基本情報

写真b

宮崎 純一

MIYAZAKI Jun-ichi


キーワード

発生学,再生医学,糖尿病学,遺伝子治療

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/nutri/www/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2016年03月31日,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

  • 2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,産学連携本部,特任教授,専任

  • 2017年04月01日 ~ 継続中,産学共創本部,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部  卒業 1973年03月
京都大学 理学研究科 植物生理生態学専攻 修了 理学博士 1978年03月
大阪大学 医学部 医学科 卒業 1983年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院・医員 (研修医) 1983年07月 ~ 1984年06月
熊本大学医学部附属遺伝医学研究施設・助教授 1987年04月 ~ 1991年03月
東京大学医学部疾患遺伝子制御(サンド)講座・寄附講座教授 1991年04月 ~ 1996年03月
東北大学加齢医学研究所遺伝子導入研究分野・教授 1994年03月 ~ 1997年03月
大阪大学医学部栄養学講座・教授 1996年09月 ~ 1997年03月
大阪大学大学院医学系研究科分子病態栄養制御学講座・教授 1997年04月 ~ 2001年03月
大阪大学大学院医学系研究科未来医療開発専攻幹細胞制御分野・教授 2001年04月 ~ 2004年03月
大阪大学大学院医学系研究科病態制御医学専攻分子治療学講座幹細胞制御学分野・教授 2004年04月 ~ 2013年03月
大阪大学大学院医学系研究科医学専攻生化学・分子生物学講座幹細胞制御学分野・教授 2013年04月 ~ 2016年03月
大阪大学共創機構産学共創本部・特任教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生殖細胞の分化の研究
    医化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会

  • 日本分子生物学会

  • 日本再生医療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • IRE1-XBP1 pathway regulates oxidative proinsulin folding in pancreatic β cells.,Tsuchiya Y, Saito M, Kadokura H, Miyazaki JI, Tashiro F, Imagawa Y, Iwawaki T, Kohno K,Journal of Cell Biology ,217(4), 1287-1301,2018年04月,学術論文

  • Mouse GTSF1 is an essential factor for secondary piRNA biogenesis.,Yoshimura T, Watanabe T, Kuramochi-Miyagawa S, Takemoto N, Shiromoto Y, Kudo A, Kanai-Azuma M, Tashiro F, Miyazaki S, Katanaya A, Chuma S, Miyazaki J,EMBO Reports,19(4), e42054,2018年04月,学術論文

  • Olfactory receptors are expressed in pancreatic β-cells and promote glucose-stimulated insulin secretion.,Munakata Y, Yamada T, Imai J, Takahashi K, Tsukita S, Shirai Y, Kodama S, Asai Y, Sugisawa T, Chiba Y, Kaneko K, Uno K, Sawada S, Hatakeyama H, Kanzaki M, Miyazaki JI, Oka Y, Katagiri H,Scientific Reports,8(1), 1499,2018年01月,学術論文

  • Tip-cell behavior is regulated by transcription factor FoxO1 under hypoxic conditions in developing mouse retinas,Fukumoto M, Kondo K, Uni K, Ishiguro T, Hayashi M, Ueda S, Mori I, Niimi K, , Tashiro F, Miyazaki S, Miyazaki J, Furuyama T, Inagaki S,Angiogenesis,2017年12月,学術論文

  • Zfp296 negatively regulates H3K9 methylation in embryonic development as a component of heterochromatin.,Matsuura T, Miyazaki S, Miyazaki T, Tashiro F, Miyazaki J,Scientific Reports,7(1):12462,2017年09月,https://www.nature.com/articles/s41598-017-12772-y,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,実験医学別冊 「遺伝子導入プロトコール」 電気パルスによる筋肉への遺伝子導入,宮崎 早月,宮崎 純一,羊土社,2012年07月

  • 専門著書,糖尿病学の進歩2011、糖尿病治療に対する再生医療の問題点と今後の展望,倭 英司、宮崎純一,診断と治療社,2011年09月

  • 専門著書,糖尿病ナビゲーター 改訂版 (単行本),宮崎早月、宮崎純一,メディカルレビュー社,2009年05月

  • 専門著書,糖尿病学の進歩2008、膵β細胞の再生,倭 英司、宮崎純一,診断と治療社,2008年09月

  • 専門著書,再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺の理解、膵幹細胞,倭 英司、宮崎純一,メディカルドゥ社,2008年04月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,組換えアデノウイルスベクターの作製方法,宮崎 純一、田代 文,特許4489257(登録),2000年07月,2010年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀ポスター賞:Chondromodulin-I に相同性を有する新規膜蛋白Tenomodulin (TeM)のC末端機能ドメインによる血管新生抑制作用,大島佑介,第25回日本眼科学会総会,2003年04月