基本情報

写真b

榎本 文雄

ENOMOTO Fumio


キーワード

インド仏教学

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1999年08月01日 ~ 継続中,文学研究科 文化形態論専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 文学部 哲学科仏教学専攻 卒業 1976年03月
京都大学 文学研究科 宗教学 (仏教学)専攻 修了 文学修士 1978年03月
京都大学 文学研究科 宗教学 (仏教学)専攻 単位取得満期退学 1981年03月
京都大学 文学研究科  博士(文学) 2000年01月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会奨励研究員 1981年04月 ~ 1982年03月
京都大学助手 1982年04月 ~ 1984年03月
華頂短期大学専任講師 1984年04月 ~ 1991年03月
華頂短期大学助教授 1991年04月 ~ 1996年03月
大阪大学助教授 1996年04月 ~ 1999年07月
大阪大学教授 1999年08月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 初期仏教およびジャイナ教における基本的な諸概念の研究,仏教文献のサンスクリット写本の校訂出版,『雑阿含経』に対応するサンスクリット原典の研究
    中国哲学、印度哲学および仏教学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本南アジア学会

  • 東方学会

  • 日本仏教学会

  • 日本印度学仏教学会

  • パーリ学仏教文化学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 複数,榎本文雄,上座仏教事典,pp.64-65,涅槃pp.372-373,2016年10月,その他

  • セッションNo.3の発表に対するコメント,榎本文雄,日本佛教學會年報,81号,pp.254-256,2016年08月,その他

  • 初期仏教文献におけるprapañca (/ papañca),榎本文雄,日本印度学仏教学会第66回学術大会,2015年09月,会議報告/口頭発表

  • 初期仏典の形成と異宗教との共存,榎本文雄,東洋大学国際哲学研究センター連続研究会,2014年10月,大学・研究所等の報告

  • 初期のインド仏教文献の現代語訳をめぐる諸問題,榎本文雄,Transactions of the International Conference of Eastern Studies,59号,pp.76-78,2014年05月,国際会議(proceedingsあり)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 翻訳作品,スッタニパータ [釈尊のことば] 全現代語訳,荒牧典俊,本庄良文,榎本文雄,講談社,2015年04月

  • 専門著書,ブッダゴーサの著作に至るパーリ文献の五位七十五法対応語,榎本文雄,山喜房佛書林,2014年03月

  • 専門著書,不殺生(アヒンサー)の動機・理由─―インド仏教文献を主資料として─―,榎本文雄,龍谷大学現代インド研究センター,2013年04月

  • 専門著書,パーリ学仏教文化学,榎本文雄,パーリ学仏教文化学会,2012年12月

  • その他,'M(]E87CD[)lasarv(]E87BC[)stiv(]E87BC[)da' and 'Sarv(]E87BC[)stiv(]E87BC[)da',榎本文雄,,2000年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2014年度パーリ学仏教文化学会賞,榎本文雄,パーリ学仏教文化学会,2014年05月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,仏教史学会,評議員,2003年11月 ~ 継続中

  • 学会,東方学会,評議員,2003年09月 ~ 継続中

  • 学会,インド思想史学会,理事,2003年04月 ~ 継続中

  • 学会,パーリ学仏教文化学会,理事,1999年04月 ~ 継続中

  • 学会,日本印度学仏教学会,理事,1996年04月 ~ 継続中

全件表示 >>