基本情報

写真b

吉成 信人

YOSHINARI Nobuto


生年月

1982年09月

キーワード

多核金属錯体,超分子化学,錯体化学,金属クラスター

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-5786

FAX番号

06-6850-5766

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/konno/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2016年07月31日,理学研究科 化学専攻,助教,専任

  • 2016年08月01日 ~ 2019年03月15日,理学研究科 化学専攻,講師,専任

  • 2019年03月16日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 化学科 卒業 2005年03月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 修士(理学) 2007年03月
大阪大学 理学研究科 化学専攻 修了 博士(理学) 2010年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員 2007年04月 ~ 2010年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 多核金属錯体の立体化学
    無機・錯体化学関連

  • 金属クラスター集積体におけるイオン伝導特性、磁性、発光性、誘電特性の解明
    無機・錯体化学関連

  • 金属クラスター集積体の合成と超分子構造制御
    無機・錯体化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • 日本化学会

  • 日本結晶学会

  • 化学フロンティア研究会

  • 複合系の光機能研究会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Counter‐Anion‐Regulated Mixed‐Valency of Cobalt(II/III) Centers in a Metallosupramolecular Framework,A. Hashimoto, N. Yoshinari, M. Nakano, T. Konno,Chemistry An Asian Journal,2019, 14, 4013-4016,2019年11月,学術論文

  • Sodium [N,N’-ethylenebis(D-penicillaminato)]indate(III) tetrahydrate,N. Yoshinari, T. Konno,IUCrData,2019, 4, x191529,2019年11月,学術論文

  • Controlled Formation of Thiol‐Thiolate Hydrogen versus Disulfide Bonds between Two Iridium(III) Centers,K. Minami, N. Kuwamura, N. Yoshinari, T. Konno,Chem. Asian J.,14(19) 3291-3294,2019年10月,学術論文

  • Structurally Precise Silver Sulfide Nanoclusters Protected by Rhodium(III) Octahedra with Aminothiolates,M. Ueda, Z. L. Goo, K. Minami, N. Yoshinari, T. Konno,Angew. Chem. Int. Ed.,58(41) 14673-14678,2019年10月,学術論文

  • Mobility of hydrated alkali metal ions in metallosupramolecular ionic crystals,N. Yoshinari, S. Yamashita, Y. Fukuda, Y. Nakazawa, and T. Konno,Chem. Sci.,10(2) 587-593,2019年01月,http://dx.doi.org/10.1039/C8SC04204G,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Coordination Molecular Technology in Molecular Technology, Volume 4: Synthesis Innovation,N. Yoshinari, T. Konno (H. Yamamoto, T. Kato Ed.),Wiley-VCH,ISBN,3527345884,2019年05月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,イオン性固体,今野巧,吉成信人,桑村直人,小島達弘,2019-083954(出願),2019年04月

  • 日本,熱電変換素子,今野巧, 山下智史, 中澤康浩, 吉成信人,2018-086168(出願),2018年04月

  • PCT,イオン性固体,今野巧, 吉成信人,PCT/JP2017/039329(出願),2017年10月

  • 日本,イオン性固体,今野巧, 吉成信人,2016-212460(出願),2016年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • BCSJ賞,吉成信人,角矢敦史,李来恩,今野巧,日本化学会,2015年01月

  • 第三回ライジング・スター賞,吉成信人,科学技術振興機構、CREST「分子技術」,2015年07月

  • 大阪大学総長による表彰,吉成信人,大阪大学,2013年01月

  • 第59回錯体化学討論会 学生講演賞,吉成信人,錯体化学会,2009年09月

  • 学生講演賞,吉成信人,日本化学会,2008年04月

報道 【 表示 / 非表示

  • 全固体電池 カリウムを伝導体に 低コスト化へ期待,電気新聞,2018年11月

  • 加熱・すりつぶしで可逆的に発光 阪大が金化合物合成,科学新聞,2016年06月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,The 2nd International Symposium on Coordination Ionic Compounds,シンポジウム事務局,2018年12月

  • 国際会議,Thai-Japan Chemistry Mini Symposium,シンポジウム事務局,2018年11月

  • その他,第1回おおさか未来化学研究会,開催責任者,2018年08月

  • 国際会議,The 2nd CMU-OU Chemistry Mini Symposium,シンポジウム事務局,2018年02月

  • 国際会議,1st International Symposium on Coordination Ionic Compounds,シンポジウム事務局,2017年12月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,おおさか未来化学研究会,事務局,2018年08月 ~ 継続中

  • 学会,錯体化学若手の会,事務局,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 学会,錯体化学若手の会,近畿地区世話人代表,2011年04月 ~ 2017年03月

  • 学会,錯体化学若手の会,近畿支部世話人,2010年04月 ~ 継続中