基本情報

写真b

鎌田 佳宏

KAMADA Yoshihiro


キーワード

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、アディポサイトカイン、糖鎖

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年06月01日 ~ 2006年03月31日,医学系研究科 内科系臨床医学専攻,特任研究員,専任

  • 2011年07月01日 ~ 2014年03月31日,医学系研究科 保健学専攻,助教,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,准教授,専任

  • 2014年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,准教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1995年03月
大阪大学 医学系研究科  修了 医学博士 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部附属病院 1995年04月 ~ 1996年05月
市立川西病院 1996年06月 ~ 1998年05月
兵庫県立西宮病院 1998年06月 ~ 1999年05月
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻機能診断科学講座 2011年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 肝臓病学
    消化器内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本肝臓学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本内科学会

  • 日本癌学会

  • 日本臨床検査医学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Increased expression of Forkhead box M1 transcription factor is associated with clinicopathological features and confers a poor prognosis in human hepatocellular carcinoma.,Egawa M, Yoshida Y, Ogura S, Kurahashi T, Kizu T, Furuta K, Kamada Y, Chatani N, Hamano M, Kiso S, Hikita H, Tatsumi T, Eguchi H, Nagano H, Doki Y, Mori M, Takehara T.,Hepatology Research,47(11):1196-1205,2017年10月,学術論文

  • Use of Mac-2 binding protein as a biomarker for nonalcoholic fatty liver disease diagnosis.,Kamada Y, Ono M, Hyogo H, Fujii H, Sumida Y, Yamada M, Mori K, Tanaka S, Maekawa T, Ebisutani Y, Yamamoto A, Takamatsu S, Yoneda M, Kawada N, Chayama K, Saibara T, Takehara T, Miyoshi E, Japan Study Group of Nonalcoholic Fatty Liver Disease (JSG‐NAFLD).,Hepatol Communications,1(8):780-791,2017年08月,学術論文

  • Establishment of mouse Mac-2 binding protein enzyme-linked immunosorbent assay and its application for mouse chronic liver disease models.,Iwata A, Kamada Y, Ebisutani Y, Yamamoto A, Ueda Y, Arai H, Fujii H, Takamatsu S, Maruyama N, Maeda M, Takehara T, Miyoshi E.,Hepatology Research,47(9):902-909,2017年08月,学術論文

  • A novel pathogenesis of inflammatory bowel disease from the perspective of glyco-immunology.,Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kamada Y, Naka T, Takehara T, Miyoshi E.,The Journal of Biochemistry,161(5):409-415,2017年05月,学術論文

  • A novel pathogenesis of inflammatory bowel disease from the perspective of glyco-immunology,Shinzaki S, Iijima H, Fujii H, Kamada Y, Naka T, Takehara T, Miyoshi E.,Journal of Biochemistry,161(5) 409-415,2017年04月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,肝炎診療マニュアル,鎌田佳宏,中外医学社,ISBN,978-4-498-14210-7,2013年07月

  • 専門著書,消化器疾患治療マニュアル,鎌田佳宏,金芳堂,ISBN,978-4-7653-1560-9,2013年04月

受賞 【 表示 / 非表示

  • (財)大阪対ガン協会平成18年度ガン研究助成,鎌田佳宏,(財)大阪対ガン協会,2006年10月

  • アメリカ肝臓学会Young Investigator Travel Award,鎌田佳宏,アメリカ肝臓学会,2005年11月

  • Annual Report of Osaka University 2003-2004 論文100選,鎌田佳宏,大阪大学,2003年12月

  • アメリカ肝臓学会Young Investigator Travel Award,鎌田佳宏,アメリカ肝臓学会,2003年11月

  • Liver Forum in Kyoto 研究奨励賞,鎌田佳宏,Liver Forum in Kyoto,2003年03月

全件表示 >>