基本情報

写真b

河村 倫哉

KAWAMURA Michiya


キーワード

社会学

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 比較公共政策専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 社会学研究科  単位取得満期退学 社会学修士 2000年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学外国語学部専任講師 2000年04月 ~ 2002年12月
大阪外国語大学外国語学部助教授 2003年01月 ~ 2007年09月
大阪大学国際公共政策研究科准教授 2007年10月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本倫理学会

  • 数理社会学会

  • 日本社会学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 無知の自覚と積極的自由,河村倫哉,ソシオロゴス,22号、47-60頁,1998年09月,学術論文

  • 情報化社会における自由主義的道徳の行方,河村倫哉,大阪外国語大学論集,第35号、47-63頁,2007年03月,学術論文

  • マックス・ヴェーバーの未完の自由論,河村倫哉,倫理学年報,第50集、65-78頁,2001年03月,学術論文

  • 自由主義における「承認」の問題―ロールズ、ラズ、オークショット,河村倫哉,ソシオロゴス,23号、137-151頁,1999年09月,学術論文

  • 望ましくない権力の条件―予期理論的権力の規範的考察,河村倫哉,理論と方法,vol.13, No.2, pp.193-203,1999年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,世界社会と社会運動、第8章、市民的無関心の今日的意味,庄司興吉他,梓出版社,1999年03月

  • 専門著書,現代社会学における歴史と批判(上)―グローバル化の社会学、第8章、経済グローバリズムの功罪,武川正吾、山田信行,東信堂,2003年03月

  • 翻訳作品,集合的選択と社会的厚生、第4章 選択対順序、第4*章 社会的決定関数,アマルティア・セン,勁草書房,2000年08月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第19回動物園前サイエンスカフェ,「難民の時代を生きる イスラム移民・難民との共存を例に」,2016年04月