総説

  • 小児化学療法の輸液,橋井佳子,腎と透析,2007年12月,解説・総説

  • Outcome of childhood acute lymphoblastic leukemia with induction failure treated by the Japan Association of Childhood Leukemia Study (JACLS) ALL F-protocol,Suzuki N*, Yumura-Yagi K*, Yoshida M*, Hara J*, Nishimura S*, Kudoh T*, Tawa A*, Usami I*, Tanizawa A*, Hori H*, Ito Y*, Miyaji R*, Oda M*, Kato K*, Hamamoto K*, Osugi Y*, Hashii Y, Nakahata T*, Horibe K* for the Japan Association of Childhood Luekemia Study (JACLS),Pediatr Blood Cancer 54: 71-78, 2010,54,2010年01月,学術論文

  • 潜伏感染ウイルスによる血液疾患 移植後の再活性化,橋井佳子,最新医学・別冊 新しい診断と治療のABC,46: 164-173,2007年04月,解説・総説

  • Successful outcome with reduced-intensity condition regimen followed by allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for relapsed or refractory anaplastic large-cell lymphoma.,Fukano R, Mori T, Fujita N, Kobayashi R, Mitsui T, Kato K, Suzuki R, Suzumiya J, Fukuda T, Shindo M, Maseki N, Shimoyama T, Okada K, Inoue M, Inagaki J, Hashii Y, Sato A, Tabuchi K,International journal of hematology,110(6) 723-728,2019年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,無ガンマグロブリン血症の新規原因遺伝子LRRC8とそのホモログの機能解析,松田 佳子,[松田佳子],2005年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本白血病基金 一般研究賞,橋井佳子,日本白血病基金,2010年12月

  • 日本白血病研究基金 一般賞,橋井佳子,公益信託 日本白血病研究基金,2007年12月

  • 小児がん学会奨励賞,橋井佳子,小児がん学会,2005年12月