基本情報

写真b

稲垣 忍

INAGAKI Shinobu


キーワード

Neuroscience

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-2581

FAX番号

06-6879-2581

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 1994年04月01日 ~ 2003年03月31日,医学部,教授,専任

  • 2003年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 保健学専攻,教授,専任

職歴 【 表示 / 非表示

大阪大学医学部助手 1982年07月 ~ 1984年07月
広島大学医学部講師 1984年07月 ~ 1988年03月
大阪市立大学医学部助教授 1988年04月 ~ 1994年03月
大阪大学医学部保健学科教授 1994年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 寿命老化とインシュリンシグナル
    生命・健康・医療情報学

  • 記憶関連分子SFAP75の細胞死制御の分子機構

    神経化学・神経薬理学

  • 神経再生におけるオリゴデンドロサイトの役割
    神経化学・神経薬理学

  • 細胞運動と神経回路・シナプス形成
    神経生理学・神経科学一般

  • 神経回路形成の分子機構

    神経生理学・神経科学一般

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本細胞生物学会

  • 日本解剖学会

  • 日本生化学会

  • 日本神経化学会

  • 日本神経科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Involvement of ARHGEF10, GEF for RhoA, in Rab6/ Rab8-mediating membrane traffic,Shibata S, Teshima, Y, Niimi K, Inagaki S,,Small GTPases,27:1-9,2017年04月,解説・総説

  • Homology analysis detects topological changes of Iba1 localization accompanied by microglial activation.,3. Sawano T, Tsuchihashi R, Morii E, Watanabe F, Nakane K, Inagaki S,,Neuroscience,8;346:43-51,2017年01月,学術論文

  • ARHGEF10 directs the localization of Rab8 to Rab6-positive executive vesicles,Shibata S, Kawanai T, Hara T, Yamamoto A, Chaya T, Tokuhara Y, Tsuji C, Sakai M, Tachibana T, Inagaki S,,J Cellular Science,129(19):3620-3634,2016年10月,学術論文

  • Absence of Sema4D improves oligodendrocyte recovery after cerebral ischemia/reperfusion injury in mice,Wada T, Sawano T, Tanaka T, Furuyama T, Fukumoto M, Yamaguchi W, Saino O, Takeda Y, Kogo M, Matsuyama T, Inagaki S,,Neuroscience Research,108:6-11,2016年07月,学術論文

  • Effect of Sema4D on microglial function in middle cerebral artery occlusion mice,Sawano T, Watanabe F, Ishiguchi M, Doe N, Furuyama T, Inagaki S,,Glia,63 2249-2259,2015年07月,学術論文

全件表示 >>