基本情報

写真b

宮田 治彦

MIYATA Haruhiko


キーワード

哺乳類の受精

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2011年01月01日 ~ 2011年03月31日,微生物病研究所,特任研究員,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2013年02月28日,微生物病研究所,特任研究員(常勤),専任

  • 2013年03月01日 ~ 2014年03月31日,免疫学フロンティア研究センター,特任助教(常勤),専任

  • 2014年04月01日 ~ 2019年09月30日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2019年10月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京工業大学 生命理工学部  卒業 2004年03月
カリフォルニア大学リバーサイド校 (University of California, Riverside) 生物学研究科 (Department of Biology)  修了 Ph.D. 2010年12月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学微生物病研究所生体応答遺伝子解析センター・特任研究員 2011年01月 ~ 2013年02月
大阪大学免疫学フロンティア研究センター感染動物実験施設・特任助教 2013年03月 ~ 2014年03月
大阪大学微生物病研究所遺伝子機能解析分野・助教 2014年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 哺乳類の受精に関する研究
    実験動物学関連,発生生物学関連,細胞生物学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ARMC12は精子形成期におけるミトコンドリア鞘形成に必須である,嶋田圭祐, Soojin Park, 宮田治彦, Zhifeng Yu, 諸星茜, 大浦聖矢, Martin M. Matzuk, 伊川正人,第163回日本獣医学会学術集会,2020年09月,会議報告/口頭発表

  • CRISPR/CAS9-mediated amino acid substitution reveals phosphorylation residues of RSPH6A are not essential for male fertility in mice†.,Miyata H, Abbasi F, Visconti PE, Ikawa M,Biology of reproduction,2020年09月,学術論文

  • Cfap97d1 is important for flagellar axoneme maintenance and male mouse fertility.,Oura S, Kazi S, Savolainen A, Nozawa K, Castañeda J, Yu Z, Miyata H, Matzuk RM, Hansen JN, Wachten D, Matzuk MM, Prunskaite-Hyyryläinen R,PLoS genetics,16(8) e1008954,2020年08月,学術論文

  • Bi-allelic DNAH8 Variants Lead to Multiple Morphological Abnormalities of the Sperm Flagella and Primary Male Infertility.,Liu C, Miyata H, Gao Y, Sha Y, Tang S, Xu Z, Whitfield M, Patrat C, Wu H, Dulioust E, Tian S, Shimada K, Cong J, Noda T, Li H, Morohoshi A, Cazin C, Kherraf ZE, Arnoult C, Jin L, He X, Ray PF, Cao Y, Touré A, Zhang F, Ikawa M,American journal of human genetics,107(2) 330-341,2020年08月,学術論文

  • CRISPR/Cas9-based genome editing in mice uncovers 13 testis- or epididymis-enriched genes individually dispensable for male reproduction†.,Sun J, Lu Y, Nozawa K, Xu Z, Morohoshi A, Castaneda JM, Noda T, Miyata H, Abbasi F, Shawki HH, Takahashi S, Devlin DJ, Yu Z, Matzuk RM, Garcia TX, Matzuk MM, Ikawa M,Biology of reproduction,103(2) 183-194,2020年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,「精子カルシニューリンが受精能力に必要」 医学のあゆみ Vol. 258 No. 9,宮田 治彦, 伊川 正人,医歯薬出版株式会社,2016年08月

  • 専門著書,「精子カルシニューリンはオスの生殖能に必須である」 臨床免疫・アレルギー科 Vol. 66 No. 1 ,宮田 治彦, 伊川 正人,(有)科学評論社,ISSN,1881-1930,2016年07月

  • 専門著書,「マウスの生殖能力に必須な精子カルシニューリンは男性避妊薬の標的となりうる」Japanese Scientists in Science 2015 ,宮田 治彦, 伊川 正人,American Association for the Advancement of Science(AAAS) ,2016年06月

  • 専門著書,「カルシニューリンは精子中片部の屈曲能とオスの生殖能に必須である」細胞工学 2016年3月号  ,宮田 治彦, 伊川 正人,(株)学研メディカル秀潤社,ISBN,978-4-7809-0176-4 ,2016年02月

  • 専門著書,「マウスの生殖能力に必須な精子カルシニューリンは男性避妊薬の標的となりうる」実験医学 2016年3月号 病態を再現・解明し、創薬へとつなぐ 疾患iPS細胞,宮田 治彦, 伊川 正人,(株)羊土社,ISBN, 978-4-7581-0149-3 ,2016年02月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学会賞(基礎部門),宮田 治彦,日本アンドロロジー学会第38回学術大会,2019年06月

  • 奨励賞,宮田 治彦,日本実験動物学会,2019年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • 精子が「電気信号」を感じる独自のメカニズム、大阪大学が発見,大学ジャーナルオンライン,2019年12月

  • 精巣で多く発現する遺伝子なのに約7割が生殖能力に関係なし,科学新聞,2016年07月

  • 男性用避妊薬の開発に道 精子の動き「スイッチ役」酵素確認,朝日新聞,2015年10月

  • Inhibiting Sperm Protein Causes Infertility , The Scientist Magazine®,2015年10月

  • Sperm-specific mechanism could lead to male contraceptive,Science HP,2015年10月

全件表示 >>