基本情報

写真b

岡村 康司

OKAMURA Yasushi


キーワード

生理学

URL

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/phys2/okamura/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 生体生理医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 医学部  卒業 東京大学医学部医学科 1985年03月
東京大学 医学系研究科  修了 東京大学大学院医学系研究科博士課程 1989年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会特別研究員(DC) 1988年04月 ~ 1989年03月
日本学術振興会特別研究員(PD) 1989年04月 ~ 1990年03月
東京大学医学部脳研究施設神経生物学部門助手 1990年02月 ~ 1995年09月
通産省工業技術院生命工学工業技術研究所(現産総研)主任研究官 1995年04月 ~ 継続中
新技術事業団(現JST)さきがけ研究21知と構成”の研究員を兼任" 1995年10月 ~ 1998年
生命工学工業技術研究所(現産総研)グループリーダー 1998年04月 ~ 継続中
岡崎国立共同研究機構・統合バイオサイエンスセンター 2001年05月 ~ 継続中
総合研究大学院大学生命科学科生理科学専攻教授を併任 2003年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院医学系研究科・教授 2008年04月 ~ 継続中
大阪大学医学系研究科 副研究科長 2009年04月 ~ 2013年03月
大阪大学大学院 生命機能研究科 2009年04月 ~ 継続中
大阪大学未来戦略機構 第二部門 生体統御ネットワーク医学教育プログラム 副コーディネーター 2011年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 細胞の膜電位信号の分子メカニズムの解明

    生理学関連

  • 神経系の基本的なシグナル伝達の仕組みを分子、細胞、システムの各レベルで明らかにする。
    神経科学一般関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本生理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Functionality of the voltage-gated proton channel truncated in S4,Souhei Sakata, Tatsuki Kurokawa, Morten H. H. Norholm, Masahiro Takagi, Yoshifumi Okochi, Gunnar von Heijne, Yasushi Okamura,Proceedings of the National Academy of Sciences, U.S.A.,107(5):2313-8,2009年12月,学術論文

  • 電位依存性プロとチャネルに見る膜電位センサーの謎:細胞膜中に存在する電荷,黒川 竜紀、岡村 康司,生物物理 Vo.51 No.2,2011年02月,学術論文

  • Analysis of membrane potential of phagosome in phagocytes,Yoshifumi Okochi, Hidekazu Tsutsui, Yasushi Okamura,60th international conference of the bioscience of lipids,2019年06月,会議報告/口頭発表

  • Hv1/VSOP voltage-gated proton channel inhibits migration in response to fMLF in neutrophils,Yoshifumi Okochi, Yasushi Okamura,学会発表,2019年03月,国際会議(proceedingsあり)

  • The hydrophobic nature of a novel membrane interface regulates the enzyme activity of a voltage-sensing phosphatase,Kawanabe Akira, Hashimoto Masaki, Nishizawa Manami, Nishizawa Kazuhisa, Narita Hirotaka, Yonezawa Tomoko, Jinno Yuka, Sakata Souhei, Nakagawa Atsushi, Okamura Yasushi,ELIFE,7,2018年11月,http://orcid.org/0000-0002-1700-7861,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Voltage gated channels and novel voltage sensing proteins., Handbook of Neurochemistry and Molecular Neurobiology. 3rd Edition., Ed. by K. Mikoshiba. Abel Lajtha.,Okamura Y.,Springer,ISBN,978-0387303383,2009年05月

  • 専門著書,炎症と免疫2017年7月号「炎症抑制に関わる電位依存性プロトンチャネルHv1/VSOPの機能(リポクオリティによる膜タンパク質の機能制御と炎症・免疫)」,大河内善史、川鍋陽、岡村康司,先端医学社,ISSN,09188371,2017年06月

  • その他,Reference Module in Life Sciences “Voltage-gated proton channels”,Yasushi Okamura,Elsevier,ISBN,978-0-12-809633-8,2017年01月

  • 辞典,脳科学辞典「ナトリウムチャネル」,坂田宗平、岡村康司,理化学研究所,2013年08月

  • 辞典,生物学辞典 第五版,巌佐 庸,倉谷 滋,斎藤 成也,塚谷 裕一 編,岩波書店,ISBN,978-4-00-080314-4 C3545 ,2013年02月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,新規イオンチャネル様ポリペプチドおよびその利用,佐藤矩行、岡村康司、岩崎広英、村田喜理,11/667756(出願),2007年05月,2009年

  • 日本,電位依存性プロトンチャネルポリペプチドおよびその利用,佐藤矩行、岡村康司,特願2005-154598(出願),2005年05月,2007年

  • 日本,新規イオンチャネル様ポリペプチドおよびその利用,佐藤矩行、岡村康司、岩崎広英、村田喜理,特願2006-544779(出願),2005年05月

報道 【 表示 / 非表示

  • 37度以上で病原体攻撃 発熱で大量の活性酸素,京都新聞 (朝刊),2012年07月

  • 37度以上で病原体攻撃,神戸新聞 (朝刊),2012年07月

  • 37度以上で病原体攻撃 発熱で大量の活性酸素,Japan Press Network 47news (web掲載),2012年07月

  • 活性酸素を増産 病原菌分解 発熱で防衛 仕組み解明,産経新聞(朝刊2面),2012年05月

  • 発熱してばい菌退治=原子レベルで仕組み解明-大阪大,時事通信社(時事ドットコム、web掲載),2012年05月

全件表示 >>

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,第120回 日本解剖学会総会・全国学術集会/第92回 日本生理学会大会 合同大会,大会長,2015年03月

  • 国際会議,第37回生理学研究所国際コンファレンス(総合研究大学院大学国際シンポジウム:第84回日本生理学会サテライトシンポジウム),オーガナイザー,2007年03月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,日本学術会議,連携会員,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 国・地方公共団体,独立行政法人日本学術振興会,科学研究費委員会専門委員,2005年01月 ~ 継続中

  • 国・地方公共団体,自然科学研究機構 生理学研究所,運営会議委員,2004年04月 ~ 2008年03月

  • 国・地方公共団体,科学技術政策研究所,科学技術動向研究センター専門調査委員,2004年04月 ~ 2007年03月