基本情報

写真b

奥山 雅則

OKUYAMA Masanori


所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1997年04月01日 ~ 2003年03月31日,基礎工学研究科,教授,専任

  • 2003年04月01日 ~ 2009年03月31日,基礎工学研究科 システム創成専攻,教授,専任

  • 2009年04月01日 ~ 継続中,ナノサイエンスデザイン教育研究センター,特任教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 基礎工学部 電気工学科 卒業 工学士 1968年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 工学修士 1970年03月
大阪大学 基礎工学研究科  修了 工学博士 1973年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会奨励研究員 1973年04月 ~ 継続中
大阪大学基礎工学部電気工学科助手 1974年04月 ~ 1986年03月
米国カーネギーメロン大学客員研究員 1977年04月 ~ 1978年04月
大阪大学基礎工学部電気工学科助教授 1986年04月 ~ 1991年07月
大阪大学基礎工学部電気工学科教授 1991年08月 ~ 継続中
中国華中理工大学顧問教授 (兼任) 1994年06月 ~ 継続中
中小企業開発産学官連携促進事業産学官連携推進委員会員 2000年09月 ~ 2003年03月
中小企業開発産学官連携促進事業の客員研究員 2001年06月 ~ 2002年03月
「温度補償素子集積型特種環境用圧力センサの開発と実用化の研究」推進委員会委員 2002年05月 ~ 2003年03月
平成16年度極限科学研究センター教授(兼任) 2004年04月 ~ 継続中
The member of the Executive Board of the Asian Ferroelectric Association 2006年09月 ~ 2008年12月
京都大学大学院工学研究科 非常勤講師 2006年10月 ~ 2007年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 光CVDによるSiO2膜の作製と評価。Si表面の微視的・分光的評価。強誘電体薄膜の作製と応用。不揮発性メモリ。赤外線センサ。超音波センサ。


所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本赤外線学会

  • センシング技術応用研究会

  • 次世代センサ協議会

  • 日本材料学会

  • 日本放射光学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Photoreflectance Characterization of the Plasma-Induced Damage in Si Substrate,Hideo Wada,Masashi Agata,Koji Eriguchi,Akira Fujimoto,Takashi Kanashima and Masanori Okuyama,Journal of Applied Phisics,2000年05月,学術論文

  • Miniature Ultrasonic and Tactile Sensors for Dexterous Robot,Masanori Okuyama, Kaoru Yamashita, Minoru Noda, Masayuki Sohgawa, Takeshi Kanashima, Haruo Noma,TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC MATERIALS,13, 215-220,2012年10月,学術論文

  • Preparation of Epitaxial BiFeO3 Thin Films on La-SrTiO₃ Substrate by Magnetic-Field-Assisted Pulsed Laser Deposition,Jung Min Park, S. Nakashima, M. Sohgawa, T. Kanashima, M. Okuyama,The 9th Korea-Japan Conference on Ferroelectrics (KJC-FE09),2012年08月,国際会議(proceedingsなし)

  • Preparation of BiFeO3 Films by Using Magnetic-Field-Assisted PLD and Dual Ion Beam Sputtering Methods and Their Characterization,M. Okuyama , J-M. Park, S. Nakashima, T. Kanashima,Int. Symp. on Integrated Ferroelectrics (ISIF) 2012,2012年06月,国際会議(proceedingsなし)

  • Organic Ferroelectric Field-Effect Transistor Memory Using Flat Poly(Vinylidene Fluoride-Tetrafluoroethylene) and Pentacene Thin Films,Takeshi Kanashima, Kazuki Yabe, Masanori Okuyama,Jpn. J. Appl. Phys.,51, 02BK06-1-4,2012年02月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,P(VDF-TeFE)/Organic Semiconductor Structure Ferroelectric-GateFETs,T. Kanashima and M. Okuyama,Springer,ISBN,978-94-024-0841-6,2016年01月

  • 専門著書,Ferroelectrics − Material Aspects: Chapter 7 "Studies on Electrical Properties and Memory Retention Enhancement of Metal-Ferroelectric-Insulator-Semiconductor with Radical Irradiation Treatments",Le Van Hai, Takeshi Kanashima, Masanori Okuyama,InTech,ISBN,978-953-307-332-3,2011年08月

  • 専門著書,Local-integral relationships in ferroelectric switching, hysteresis and fatigue degradation as reflected in phenomenological theory and experiments,D. Ricinschi and M. Okuyama,New Developments in Advanced Functional Ceramics, ed. L. Mitoseriu, Transworld Research Network,2007年04月

  • 専門著書,Ferroelectric Thin Films,Hitoshi Tabata,Springer Verlag,2005年04月

  • 専門著書,Ferroelectric Thin Films---Basic Properties and Device Physics for Memory Applications,M.okuyama, Y. Ishibashi,Springer-Verlag, Berlin,2005年02月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,強誘電体メモリ及びその製造方法,金島岳,ル ハイ ヴァン,奥山雅則,特願2006-241846(登録),2006年09月

  • 日本,金属酸化物の薄膜作成方法、及びその薄膜を備えたデバイス,奥山 雅則、野田 実,特願2005-258170(登録),2005年09月

  • 日本,圧電共振型センサ素子の振動制御装置及び振動制御方法,山下馨, 奥山雅則,特願2005-152751(登録),2005年06月

  • 日本,ダイアフラム型センサ素子とその製造方法,山下馨, 奥山雅則,特願2005-114623(登録),2005年04月

  • アメリカ,INFRARED DETECTION ELEMENT, INFRARED DETECTOR, SOLID STATE IMAGING DEVICE, AND METHOD FOR FABRICATING INFRARED DETECTOR,Shinji Yoshida, Masanori Okuyama, Minoru Noda, Daniel Popovici,USP 11/059,507(登録),2004年06月,2005年02月

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • スーパーアイ・イメージセンサ研究プロジェクト平成10年度研究報告書,奥山雅則,,1998年

  • システムLSI関連産業に関する調査研究報告書,奥山雅則,,1998年

  • スーパーアイ・イメージセンサ研究プロジェクト平成9年度研究報告書,奥山雅則,,1997年

  • システムLSI関連産業に関する調査研究報告書,奥山雅則,,1997年

  • スーパーアイ・イメージセンサ研究プロジェクト 平成8年度研究報告書,奥山雅則,,1996年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • MRS 2007 Fall Meeting Gratefully Recognizes the Contributions,Masanori Okuyama,Symposium Organizer 2007 Fall Meeting of Materials Research Society ( MRS ),2008年01月

  • 最優秀ポスター賞,K. Watanabe, M. Sohgawa, T. Kanashima, M. Okuyama, H. Noma,電気学会,2012年10月

  • The Excellent Presentation Award,Jung Min Park, S. Nakashima, M. Sohgawa, T. Kanashima, M. Okuyama,the 9th Korea-Japan Conference on Ferroelectrics,2012年08月

  • outstanding paper of ICAE 2011,Jung Min Park, Seiji Nakashima, Masayuki Sohgawa, Takeshi Kanashima, Masanori Okuyama,International Conference on Advanced Electromaterials (ICAE 2011),2011年11月

  • 平成21年電気学会全国大会優秀論文発表賞,美馬 達也, 大西 浩之, 寒川 雅之, 金島 岳, 奥山 雅則, 山下 馨, 野田 実, 野間 春生, 樋口 誠良,電気学会,2009年03月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 奥山大阪大教授講師に,中部経済新聞,2003年11月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • The 3rd International Forum on Sensing and Control Technology(北京・中国),Sensor researches in Japan,2005年10月

  • 11th International Meeting on Ferroelectricity(Invited),Characterization of Mltiferroic BiFeO3 Thin Films with Giant Polarization,2005年09月

  • Pac Rim 6(招待),Characterization of Mltiferroic BiFeO3 Thin Films with Giant Polarization Beyond 150uc/cm2,2005年09月

  • 第123回結晶工学分科会研究会「不揮発性メモリの現状と将来」(招待),強誘電体メモリ材料の新しい展開,2005年07月

  • 第97回電子セラミック・プロセス研究会(招待),強誘電体薄膜の水熱処理による低温作製と評価,2005年07月

全件表示 >>

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,13th Int. Confo on Solid-State Sensors, Actuators and Micro systems,国際組織委員会 委員,2005年06月

  • 国際会議,The 16th International Symposium on Integrated Ferroelectrics,Technical Program Committee,2004年04月

  • 国際会議,Internatona Conference on Solid State Devices and Materials,2003年09月

  • 国内重要会議,第20回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム,実行委員長,2003年07月

  • 国内重要会議,強誘電体応用会議,論文委員長,2003年05月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,Functual Material Letter,Editorial Board Member 編集委員,2008年01月 ~ 2010年12月

  • 学会,センシング技術応用研究会,副会長,2002年08月 ~ 継続中

  • 学会,次世代センサ協議会,理事、関西支部長,2000年07月 ~ 継続中

  • 学会,電気学会E準部門,監事,2000年06月 ~ 継続中

  • 学会,(社)電気学会,誘電体薄膜材料応用調査専門委員会委員長,2000年06月 ~ 2004年05月

全件表示 >>

 

その他の活動 【 表示 / 非表示

  • Sensors & Actuators A, Editor for Japan,2002年08月 ~ 2005年07月

  • Journal of Micromechanics and Microengineering , Editional Board Member,2001年05月 ~ 継続中