基本情報

写真b

奥野 龍禎

OKUNO Tatsusada


キーワード

神経内科学 神経免疫学

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年07月01日 ~ 2010年03月31日,微生物病研究所,特任研究員,専任

  • 2010年04月01日 ~ 2010年06月30日,微生物病研究所,助教,専任

  • 2010年07月01日 ~ 継続中,医学系研究科,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部  卒業 1996年03月
大阪大学 医学系研究科 神経内科学 修了 医学博士 2006年02月

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部付属病院 神経内科研修医 1996年04月 ~ 1997年05月
大阪府立病院 研修医 1997年06月 ~ 1998年05月
大阪府立病院 神経内科レジデント 1998年06月 ~ 2000年03月
大阪府立急性期総合医療センター 神経内科医員(診療主任) 2005年08月 ~ 2007年05月
大阪大学微生物病研究所 分子免疫制御分野 招聘研究員 2006年06月 ~ 2007年05月
大阪大学微生物病研究所 感染病態分野 ポスドク研究員 2007年06月 ~ 2010年03月
大阪大学微生物病研究所 感染病態分野 助教 2010年04月 ~ 2011年03月
大阪大学免疫学フロンテイア研究センター 感染病態分野 助教 2010年04月 ~ 継続中
大阪大学 神経内科 助教 2010年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 神経内科学 神経免疫学
    免疫学関連,神経内科学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本免疫学会

  • 日本神経免疫学会

  • 日本神経学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Cerebrospinal fluid mitochondrial DNA in neuromyelitis optica spectrum disorder.,Yamashita K, Kinoshita M, Miyamoto K, Namba A, Shimizu M, Koda T, Sugimoto T, Mori Y, Yoshioka Y, Nakatsuji Y, Kumanogoh A, Kusunoki S, Mochizuki H, Okuno T. ,Journal of neuroinflammation.,2018;15(1):125.,2018年04月,学術論文

  • Beneficial effects of fingolimod in MS patients with high serum Sema4A levels.,Koda T, Namba A, Nakatsuji Y, Niino M, Miyazaki Y, Sugimoto T, Kinoshita M, Takata K, Yamashita K, Shimizu M, Fukazawa T, Kumanogoh A, Mochizuki H, Okuno T. ,PloS one.,2018;13(3):e0193986.,2018年03月,学術論文

  • Inhibition of RGMa alleviates symptoms in a rat model of neuromyelitis ,Harada K, Fujita Y, Okuno T, Tanabe S, Koyama Y, Mochizuki H, Yamashita T,Sci Rep,2018:8:34,2018年03月,学術論文

  • Febuxostat ameliorates secondary progressive experimental autoimmune encephalomyelitis by restoring mitochondrial energy production in a GOT2-dependent manner.,Honorat JA, Nakatsuji Y, Shimizu M, Kinoshita M, Sumi-Akamaru H, Sasaki T, Takata K, Koda T, Namba A, Yamashita K, Sanda E, Sakaguchi M, Kumanogoh A, Shirakura T, Tamura M, Sakoda S, Mochizuki H, Okuno T,PloS one,12(11) e0187215,2017年04月,学術論文

  •  Febuxostat ameliorates secondary progressive experimental autoimmune encephalomyelitis by restoring mitochondrial energy production in a GOT2-dependent manner . ,Honorat JA, Nakatsuji Y, Shimizu M, Kinoshita M, Sumi-Akamaru H, Sasaki T, Takata K, Koda T, Namba A, Yamashita K, Sanda E, Sakaguchi M, Kumanogoh A, Shirakura T, Tamura M, Sakoda S, Mochizuki H, Okuno T ,PLoS One ,12:e0187215,2017年04月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Semaphorins and Neurodegenerative Disorders.,Okuno T,Springer. Japan.,2015年05月

  • 専門著書,モデル動物利用マニュアル,村上 輝明、野島  聡、奥野 龍禎、熊ノ郷 淳,LIC,2011年06月

  • 専門著書,Neuromyelitis Optica:Diagnosis and Treatment. Neuroimmunological Disease,Nakatsuji Y, Kinoshita M, Okuno T, Takata K, Koda T, Honorat JA, Sakoda S, Mochizuki H.,Springer. Japan,2016年04月

  • 専門著書,脳神経内科 NMO-SDにおける血清Sema4A,奥野龍禎 木下允 望月秀樹,科学評論社,2019年01月

  • 専門著書,中枢脱髄性疾患;中枢脱髄性疾患が疑われる患者ではどのような血液検査をしますか,奥野龍禎、南波明子,中外医学社,2018年03月

受賞 【 表示 / 非表示

  • Young Neuroimmunologist Award,奥野龍禎,日本神経免疫学会,2008年04月