基本情報

写真b

DIÑO WILSON AGERICO TAN

DIÑO WILSON AGERICO TAN


キーワード

動的量子過程、表面・界面反応・励起、多体効果、物性、水素、Computational Materials/Devices/Processes Design; Bioinspiration/Biomimetics; Complexity/Emergence; Energy; Hydrogen

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6878-7857/7858

FAX番号

06-6878-7859

URL

http://www.dyn.ap.eng.osaka-u.ac.jp

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2004年11月01日 ~ 2005年03月31日,ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構,特任助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2005年07月31日,ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構,特任助手(常勤),専任

  • 2005年08月01日 ~ 2007年03月31日,ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構,特任助教授(常勤),専任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年06月30日,理学研究科 物理学専攻,講師,専任

  • 2010年07月01日 ~ 継続中,工学研究科 精密科学・応用物理学専攻,准教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年06月30日,ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構,講師,兼任

  • 2007年04月01日 ~ 2010年06月30日,留学生センター,講師,兼任

  • 2010年07月01日 ~ 継続中,ナノサイエンスデザイン教育研究センター,准教授,兼任

  • 2010年07月01日 ~ 継続中,工学研究科 附属アトミックデザイン研究センター,准教授,兼任

学歴 【 表示 / 非表示

De La Salle University 理学部 Department of Physics 卒業 B.S. in Physics with Specialization in Computer Applications 1989年04月
De La Salle University 理学研究科 Department of Physics 修士課程単位収得・転学 1992年06月
University of the Philippines 理学研究科 Department of Physics 博士課程単位収得・転学 1993年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 研究生(日本国文部省国費留学生) 1994年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 修了 工学修士(日本国文部省国費留学生) 1996年03月
大阪大学 工学研究科 応用物理学専攻 修了 工学博士(日本国文部省国費留学生) 1999年03月

職歴 【 表示 / 非表示

De La Salle University Lecturer 1989年05月 ~ 1992年05月
Philippine Normal University (Invited) Guest Lecturer 1990年06月 ~ 1992年05月
日本学術振興会外国人特別研究員 1999年03月 ~ 2001年03月
東京大学生産技術研究所研究機関研究員 2001年04月 ~ 2002年06月
大阪大学大学院工学研究科産学連携研究員 2002年07月 ~ 2002年11月
(独)科学技術振興機構・計算科学技術研究員 2002年12月 ~ 2004年09月
De La Salle University Adjunct Professor (concurrent and ongoing) 2003年09月 ~ 継続中
大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構・特任助手 2004年10月 ~ 2005年03月
大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構・特任助教授 2005年04月 ~ 2007年03月
大阪大学大学院理学研究科・講師 2007年04月 ~ 2010年06月
大阪大学留学生センター・講師(兼) 2007年04月 ~ 2010年06月
大阪大学大学院工学研究科・准教授 2010年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 水素液化促進法の研究開発
    環境負荷低減技術および保全修復技術関連,機能物性化学関連,計算科学関連,応用物理一般関連,光工学および光量子科学関連,薄膜および表面界面物性関連,応用物性関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,半導体、光物性および原子物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連

  • 水素貯蔵技術開発
    環境負荷低減技術および保全修復技術関連,機能物性化学関連,計算科学関連,応用物理一般関連,光工学および光量子科学関連,薄膜および表面界面物性関連,応用物性関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,半導体、光物性および原子物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連

  • 光誘起超高速量子過程
    薄膜および表面界面物性関連,環境負荷低減技術および保全修復技術関連,応用物性関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,半導体、光物性および原子物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,計算科学関連,応用物理一般関連,光工学および光量子科学関連

  • 計算機ナノ触媒反応デザイン
    環境負荷低減技術および保全修復技術関連,有機機能材料関連,計算科学関連,応用物理一般関連,光工学および光量子科学関連,薄膜および表面界面物性関連,応用物性関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,半導体、光物性および原子物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連

  • 計算機ナノマテリアルデザイン
    有機機能材料関連,計算科学関連,応用物理一般関連,光工学および光量子科学関連,薄膜および表面界面物性関連,応用物性関連,生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,半導体、光物性および原子物理関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,数理物理および物性基礎関連,ナノマイクロシステム関連,ナノ材料科学関連,ナノ構造化学関連,環境負荷低減技術および保全修復技術関連

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会(The Japan Society of Applied Physics)

  • 日本物理学会(The Physical Society of Japan)

  • アメリカ科学振興協会 (American Association for the Advancement of Science)

  • アメリカ化学会(American Chemical Society)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Dilute concentrations of Sb (Bi) dopants in Sn-site enhance the thermoelectric properties of TiNiSn half-Heusler alloys: a first-principles study,Meena Rittiruam, Allan Abraham B. Padama, Athorn Vora-ud, Anucha Yangthaisong, Tosawat Seetawan, Wilson Agerico Diño,Japanese Journal of Applied Physics,59,3,035003,2020年02月,https://iopscience.iop.org/article/10.35848/1347-4065/ab74c8,学術論文

  • Coadsorption of hydrazine (N2H4) and OH on NiZn surface: A DFT-based T study,Mohammad Kemal Agusta, Adhitya Gandaryus Saputro, Ahmad Zainul Ihsan, Raihan Krishna, Fadjar Fathurrahman, Hermawan Kresno Dipojono, Wilson Agerico Diño,Surface Science,691, 121505-1-11,2020年01月,https://doi.org/10.1016/j.susc.2019.121505,学術論文

  • Positive and negative hydrogen ion reflections of low-energy atomic and molecular hydrogen ion beam from HOPG and Mo surfaces,Nozomi Tanaka, Fumiya Ikemoto, Ippei Yamada, Yuji Shimabukuro, Masashi Kisaki, Wilson Agerico Diño, Mamiko Sasao, Motoi Wada, and Hitoshi Yamaoka,Review of Scientific Instruments,91, 1, 013313 ,2020年01月,https://aip.scitation.org/doi/10.1063/1.5129576,学術論文

  • Quantitative Multilayer Cu(410) Structure and Relaxation Determined by QLEED ,Rezwan Ahmed, Takamasa Makino, Jessiel Siaron Gueriba, Seigi Mizuno, Wilson Agerico Diño, Michio Okada,Scientific Reports,9,11,16882,2019年11月,https://www.nature.com/articles/s41598-019-52986-w,学術論文

  • Density functional study of methyl butanoate adsorption and its C-O bonds cleavage on MoS2-based catalyst with various loads of Ni promoters,Wahyu Aji Eko Prabowo, Subagjo, Nugraha, Mohammad Kemal Agusta, Adhitya Gandaryus Saputro, Supriadi Rustad, Ryo Maezono, Wilson Agerico Diño and Hermawan Kresno Dipojono,Journal of Physics: Condensed Matter,31, 36, 365001,2019年06月,https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-648X/ab2400,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,水素利用技術集成 Vol.4 ~高効率貯蔵技術、水素社会構築を目指して~、第2編:ポスト2015に臨む高効率水素貯蔵技術開発、第1章:貯蔵メカニズム、第2節:設計技術、2.1:水素貯蔵材料の知的設計ー炭素ナノ構造材料の場合ー,笠井秀明、中西寛、Wilson Agerico Diño、三浦良雄,株式会社エヌ・ティー・エス,ISBN,978-4-86469-082-9,2014年04月

  • 専門著書,表面物性工学ハンドブック、第1.7.8.章:カップルド・チャンネル法,小間篤他(編)、第1.7.8.章:カップルド・チャンネル法,丸善株式会社,ISBN,978-4-621-07838-9,2007年01月

  • 教科書,計算機マテリアルデザイン入門 (大阪大学新世紀レクチャー) (単行本) 、基礎編9章「NANIWA2001」、応用編9章「NANIWA2001」,笠井秀明・赤井久純・吉田博(編),大阪大学出版会,ISBN,978-487259152,2005年11月

  • 専門著書,Science, Technology, and Education of Microscopy: an Overview, A. Medez-Vilas (Ed.), Probing Many Body Effects at Surfaces-A Real Space Image of the Kondo Effect-, Vol. II, pp. 843-858,Science, Technology, and Education of Microscopy: an Overview, A. Medez-Vilas (Ed.), Probing Many Body Effects at Surfaces-A Real Space Image of the Kondo Effect-, Vol. II, pp. 843-858,Ultramicroscopy, Elsevier B.V., FORMATEX Microsopy Book Series,ISBN,978-84-607-6699-3,2003年04月

  • 専門著書,Frontiers in Surface and Interface Science, C.B. Duke, E.W. Plummer (Eds.), Dynamical Phenomena Incuding Many Body Effects at Metal Surfaces, pp. 105-126,Frontiers in Surface and Interface Science, C.B. Duke, E.W. Plummer (Eds.), Dynamical Phenomena Incuding Many Body Effects at Metal Surfaces, pp. 105-126,Surface Science 500, Elsevier B.V.,ISBN,0039-6028,2002年03月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,水素分離方法、水素分離装置および水素液化システム, YAMASHITA SEIJI; YAJIMA MASAKO; FUKUTANI KATSUYUKI; OGURA SHOHEI; NAKAMURA GENKI; DINO WILSON AGERICO TAN; NAKANISHI HIROSHI; SHIMIZU YASUSHI; KASAI HIDEAKI; TAKEYASU KOTARO,JP2017048067(公開),2017年03月

  • 日本,水素分離方法、水素分離装置及び水素液化システム,福谷克之、小倉正平、中村研貴、ディニョ・ウィルソン・アジェリコ・タン、中西寛、清水康司、笠井秀明、武安光太郎、山下誠二、矢嶋理子,特願2015-170754(出願),2015年08月

  • 日本,N4キレート型2量化金属錯体からなる電池用電極触媒の性能評価方法,信原邦啓, 岩田直子,笠井秀明, 中西寛, Wilson Agerico Dino, 津田宗幸,JP2008293807 (A)(登録),2007年05月,2008年12月

  • 日本,オキソポルフィリン系電極触媒材料,窪田善之, 中西寛, 笠井秀明, Eben Sy Dy, Wilson Agerico Dino,JP2008221083 (A)(登録),2007年03月,2008年09月

  • 日本,Method of Evaluating the Performance of Fuel Cell Cathode Catalysts, Corresponding Cathode Catalysts and Fuel Cell,信原邦啓,笠井秀明,中西寛,Wilson Agerico Dino,WO 2007/119668 A1(登録),2007年03月,2007年10月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第4回(平成27年度)大阪大学総長顕彰・総長奨励賞〔教育部門〕,DINO WILSON AGERICO TAN,大阪大学,2015年07月

  • First International Symposium on Atomically Controlled Fabrication Technology; best poster award,南谷英美, 中西寛, Wilson Agerico Dino, 笠井秀明, The Global COE Program “Atomically Controlled Fabrication Technology”,2009年02月

  • 日本真空協会 第46回真空に関する連合講演会・優秀ポスター賞,David Melanie Yadao, 笠井秀明, Wilson Agerico Dino,日本真空協会,2005年11月

  • 日本真空協会 第45回真空に関する連合講演会・優秀ポスター賞,津田宗幸, Wilson Agerico Dino, 中西寛, 渡辺晋, 笠井秀明,日本真空協会,2004年10月

  • 日本真空協会 第44回真空に関する連合講演会・優秀ポスター賞,松中大介、笠井秀明、Wilson Agerico Dino、中西 寛,日本真空協会,2003年11月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • プラズモンのダイナミクス 多体量子論の観点から解析,科学新聞,2013年12月

  • SOFCの酸素イオン伝導 量子トンネル効果要因,日刊工業新聞,2013年10月

  • 燃料電池、小型化メド ,日経産業新聞,2013年10月

  • 燃料電池 発電の仕組み解明,読売新聞,2013年03月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,ASIAN Computational Materials Design (CMD) Workshop - CMDASIA 2017@VJU, Hanoi, Vietnam,Organizing/Planning Committee,2017年11月

  • 国際会議,ASIAN Computational Materials Design (CMD) Workshop - CMDASIA 2017@ITB, Bandung, Indonesia,Organizing/Planning Committee,2017年10月

  • 国際会議,ASIAN Computational Materials Design (CMD) Workshop - CMDASIA 2017@DLSU, Philippines,Organizing/Planning Committee,2017年10月

  • その他,第31回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ,企画・立案 CMD®コンソーシアム,2017年09月

  • その他,第30回コンピュテーショナル・マテリアルズ・デザイン(CMD®)ワークショップ,企画・立案 CMD®コンソーシアム,2017年02月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,CMD ASIA,CMD ASIA組織委員,2010年07月 ~ 継続中

  • 学会,日本物理学会,領域9(表面・界面分科、結晶成長分科)世話人,2008年11月 ~ 2009年10月

  • 学会,Journal of Computational and Theoretical Nanoscience,Special Issue Guest Associate Editor,2008年01月 ~ 継続中

  • 学会,Journal of Research in Science, Computing, and Engineering (ISBN-1656-1996),Associate Editor,2007年01月 ~ 継続中