基本情報

写真b

紀ノ岡 正博

KINO-OKA Masahiro


キーワード

生物化学工学,組織工学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.bio.eng.osaka-u.ac.jp/ps/indexj.html

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年02月01日 ~ 2003年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,講師,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2007年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2009年03月31日,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

  • 2009年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 化学工学科 卒業 学士 1989年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻 修了 修士 1991年03月
大阪大学 基礎工学研究科 化学系専攻 中退 1991年05月
大阪大学 基礎工学研究科  工学博士 1996年01月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1991年06月 ~ 2000年01月
大阪大学講師 2000年02月 ~ 2003年03月
大阪大学 准教授(助教授) 2003年04月 ~ 2009年03月
大阪大学大学院工学研究科生命先端工学 教授 2009年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ヒト組織培養リアクターの開発,組織工学製品の品質評価手法の確立,セルプロセッシングシステムの構築,画像処理技術を伴う培養制御法の開発,再生医療,創薬探索
    バイオ機能応用およびバイオプロセス工学関連,生体医工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物細胞工学会

  • Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society

  • 日本生物工学会

  • 化学工学会

  • 日本再生医療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • ヘマグルチニンを用いるヒトiPS細胞の高密度培養法,金 美海,紀ノ岡 正博,B&I バイオサイエンスとインダストリー,Vol.76, No.6, pp.481-483,2018年11月,解説・総説

  • 細胞製品製造過程における細胞劣化の解析:ロットサイズ決定への応用,水谷 学,紀ノ岡 正博,B&I バイオサイエンスとインダストリー,Vol.76, No.6, pp.484-485,2018年11月,解説・総説

  • Comparison of growth kinetics between static and dynamic cultures of human induced pluripotent stem cells.,Kato Y, Kim MH, Kino-Oka M,Journal of bioscience and bioengineering,Vol.125, No.6, pp.736-740,2018年06月,http://orcid.org/0000-0002-4912-5811,その他

  • Botulinum hemagglutinin-mediated in situ break-up of human induced pluripotent stem cell aggregates for high-density suspension culture.,Nath SC, Tokura T, Kim MH, Kino-Oka M,Biotechnology and bioengineering,Vol.115, No.4, pp.910-920,2018年04月,http://orcid.org/0000-0002-4912-5811,その他

  • Kinetic analysis of cell decay during the filling process: Application to lot size determination in manufacturing systems for human induced pluripotent and mesenchymal stem cells,Masashi Kagihiro, Masashi Kagihiro, Kazuhiro Fukumori, Takuya Aoki, Umbhorn Ungkulpasvich, Manabu Mizutani, Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat, Kwanchanok Viravaidya-Pasuwat, Masahiro Kino-oka,Biochemical Engineering Journal,Vol.131, No.15, pp.31-38,2018年03月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,2. A Novel Strategy for Simple and Robust Expansion of Human Pluripotent Stem Cells Using Botulinum Hemagglutinin,Mee-Hae Kim and Masahiro Kino-oka,Springer,ISBN,978-981-13-0946-5,2018年11月

  • 専門著書,第3章 2.1.アイソレータシステムを活用した自動培養装置,紀ノ岡 正博,日本医学出版,ISBN,978-4-86577-030-8,2018年07月

  • 専門著書,第3章 第1節 再生医療(無菌細胞製造)の動向と今後の展望,紀ノ岡 正博,(株)技術情報協会,ISBN,978-4-86104-722-0,2018年07月

  • 専門著書,第1章 総論:立体的な組織をつくることとその活用,紀ノ岡 正博,株式会社 シーエムシー出版,2018年04月

  • 専門著書,第1章 E 再生医療における細胞製造と培養技術の重要性,紀ノ岡 正博,(株)三輪書店,ISBN,978-4-89590-628-9,2018年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,培養容器及びそれを利用した複数の積層細胞シートの作製方法,水谷学,紀ノ岡正博,清水達也,岡野光夫,2015-192640(公開),2014年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成17年化学工学会研究賞「移植用細胞・組織の培養生産に関するバイオプロセス工学的研究」,田谷正仁,紀ノ岡正博,化学工学会,2006年03月

  • 日本生物工学会第26回照井賞「移植を前提としたヒト培養組織生産に関する生物化学工学的研究」,紀ノ岡正博,日本生物工学会,2003年09月

  • 化学工学会化学工学論文集「2004年度優秀論文賞」「軟骨細胞のコラーゲンゲル包埋培養を対象とした3次元増殖モデル」,屋敷思乃,原由之,紀ノ岡正博,田谷 正仁,化学工学会,2005年03月

報道 【 表示 / 非表示

  • 再生医療、産業化へ広く連携,日本経済新聞,2018年09月

  • 再生医療の最先端体感 地元高校生招き蒲郡市/京大などでラボ見学ツアー,東日新聞,2017年02月

  • iPS 2倍速で培養 阪大と金沢大 ロスなく効率化,日本経済新聞,2016年11月

  • (4)再生医療、産業化に壁、コスト減・資金調達に課題,日本経済新聞,2016年11月

  • 再生医療 普及への道(下)装置や試薬、商機生かせるか 異業種交え市場育成,日本経済新聞,2015年04月

全件表示 >>

 
 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • 第12回 大阪大学共同研究講座シンポジウム ~"医・工連携”の展開~ 講演,2018年10月

  • H28年度 AMED再生医療公開シンポジウム 講演,2017年02月

  • 第3回 再生医療 産業化展 基調講演,2017年02月