基本情報

写真b

永井 義隆

NAGAI Yoshitaka


キーワード

神経内科学、神経科学、分子生物学、生化学、遺伝医学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-3564

FAX番号

06-6879-3569

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2001年03月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助手,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2007年04月30日,医学系研究科 予防環境医学専攻,助教,専任

  • 2007年05月01日 ~ 2008年09月30日,医学系研究科 予防環境医学専攻,准教授,専任

  • 2016年01月01日 ~ 継続中,医学系研究科,寄附講座教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 医学部 医学科 卒業 1990年03月
大阪大学 医学研究科  修了 1995年03月

職歴 【 表示 / 非表示

Duke University Medical Center, Research Associate 1997年07月 ~ 2000年03月
日本学術振興会特別研究員 2000年04月 ~ 2001年02月
大阪大学・助手 2001年03月 ~ 2007年04月
大阪大学・准教授 2007年05月 ~ 2008年09月
国立精神・神経医療研究センター神経研究所・室長 2008年10月 ~ 2015年12月
大阪大学・寄附講座教授 2016年01月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 神経変性疾患の発症機構の解明、治療法の開発
    神経内科学関連,神経機能学関連

  • ミスフォールド蛋白質によるコンフォメーション病の病態解明

    神経内科学関連,神経機能学関連,病態医化学関連

  • アミロイド形成の分子機構の解明とその阻害法の研究

    分子生物学関連,神経内科学関連

  • 蛋白質品質管理機構の解明
    細胞生物学関連,分子生物学関連

  • マイクロサテライトリピート病の発症機構の解明、治療法の開発
    神経内科学関連,神経機能学関連,分子生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経学会

  • 日本認知症学会

  • 日本神経科学会

  • 日本神経化学会

  • 日本人類遺伝学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A toxic monomeric conformer of the polyglutamine protein.,Nagai Y., Inui T., Popiel H.A., Fujikake N., Hasegawa K., Urade Y., Goto Y., Naiki H., Toda T.,Nature Structural & Molecular Biology,14(4) 332-340,2007年04月,学術論文

  • Intercellular chaperone transmission via exosomes contributes to maintenance of protein homeostasis at the multicellular organismal level.,Takeuchi T., Suzuki M., Fujikake N., Popiel H.A., Kikuchi H., Futaki S., Wada K., Nagai Y.,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,112(19) E2497-2506,2015年05月,学術論文

  • Glucocerebrosidase deficiency accelerates an accumulation of proteinase K-resistant α-synuclein and aggravates neurodegeneration in a Drosophila model of Parkinson's disease.,Suzuki M., Fujikake N., Takeuchi T., Kohyama-Koganeya A., Nakajima K., Hirabayashi Y., Wada K., Nagai Y.,Human Molecular Genetics,24(23) 6675-6686,2015年12月,学術論文

  • Prevention of polyglutamine oligomerization and neurodegeneration by the peptide inhibitor QBP1 in Drosophila.,Nagai Y., Fujikake N., Ohno K., Higashiyama H., Popiel H. A., Rahadian J., Yamaguchi M., Strittmatter W. J., Burke J. R. and Toda T.,Human Molecular Genetics,12(11) 1253-1260,2003年06月,学術論文

  • Arginine is a disease modifier of polyQ disease models that stabilizes polyQ protein conformation.,Minakawa E.N., Popiel H.A.(equal contribution), Tada M., Takahashi T., Yamane H., Saitoh Y., Takahashi Y., Ozawa D., Takeda A., Takeuchi T., Okamoto Y., Yamamoto K., Suzuki M., Fujita H., Ito C., Yagihara H., Saito Y., Watase K., Adachi H., Katsuno M. Mochizuki H., Shiraki K., Sobue G., Toda T., Wada K., Onodera O., *Nagai Y.,Brain,in press,2020年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,タンパク質のアモルファス凝集と溶解性―基礎研究からバイオ産業・創薬研究への応用まで-,小澤大作、武内敏秀、永井義隆,シーエムシー出版,ISBN,978-4-7813-1397-9,2019年02月

  • 専門著書,希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価,武内敏秀、永井義隆,技術情報協会,ISBN,978-4-86104-726-8,2018年11月

  • 専門著書,Adv Exp Med Biol. "Drosophila Models for Human Diseases",Ueyama M., *Nagai Y. ,Springer Publishers, Inc.,ISBN,978-9811305283,2018年07月

  • 専門著書,動物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法,皆川栄子、永井義隆,技術情報協会,2017年08月

  • 専門著書,パラダイムシフトをもたらすエクソソーム機能研究最前線(落谷孝広監修),武内敏秀、永井義隆,エヌ・ティー・エス,2017年03月

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,Compounds that selectively bind to expanded polyglutamine domains and methods of use thereof.,James R. Burke, Warren J. Strittmatter, Yoshitaka Nagai.,6632616(登録),2001年02月,2003年10月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度日本認知症学会学会賞,永井義隆,日本認知症学会,2016年12月

  • 平成15年度日本神経化学会最優秀奨励賞,永井義隆,日本神経化学会,2003年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • 神経難病、サルで再現,毎日新聞,2017年04月

  • ALSなど神経難病、核酸・結合たんぱく質の均衡が関与−東京医科歯科大,日刊工業新聞,2017年03月

  • パーキンソン病発症 糖脂質の蓄積が関与 NCNP、理研,化学工業日報,2015年09月

  • 細胞が放出「エクソソーム」 がん進行・転移に関与 情報物質の「運び役」 神経疾患の発症抑制も,日本経済新聞,2015年06月

  • ハンチントン病など神経難病-発症、仕組み解明,朝日新聞,2007年03月

全件表示 >>