基本情報

写真b

永妻 忠夫

NAGATSUMA Tadao


キーワード

ミリ波・テラヘルツ波フォトニクス

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-6335

FAX番号

06-6850-6335

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 システム創成専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

日本電信電話(株) 厚木電気通信研究所 1986年04月 ~ 1990年01月
日本電信電話(株) LSI研究所 主任研究員 1990年02月 ~ 1996年06月
日本電信電話(株) システムエレクトロニクス研究所 主幹研究員 1996年07月 ~ 1999年03月
日本電信電話(株) 通信エネルギー研究所 特別研究員 1999年04月 ~ 2002年06月
日本電信電話(株) マイクロシステムインテグレーション研究所 グループリーダ 2002年07月 ~ 2007年03月
早稲田大学大学院国際情報通信研究科 非常勤講師 2006年04月 ~ 継続中
大阪大学大学院基礎工学研究科 教授 2007年04月 ~ 継続中

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 米国電気電子学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 注入同期した共鳴トンネルダイオードテラヘルツ発振器の電場波形測定,有川 敬, 金 在瑛, 向井 俊和, 西上 直毅, 冨士田 誠之, 永妻 忠夫, 田中 耕一郎,2019年第66回 応用物理学会春季学術講演会, 11a-S421-4, 東京,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • 共鳴トンネルダイオードを用いたテラヘルツファイバ伝送(2)-フォトニック結晶インターフェースの導入-,兪 熊斌, 小幡 一智, 宮本 知幸, 細田 康雄2、金 在瑛, 冨士田 誠之, 永妻 忠夫,2019年第66回 応用物理学会春季学術講演会, 11p-S421-9, 東京,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • 共鳴トンネルダイオードを用いたテラヘルツファイバ伝送(1) -テラヘルツファイバの検討-,小幡 一智, 兪 熊斌, 金 在瑛, 冨士田 誠之, 永妻 忠夫, 宮本 知幸, 細田 康雄,応用物理学会春季学術講演会, 11p-S421-8, 東京,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • フォトニックトポロジカル絶縁体を用いたテラヘルツ導波路の実現,山神 雄一郎, Yang Yihao, 兪 熊斌, 冨士田 誠之, 永妻 忠夫, Singh Ranjan,2019年第66回 応用物理学会春季学術講演会, 11a-W631-8, 東京,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • 共鳴トンネルダイオード受信器を用いた直交振幅変調に基づく300 GHz帯無線通信,山本拓実, 岩本健汰, 西上直毅, 金 在瑛, 冨士田誠之, 永妻忠夫,電子情報通信学会総合大会, C-14-12, 東京,2019年03月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Photodetectors for Microwave Photonics (Chapter 9), in Photodetectors: Materials, Devices and Applications, Bahram Nabet ed,Tadao Nagatsuma,Woodhead Publishing,2015年11月

  • 専門著書,Handbook of Terahertz Technologies: Devices and Applications,Ho-Jin Song, Tadao Nagatsuma (編),Pan Stanford,2015年05月

  • 専門著書,Advances in Photodiodes: High-Power RF Uni-Traveling-CarrierPhotodiodes (UTC-PDs) and Their Applications (分担)(ISBN 978-953-307-163-3),T. Nagatsuma and H. Ito,InTech,2011年03月

  • 専門著書,テラヘルツ技術総覧,永妻忠夫(分担執筆),(有)エヌジーティー,2007年11月

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • 日本,定性定量分析方法、および定性定量分析システム,味戸克裕、久ヶ津直哉、上野祐子、芳賀恒之、永妻忠夫,特願2009-285195(出願),2009年12月

  • 日本,電磁波計測装置,味戸克裕、久ヶ津直哉、永妻忠夫,特願2009-196578(出願),2009年08月

  • 日本,電波利用型画像生成装置,味戸克裕、久ヶ津直哉、永妻忠夫,特願2009-196542(出願),2009年08月

  • 日本,溶解性分光測定方法及び溶解性分光測定装置 ,味戸克裕、上野祐子、芳賀恒之、久ヶ津直哉、永妻忠夫,特願2009-096875(出願),2009年04月

  • 日本,木材含水率同定装置および木材含水率同定方法,都甲浩芳、久ヶ津直哉、藤井義久、田中総一、藤原祐子、奥村正悟、永妻忠夫,特願2009-087280(出願),2009年03月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • IEEE Distinguished Microwave Lecturer (DML) ,永妻 忠夫,IEEE,2016年01月

  • 第4回 大阪大学総長顕彰,永妻 忠夫,大阪大学,2015年07月

  • IEEE Fellow,永妻忠夫, IEEE,2015年01月

  • Chair of Excellence,Tadao Nagatsuma,University CarlosⅢ of Madrid,2014年09月

  • Fellow of the Electro-magnetics Academy (FEMA),永妻忠夫,Electro-magnetics Academy,2014年08月

全件表示 >>

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,近畿総合通信局,テラヘルツ波帯の情報通信利用に関する調査検討会 座長,2009年09月 ~ 2011年08月

  • 学会,電子情報通信学会,電子情報通信学会 マイクロ波ミリ波フォトニクス(MWP)研究専門委員会 委員長,2009年05月 ~ 2011年03月

  • 学会,SCAT,テラヘルツ技術動向調査委員会 委員長,2009年01月 ~ 2009年03月

  • 学会,日本学術会議,日本学術会議URSI分科会 D小委員会 委員長,2008年12月 ~ 継続中

  • 学会,IEEE,Steering Committee Member of International Conference on Microwave Photonics 組織委員,2008年10月 ~ 継続中

全件表示 >>