基本情報

写真b

河村 倫哉

KAWAMURA Michiya


キーワード

社会学

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年10月01日 ~ 継続中,国際公共政策研究科 比較公共政策専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 社会学研究科  単位取得満期退学 社会学修士 2000年03月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪外国語大学外国語学部専任講師 2000年04月 ~ 2002年12月
大阪外国語大学外国語学部助教授 2003年01月 ~ 2007年09月
大阪大学国際公共政策研究科准教授 2007年10月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本倫理学会

  • 数理社会学会

  • 日本社会学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Facilitate people’s networks as a basis for new state legitimacy,Michiya Kawamura,19th ISA World Congress of Sociology in Toronto,2018年07月,会議報告/口頭発表

  • 機会の平等の実質化と多文化共生,河村倫哉,未来共生学,5巻68-86頁,2018年03月,学術論文

  • Citizenship for Inclusion of Refugee in Japan,Michiya Kawamura,Comparative perspectives on Japanese Migration Policy and Law (NCCR-On the move, Fribourg University),2017年12月,会議報告/口頭発表

  • Social Capital Approach for Explaining Ethnic Conflicts within a Liberal Societ,Michiya KAWAMURA,International Relations and Diplomacy, March 2017, Vol. 5, No. 3, 153-169,2017年03月,学術論文

  • Distinction between Usual and Fundamental Claims for Cultural Recognition,Michiya KAWAMURA,International Political Science Association, 24th World Congress,2016年07月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,現代社会学における歴史と批判(上)―グローバル化の社会学、第8章、経済グローバリズムの功罪,武川正吾、山田信行,東信堂,2003年03月

  • 翻訳作品,集合的選択と社会的厚生、第4章 選択対順序、第4*章 社会的決定関数,アマルティア・セン,勁草書房,ISBN,4326501863,2000年08月

  • 専門著書,世界社会と社会運動、第8章、市民的無関心の今日的意味,庄司興吉他,梓出版社,ISBN,4872622138 ,1999年03月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第19回動物園前サイエンスカフェ,「難民の時代を生きる イスラム移民・難民との共存を例に」,2016年04月