基本情報

写真b

稲野辺 厚

INANOBE Atsushi


キーワード

薬理学,生理学,生化学,構造生物学

メールアドレス

メールアドレス

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2002年03月01日 ~ 2005年03月31日,医学系研究科,助手,専任

  • 2005年04月01日 ~ 2007年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,助教授,専任

  • 2007年04月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 病態制御医学専攻,准教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東北大学 理学部 生物学科 卒業 1989年03月
東京工業大学 総合理工学研究科 生命科学専攻 修了 1991年03月
東京工業大学 総合理工学研究科 生命科学専攻 修了 1994年03月

職歴 【 表示 / 非表示

山形大学寄附講座教員 1994年04月 ~ 1997年03月
大阪大学大学院医学系研究科 1997年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 膜イオン輸送体起因性疾患の発症機構の解析と治療方策の開発
    薬理学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本薬理学会

  • 日本生理学会

  • 米国生物物理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • An Epithelial Ca2+-Sensor Protein is an Alternative to Calmodulin to Compose Functional KCNQ1 Channels.,Inanobe A, Tsuzuki C, Kurachi Y,Cellular Physiology and Biochemistry,36 (5), 1847-1861,2015年07月,学術論文

  • Kir Channel Blockages by Proflavine Derivatives via Multiple Modes of Interaction.,Inanobe A, Itamochi H, Kurachi Y,Moleculara Pharmacology,93(6) 592-600,2018年01月,学術論文

  • Isolation of Proflavine as a Blocker of G Protein-Gated Inward Rectifier Potassium Channels by a Cell Growth-Based Screening System,Kawada H., Inanobe A. Kurachi Y.,Neuropharmacology,109 18-28,2016年10月,学術論文

  • Isolation of proflavine as a blocker of G protein-gated inward rectifier potassium channels by a cell growth-based screening system.,Kawada H, Inanobe A, Kurachi Y.,Neuropharmacology,109, 18-28,2016年10月,学術論文

  • アセチルコリン感受性カリウム電流における短期脱感作のシミュレーション解析,村上 慎吾, 稲野辺 厚, 倉智 嘉久,Jpn J Electrocardiology,35, 4, 245-257,2016年03月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Direct regulation of ion channels by G proteins.,Inanobe A, Kurachi Y,Academic Press,ISBN,9780123877383,2011年12月

  • 専門著書,Kir3 family,Inanobe A, Kurachi Y,Oxford University Press,ISBN,0199296750,2009年11月

  • 専門著書,Direct regulation of ion channels by G proteins,Inanobe A, Kurachi Y,Academic Press,ISBN,9780080574554,2001年02月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第341回CBI学会研究講演会,リガンド作動性カリウムチャネルの開閉調節機構:分子内ドメイン間のallosteric couplingを支えるリガンド受容ドメイン内の構造変化,2013年08月

  • 生理学研究所研究会 超階層シグナル伝達研究の新展開,内向き整流性カリウムチャネルにおけるG蛋白質結合とゲート開閉の共役,2013年10月