基本情報

写真b

吉田 卓也

YOSHIDA Takuya


キーワード

生物物理化学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月01日 ~ 2007年03月31日,薬学研究科 分子薬科学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2012年01月31日,薬学研究科 分子薬科学専攻,助教,専任

  • 2012年02月01日 ~ 2012年03月31日,薬学研究科 分子薬科学専攻,准教授,専任

  • 2012年04月01日 ~ 継続中,薬学研究科 創成薬学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 1993年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 修了 1995年03月
大阪大学 理学研究科 無機及び物理化学専攻 中退 1996年03月
大阪大学 薬学研究科  博士(薬学) 2004年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1997年07月 ~ 2007年03月
大阪大学助教 2007年04月 ~ 2012年02月
大阪大学准教授 2012年02月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • タンパク質・生理活性ペプチドの立体構造解析
    構造生物化学関連,薬系分析および物理化学関連,生物物理学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本蛋白質科学会

  • 日本核磁気共鳴学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • N-terminal HCV core protein fragment decreases 20S proteasome activity in the presence of PA28γ,Zheng Y, Shimamoto S, Maruno T, Kobayashi Y, Matsuura Y, Kawahara K, Yoshida T, Ohkubo T,Biochem Biophys Res Commun.,509(2) 590-595,2019年02月,学術論文

  • Interplay of a secreted protein with type IVb pilus for efficient enterotoxigenic Escherichia coli colonization,Hiroya Oki, Kazuki Kawahara, Takahiro Maruno, Tomoya Imai, Yuki Muroga, Shunsuke Fukakusa, Takaki Iwashita, Yuji Kobayashi, Shigeaki Matsuda, Toshio Kodama, Tetsuya Iida, Takuya Yoshida, Tadayasu Ohkubo, Shota Nakamura,Proc. Natl. Acad. Sci. USA.,2018年06月,学術論文

  • Type IV pilus structure and assembly of human enterotoxigenic Escherichia coli.,中村 昇太,日米合同コレラ会議,2017年02月,国際会議(proceedingsあり)

  • Crystal structure of the ADP-ribosylating component of BEC, the binary enterotoxin of Clostridium perfringens.,Kawahara K, Yonogi S, Munetomo R, Oki H, Yoshida T, Kumeda Y, Matsuda S, Kodama T, Ohkubo T, Iida T, Nakamura S,Biochemical and Biophysical Research Communications,480(2) 261-267,2016年11月,学術論文

  • Crystal structure of the ADP-ribosylating component of BEC, the binary enterotoxin of Clostridium perfringens.,Kawahara K, Yonogi S, Munetomo R, Oki H, Yoshida T, Kumeda Y, Matsuda S, Kodama T, Ohkubo T, Iida T, Nakamura S.,Biochem Biophys Res Commun.,480(2) 261-267,2016年11月,学術論文

全件表示 >>