基本情報

写真b

菊地 和也

KIKUCHI Kazuya


キーワード

ケミカルバイオロジー,蛍光センサー分子

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7924

FAX番号

06-6879-7875

URL

http://www-molpro.mls.eng.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年07月01日 ~ 2020年03月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,教授,専任

  • 2020年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 応用化学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 薬学部  卒業 1988年03月
東京大学 薬学系研究科  修了 1990年03月
東京大学 薬学部  卒業 血管内皮由来血管弛緩因子NOラジカルの新規超高感度測定法の開発と応用 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

カリフォルニア大学サンディエゴ校博士研究員 1994年07月 ~ 1995年06月
スクリプス研究所リサーチアソシエイト 1995年07月 ~ 1996年12月
東京大学大学院薬学系研究科・助手 1997年01月 ~ 2000年11月
東京大学大学院薬学系研究科・助教授 2000年12月 ~ 2005年06月
大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻・教授 2005年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生体機能を直接調べる化学センサー分子のデザイン・合成・生物応用
    生物分子化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国化学会

  • 日本薬学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • In vivo Multicolor Imaging with Fluorescent Probes Revealed the Dynamics and Function of Osteoclast Proton Pumps,Masafumi Minoshima, Junichi Kikuta, Yuta Omori, Shigeto Seno, Riko Suehara, Hiroki Maeda, Hideo Matsuda, Masaru Ishii, Kazuya Kikuchi,ACS Central Science,5 1059-1066,2019年05月,学術論文

  • Perfluorocarbon-based 19F MRI Nanoprobes for In Vivo Multicolor Imaging,5. K. Akazawa, F. Sugihara, T. Nakamura, H. Matsushita, H. Mukai, R. Akimoto, M. Minoshima, S. Mizukami, & K. Kikuchi,,Angewante Chemie International Edition,57, 16742-16747,2018年12月,学術論文

  • Synthetic-Molecule/Protein Hybrid Probe with Fluorogenic Switch for Live-Cell Imaging of DNA Methylation,Yuichiro Hori, Norimichi Otomura, Ayuko Nishida, Miyako Nishiura, Maho Umeno, Isao Suetake, and Kazuya Kikuchi,J. Am. Chem. Soc.,,140, 1686-1690,2018年12月,学術論文

  • Intracellular Protein Labeling Probes for Multicolor Single-molecule Imaging of Immune Receptor-adaptor Molecular Dynamics,Ryota Sato, Jun Kozuka, Masahiro Ueda, Reiko Mishima, Yutaro Kumagai, Akimasa Yoshimura, Masafumi Minoshima, Shin Mizukami, Kazuya Kikuchi,Journal of the American Chemical Society,139 17397-17404,2017年11月,学術論文

  • Fluorogenic probes reveal a role of GLUT4 N-glycosylation in intracellular trafficking,Hirayama S, Hori Y, Benedek Z, Suzuki T, Kikuchi K,Nature Chemical Biology,12, 853-859,2016年10月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,ケミカルバイオロジー,長野哲雄,長田裕之,菊地和也,上杉志成,共立出版,2008年06月

  • 専門著書,Chemical Tools for Elucidation of Epigenetic Mechanisms,M. Minoshima, K. Kikuchi,Inperial College Press,ISBN,978-1-78326-960-0,2016年09月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,アニオン検出用蛍光センサー,菊地 和也,水上 進,長野 哲雄,特開2003-254909(登録),2003年03月

  • 日本,蛍光性ランタニド錯体,菊地 和也,岩澤 伸哉,長野 哲雄,特願2003-045786(登録),2003年02月

  • 日本,亜鉛蛍光プローブ(Zn2+検出)(低親和性),菊地 和也,平野 智也,小松 兼介,長野 哲雄,特開2004-315501(登録),2003年03月

  • 日本,非線形発光分子,藤田克昌、水上進、菊地和也、河田聡、河野省悟,特願2009-152138(出願),2009年06月

  • PCT,非線形光学材料、光記録材料、光記録方法、感光性材料、フォトリソグラフィー法、光重合開始剤、及び光増感剤,藤田克昌、小林実、菊地和也、水上進、河田聡、河野省悟,PCT/JP2009/051373(出願),2009年01月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2015年度バイオインダストリー協会賞,菊地和也,(財)バイオインダストリー協会,2015年10月

  • 第6回日本学術振興会賞,菊地和也,日本学術振興会,2010年03月

  • 日本IBM科学賞,菊地和也,日本アイ・ビー・エム株式会社,2008年11月

  • Chemical society Reviews, Emerging investigator Award,Kazuya Kikuchi,Royal Society of Chemistry, United Kingdom,2008年05月

  • 日本薬学会 平成14年度奨励賞,菊地和也,日本薬学会,2002年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 骨壊す細胞 じっくり観察」「阪大チーム 骨粗鬆薬に応用も」,朝日新聞,2016年06月

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 細胞内蛋白質の迅速で高感度な蛍光レベル化技術

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • Zinc Signals 2006,Zinc SEnsing,2006年09月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,特許庁,工業所有権審議会試験委員,2001年03月 ~ 2009年11月