基本情報

写真b

下山 敦史

SHIMOYAMA Atsushi


キーワード

天然物化学、有機合成化学、生物分子科学

メールアドレス

メールアドレス

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/fukase/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2010年04月01日 ~ 2011年03月31日,理学研究科 化学専攻,特任研究員,専任

  • 2011年04月01日 ~ 2011年09月30日,理学研究科 化学専攻,特任研究員(常勤),専任

  • 2014年11月01日 ~ 継続中,理学研究科 化学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部  卒業 理学学士 2005年03月
大阪大学 理学研究科  修了 理学修士 2007年03月
大阪大学 理学研究科  修了 理学博士 2010年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員 2008年04月 ~ 2010年03月
大阪大学 大学院理学研究科 特任研究員 2010年04月 ~ 2011年09月
東京工業大学 大学院生命理工学研究科 助教 2011年10月 ~ 2014年10月
大阪大学 大学院理学研究科 助教 2014年11月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 免疫活性化機構の解明と制御を目指した細菌細胞表層成分の合成研究
    構造有機化学および物理有機化学関連,生物分子化学関連,ケミカルバイオロジー関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本ケミカルバイオロジー学会

  • 有機合成化学協会

  • 日本糖質学会

  • 日本化学会

  • 近畿化学協会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Kinetically controlled Fischer glycosidation under flow conditions: A new method for preparing furanosides,Masui, S., Manabe, Y., Hirao, K., Shimoyama, A., Fukuyama, T., Ryu, I., Fukase, K,Synlett ,30(04), 397-400,2019年04月,学術論文

  • Activities of the Consortium for Medicine, Chemistry, and Physics at Osaka University,K. Kabayama, K. Kaneda, A. Shinohara, Y. Shirakami, T. Watabe, Z. Zhang, A. Toyoshima, T. Yoshimura, Y. Manabe, A. Shimoyama, K. Fukase,Journal of Medical Imaging and Radiation Sciences,50(1), S40,2019年03月,その他

  • Gut Microbial Lipopolysaccharide Interacts with Host Immune System,A. Shimoyama,Trends in Glycoscience and Glycotechnology,31 (179), E55-E56,2019年03月,学術論文

  • Synthesis of Helicobacter pylori peptidoglycan fragments,Hu, R., Shimoyama, A., Fukase, K.,Peptide Science,2018,2019年01月,学術論文

  • Investigation of novel drug for nuclear medicine targeting to cancer specific amino acid transporter, LAT1,Kaneda, K., Zhang, ZJ. Manabe, Y. , Shimoyama, A., Kabayama, K. , Kanai, Y., Fukase, K., Shinohara, A.,CANCER SCIENCE ,109, 606,2018年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,アジュバントとしてのリピドA、次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価,下山 敦史, 深瀬 浩一,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-1238-5,2017年03月

  • 専門著書,自己と非自己の認識に関わる糖鎖と複合糖質の機能解析と免疫調節への利用:リピドA研究を中心に、エンドトキシン・自然免疫研究 20,深瀬浩一, 下山敦史, 藤本ゆかり,医学図書出版,2017年11月

  • 専門著書,エンドトキシン・自然免疫研究 20、協奏的に作用するTLR4/MD-2制御因子の機能~免疫調節作用を有する寄生菌由来リピドAを中心に~,下山敦史, 藤本ゆかり,深瀬浩一,医学図書出版,2017年11月

  • 専門著書,Glycochemical Synthesis: Strategies and Applications, Chapter8, Sugar Synthesis by microfluidic Techniques,Koichi Fukase, Yukari Fujimoto, Katsunori Tanaka, Atsushi Shimoyama, Yoshiyuki Manabe,Wiley,ISBN, 978-1-118-29984-5,2016年09月

  • 専門著書,寄生性細菌 H. pyloriおよびP. gingivalisリピドAの化学合成と免疫調節活性,藤本ゆかり,下山敦史,佐伯昭典,來山直弘,生地哲平,隅田泰生,筒井ひろ子,三宅健介,深瀬浩一,医学図書出版,ISBN,978-4871514521,2012年11月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,211At標識化アミノ酸誘導体を含む医薬組成物及びその製造方法,深瀬浩一、篠原厚、金井好克、樺山一哉、兼田加珠子、張子見、畑澤順、白神宜史、下山敦史、真鍋良幸,2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,ホウ素クラスター脂質への放射線同位元素標識化法と標識化ホウ素クラスター脂質のウイルス様粒子への導入法,深瀬浩一、金田安史、下山敦史、真鍋良幸、中村浩之、佐藤伸一,2018-048565(出願),2018年03月

  • 日本,がん細胞型大型中性アミノ酸トランスポーターLAT1に親和性を有するアミノ酸誘導体を211Atラベル化した抗がん剤とアスコルビン酸による211Atラベル化化合物の安定化法,深瀬浩一,篠原厚,金井好克,樺山一哉,兼田加珠子,張子見,畑澤順,白神宜史,下山敦史,真鍋良幸,特願 2018-048562(出願),2018年03月

  • 日本,Composition comprising light-emitting compound exhibiting afterglow and its application.,H. Yuasa, H. Ohtani, A. Shimoyama, S. Kuno,WO2014034563 A1(公開),2013年08月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第18回天然物化学談話会奨励賞,下山 敦史,天然物化学談話会,2018年07月

  • 日本エンドトキシン・自然免疫研究会奨励賞・優秀賞,下山 敦史,日本エンドトキシン・自然免疫研究会,2016年12月

  • 第29回井上研究奨励賞,下山敦史,井上科学振興財団,2013年02月

  • ポスター賞,下山敦史,第28回内藤コンファレンス,2010年09月

  • 学生講演賞,下山 敦史,日本化学会,2010年04月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 生体機能関連化学部会若手の会,第25回サマースクール,2013年07月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,新学術領域「中分子戦略」「分子夾雑化学」ジョイントシンポジウム,第21回生命化学研究会,2018年09月

  • その他,第23回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会,2018年05月

  • 国際会議,The 1st International Symposium on Middle Molecular Strategy (1st ISMMS),2016年02月

  • その他,第18回生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強会,実行委員、世話人,2015年10月

  • 国内重要会議,大阪大学 医理核物連携事業 新規医療イノベーションのためのシンポジウム,2015年10月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 公益法人,有機合成化学協会,有機合成化学協会誌 編集協力委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 学会,FCCA,グライコトピックレポーター,2017年03月 ~ 2019年03月

  • 学会,日本化学会 生体機能関連化学部会 若手の会,関東幹事,2012年04月 ~ 2015年03月

  • 学会,生理活性をあまり意図しない自由な天然物合成勉強学会,世話人,2011年04月 ~ 2018年06月