基本情報

写真b

垣内 史敏

KAKIUCHI Fumitoshi


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2000年05月01日 ~ 2004年03月31日,工学研究科,講師,専任

  • 2004年04月01日 ~ 2005年03月31日,工学研究科,助教授,専任

  • 2011年01月01日 ~ 2011年03月31日,産業科学研究所,特任研究員,専任

  • 2011年11月01日 ~ 2012年03月31日,産業科学研究所,特任研究員,専任

  • 2015年04月01日 ~ 継続中,産業科学研究所,特任研究員,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学部 応用精密化学科 卒業 1988年03月
大阪大学 工学研究科 応用精密化学専攻 修了 1990年03月
大阪大学 工学研究科 応用精密化学専攻 修了 1993年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学助手 1993年04月 ~ 2000年04月
ハーバード大学・博士研究員 1996年04月 ~ 1997年03月
大阪大学講師 2000年05月 ~ 2004年02月
東京農工大学工学部・非常勤講師(兼任) 2002年01月 ~ 2002年03月
科学技術振興機構さきがけ研究21「合成と制御」領域研究員(兼任) 2002年11月 ~ 継続中
大阪大学助教授 2004年03月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 反応場の極性を制御した選択的反応の開発
    有機合成化学関連

  • 触媒的不斉合成反応の開発
    有機合成化学関連

  • 均一系遷移金属錯体を用いた新しい触媒反応の開発に関する研究
    有機合成化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 近畿化学協会

  • 有機合成化学協会

  • アメリカ化学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Ruthenium-Catalyzed Addition of an Aromatic Ketone at the ortho C-H Bond to an Olefin: 8-[2-(Triethoxysilyl)ethyl]-alpha-tetralone,Fumitoshi Kakiuchi and Shinji Murai,Organic Synthesis,2003年08月,学術論文

  • The Ruthenium-Catalyzed Functionalization of Aryl Carbon-Oxygen Bonds in Aromatic Ethers with Organoboron Compounds,Fumitoshi Kakiuchi, Mayumi Usui, Satoshi Ueno, Naoto Chatani, and Shinji Murai,Journal of the American Chemical Society,2004年03月,学術論文

  • A Ruthenium-Catalyzed Reaction of Aromatic Ketones with Arylboronates: A New Method for the Arylation of Aromatic Compounds via C-H bond Cleavage,Fumitoshi Kakiuchi, Shintaro Kan, Kimitaka Igi, Naoto Chatani, and Shinji Murai,Journal of the American Chemical Society,2003年02月,学術論文

  • 不活性炭素-水素結合切断を利用した有機合成の新手法,垣内史敏,有機合成化学協会誌,62(1) 14-26,2004年01月,解説・総説

  • Catalytic Methods for C-H Bond Functionalization: Application in Organic Synthesis,Fumitoshi Kakiuchi and Naoto Chatani,Advanced Synthesis & Catalysis,2003年09月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Topics in Organometallic Chemistry: Ruthenium Catalysts and Fine Chemistry,F. Kakiuchi and N. Chatani,Springer,2004年05月

  • 専門著書,有機合成のための触媒反応103,垣内史敏,東京化学同人,2004年03月

  • その他,季刊化学総説:有機合成化学の新潮流,垣内史敏,学会出版センター,2000年11月

  • その他,Highly Efficient Method for the Addition of Unactivated Carbon-Hydrogen Bond to Carbon-Carbon Multiple Bonds with Aid of Ruthenium Complexes as the Catalyst,垣内史敏,,1999年

  • その他,Activation of C-H Bonds : Catalytic Reactions Topics in Organometallic Chemistry. Activation of Unveactive Bonds and Organic Synthesis,垣内史敏,,1999年

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,芳香族ケトンの製造法,村井真二、茶谷直人、垣内史敏、家裕隆,特許出願平8-280631(登録),1996年10月

  • 日本,芳香族ケトンの製造法,村井真二、茶谷直人、垣内史敏、家裕隆,特許出願平8-241685(登録),1996年09月

  • 日本,不飽和カルボニル化合物の製造法,村井真二、茶谷直人、垣内史敏,特許出願平6-266565(登録),1994年10月

  • 日本,不飽和カルボニル化合物の製造法,村井真二、茶谷直人、垣内史敏,特許出願平5-232054(登録),1993年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学奨励賞,垣内史敏,有機合成化学協会,2003年03月

  • 有機合成化学協会「研究企画賞」,垣内史敏,有機合成化学協会,2000年03月