基本情報

写真b

岩崎 憲治

IWASAKI Kenji


キーワード

電子顕微鏡

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月01日 ~ 2005年03月31日,超高圧電子顕微鏡センター,特任研究員,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,蛋白質研究所,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2018年09月30日,蛋白質研究所,准教授,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,蛋白質研究所,特任研究員,専任

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,准教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部 化学系 卒業 学士 1992年03月
京都大学 理学研究科 化学 修了 修士 1994年03月
大阪大学 基礎工学研究科 物理系 修了 理学博士 1998年03月

職歴 【 表示 / 非表示

松下電器中央研究所先端科学研究グループ 1994年04月 ~ 1998年06月
アメリカ国立衛生研究所 1998年06月 ~ 2001年03月
理化学研究所・播磨研究所 放射光利用連携研究 メンブレンダイナミクス研究グループ 生体マルチソーム研究チーム 2001年04月 ~ 2003年06月
大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター 特任研究員/客員助教授 2003年07月 ~ 2005年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 電子顕微鏡イメージング(電子線トモグラフィー、単粒子解析法等)
    形態および構造関連,解剖学関連,ナノ構造化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 顕微鏡学会

  • 日本生物物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Natural and artificial protein cages: design, structure and therapeutic applications.,Heddle JG, Chakraborti S, Iwasaki K,Current opinion in structural biology,43 148-155,2017年04月,学術論文

  • 2D hybrid analysis: Approach for building three-dimensional atomic model by electron microscopy image matching.,Matsumoto A, Miyazaki N, Takagi J, Iwasaki K,Scientific reports,7(1) 377,2017年03月,学術論文

  • Conformational Freedom of the LRP6 Ectodomain Is Regulated by N-glycosylation and the Binding of the Wnt Antagonist Dkk1.,Matoba K, Mihara E, Tamura-Kawakami K, Miyazaki N, Maeda S, Hirai H, Thompson S, Iwasaki K, Takagi J,Cell reports,18(1) 32-40,2017年01月,学術論文

  • Structure of the Plexin Ectodomain Bound by Semaphorin-Mimicking Antibodies.,Suzuki K, Tsunoda H, Omiya R, Matoba K, Baba T, Suzuki S, Segawa H, Kumanogoh A, Iwasaki K, Hattori K, Takagi J,PloS one,11(6) e0156719,2016年04月,学術論文

  • Electron microscopic imaging revealed the flexible filamentous structure of the cell attachment protein P2 of Rice dwarf virus located around the icosahedral 5-fold axes.,Miyazaki N, Higashiura A, Higashiura T, Akita F, Hibino H, Omura T, Nakagawa A, Iwasaki K,Journal of biochemistry,159(2) 181-90,2016年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,膜タンパク質構造研究,岩崎憲治,化学同人,ISBN,9784759815610,2013年10月

  • 教科書,タンパク質をみる-構造と挙動-(長谷俊治・高尾敏文・高木淳一編)第6章2節電子顕微鏡イメージング担当,岩崎憲治,安永卓生,光岡薫,化学同人,ISBN,978-4759811636,2009年08月

  • 教科書,注目のプロテオミクスの全貌を知る!最新手法とその応用成果(I部2章④タンパク質複合体の直接観察),1. 光岡薫;岩崎憲治;藤吉好則,羊土社,2003年01月

受賞 【 表示 / 非表示

  • FASEB Travel Award,Kenji Iwasaki,FASEB meeting on Virus Assembly,1998年07月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第87回日本生化学会大会,分子構造情報を得るための電顕イメージング法,2014年10月

  • KRIワークショップ5,クライオ電顕を用いた「その場観察」による生体分子の3D構造イメージング,2014年10月

  • 第52回日本生物物理学会年会,ミドリムシにおける光運動制御マシナリーの解明,2014年09月

  • 16th International Congress of Photobiology,Structural insights into Euglena's photo-sensing organelle PFB by modern EM imaging techniques,2014年09月

  • 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会,イブリッドアプローチによる電顕画像からの情報抽出,2014年05月

全件表示 >>