基本情報

写真b

岡村 高明

OKAMURA Taka-aki


キーワード

錯体化学,高分子科学,生物無機化学

URL

http://www.chem.sci.osaka-u.ac.jp/lab/onitsuka/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1996年04月01日 ~ 2004年09月30日,理学研究科 高分子科学専攻,助手,専任

  • 2004年10月01日 ~ 2011年12月31日,理学研究科 高分子科学専攻,講師,専任

  • 2012年01月01日 ~ 継続中,理学研究科 高分子科学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 理学部 高分子学科 卒業 1988年03月
大阪大学 理学研究科 高分子学専攻 修了 博士(理学) 1992年09月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学理学部助手 1992年12月 ~ 1996年03月
大阪大学大学院理学研究科助手 1996年04月 ~ 2004年09月
大阪大学大学院理学研究科講師 2004年10月 ~ 2011年12月
大阪大学大学院理学研究科准教授 2012年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 非天然型ポリペプチド,水素結合による酵素反応性制御機構の解明,金属錯体を用いたアミノ酸配列決定法
    高分子化学関連,無機・錯体化学関連,生体関連化学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学会

  • 高分子学会

  • 日本化学会

  • 生物無機化学会(Society of Biological Inorganic Chemstry)

  • アメリカ化学会(American Chemical Society)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Folding Control of Non-natural Glycopeptide Using Saccharide-coded Structural Information for Polypeptide,Yuki Ishido, Naoya Kanbayashi, Naoka Fujii, Taka-aki Okamura, Takeharu Haino, Kiyotaka Onitsuka,Chemical Communications,56(18) 2767-2770,2020年03月,学術論文

  • Crystal-to-Crystal Isomerization via Drastic Intramolecular Ligand Exchange: Vapochromism of a Bis(arenethiolato)cobalt(II) Complex Containing Bulky Acylamino Groups,T. Okamura, Y. Tomita, and K. Onitsuka,Inorg. Chem.,59(2) 1164-1168,2020年01月,学術論文

  • Zigzag-Helix Transformation of Expanded Polyvaline Induced by Racemization,T. Okamura, K. Tsubouchi, and K. Onitsuka,Chem. Asian J,14(17) 2950-2952,2019年09月,学術論文

  • Living Cyclocopolymerization Through Alternating Insertion of Isocyanide and Allene via Controlling the Reactivity of the Propagation Species: Detailed Mechanistic Investigation, Kanbayashi, Naoya; Okamura, Taka-aki; Onitsuka, Kiyotaka,Journal of the American Chemical Society,141(38) 15307-15317,2019年09月,学術論文

  • Side-Chain-Driven Dual Structural System of Poly-Arylopeptide: Selective Helical Formation Derived from Aromatic Ring Flips on the Backbone,Yuki Ishido, Naoya Kanbayashi, Taka-aki Okamura, Kiyotaka Onitsuka,ACS Macro Letters,8(5) 694-699,2019年05月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials,T. Okamura,Springer-Verlag,ISBN,978-3-642-29649-9,2015年02月

  • 専門著書,Hydrogen Bonding and Transfer in the Excited State,Taka-aki Okamura, Hitoshi Yamamoto, and Norikazu Ueyama,John Wiley & Sons Ltd,2011年01月

  • 専門著書,Supramoloecular Polymeric Metal-Organic Architectures with Carboxylate-Containing Tripodal Ligands,Q. Chu, G.-X. Liu, T. Okamura, W.-Y. Sun, and N. Ueyama,Osaka University Press,2008年01月

  • 専門著書,水素結合性ポリマー配位子の炭酸カルシウム結晶への結合,上山憲一、岡村高明、山本 仁,シーエムシー出版,ISBN,978-4-88231-592-6 C3058,2007年01月

  • 専門著書,Oligomers of Non-natural Metal Complex Amino Acids,T. Okamura and N. Ueyama,Springer-Verlag GmbH & Co. KG, Kodansha,2004年10月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,タンパク質又はペプチドのC末端を修飾法、C末端固定化法、及び解析法,中澤 隆,岡 むつみ,西田 希実子,山口 実,九山浩樹,安藤英治,上山憲一,岡村高明,綱澤 進,特許出願2005-307831(登録),2006年10月

  • 日本,タンパク質又はペプチドをスルホン酸誘導体化する方法,乗岡茂巳、山口 実、九山浩樹、小浜孝士、中澤 隆、安藤英治、上山憲一、岡村高明,4576972(登録),2004年10月,2010年09月

  • アメリカ,Method for Derivatizing Protein or Peptide to Sulfonic Acid Derivative,Shigemi Norioka, Minoru Yamaguchi, Hiroki Kuyama, Takashi Obama, Eiji Ando, Takashi Nakazawa, Norikazu Ueyama, Taka-aki Okamura,US 7,579,165(登録),2004年10月,2009年08月

  • ヨーロッパ,Method for Derivatizing Protein or Peptide to Sulfonic Acid Derivative,Shigemi Norioka, Minoru Yamaguchi, Hiroki Kuyama, Takashi Obama, Eiji Ando, Takashi Nakazawa, Norikazu Ueyama, Taka-aki Okamura,EP Pat. Appl. Publ. No. 1561755(登録),2004年10月

  • アメリカ,Method for modifying protein or peptide C-terminal.,Takashi Nakazawa, MInoru Yamaguchi, Hiroki Kuyama, Eiji Ando, Norikazu Ueyama, Taka-aki Okamura, Shigemi Norioka,US Pat. Appl. Publ. No. 2005085622(登録),2004年10月

全件表示 >>