基本情報

写真b

磯 博康

ISO Hiroyasu


キーワード

生活習慣病の疫学、予防

メールアドレス

メールアドレス

FAX番号

06-6879-3919

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2005年07月01日 ~ 2011年03月31日,医学系研究科 予防環境医学専攻,教授,専任

  • 2011年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

筑波大学 医学系研究科 環境生態系 修了 医学博士 1986年03月
米国ミネソタ大学大学院 公衆衛生学疫学  卒業 公衆衛生学修士 1988年06月

職歴 【 表示 / 非表示

米国ミネソタ大学公衆衛生学疫学 研究員(Fulbright Program 奨学生) 1988年06月 ~ 1988年08月
大阪成人病センター集団検診I部 技術吏員 1988年09月 ~ 1990年03月
筑波大学講師  社会医学系 1990年04月 ~ 1993年05月
筑波大学助教授 社会医学系 1993年06月 ~ 2002年01月
米国ハーバード大学医学部客員准教授(文部省海外の中核的研究拠点への派遣研究者) 1996年03月 ~ 1997年03月
茨城県立水戸看護専門学院非常勤講師 1997年04月 ~ 2003年03月
鳥取大学非常勤講師 2001年04月 ~ 2003年03月
茨城県立健康科学センター非常勤医師 2001年07月 ~ 2005年06月
筑波大学教授 社会医学系 2002年02月 ~ 2004年08月
茨城県立医療大学非常勤講師 2003年04月 ~ 継続中
筑波大学大学院教授 人間総合科学研究科 社会健康医学 2004年09月 ~ 2005年06月
大阪大学 教授 2005年07月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 生活習慣病の疫学、予防
    衛生学および公衆衛生学分野関連:実験系を含む

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動脈硬化学会(評議員)

  • 日本衛生学会

  • 日本脳卒中学会(幹事)

  • 日本循環器予防学会(理事・編集委員・学術集会プログラム委員)

  • 日本疫学会(理事)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Retinal Vascular Changes and Prospective Risk of Disabling Dementia: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).,Jinnouchi H, Kitamura A, Yamagishi K, Kiyama M, Imano H, Okada T, Cui R, Umesawa M, Muraki I, Hayama-Terada M, Kawasaki R, Sankai T, Ohira T, Iso H; CIRCS Investigators.,J Atheroscler Thromb.,24(7):687-695.,2017年07月,学術論文

  • Association between markers of arterial stiffness and atrial fibrillation in the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).,Cui R, Yamagishi K, Muraki I, Hayama-Terada M, Umesawa M, Imano H, Li Y, Eshak ES, Ohira T, Kiyama M, Okada T, Kitamura A, Tanigawa T, Iso H; CIRCS investigators.,Atherosclerosis,263:244-248,2017年06月,学術論文

  • Impact of Hypertension and Subclinical Organ Damage on the Incidence of Cardiovascular Disease Among Japanese Residents at the Population and Individual Levels - The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).,Kitamura A, Yamagishi K, Imano H, Kiyama M, Cui R, Ohira T, Umesawa M, Muraki I, Sankai T, Saito I, Iso H; CIRCS Investigators. ,Circ J,81(7):1022-1028,2017年06月,学術論文

  • Impact of Hypertension and Subclinical Organ Damage on the Incidence of Cardiovascular Disease Among Japanese Residents at the Population and Individual Levels - The Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS).,Kitamura A, Yamagishi K, Imano H, Kiyama M, Cui R, Ohira T, Umesawa M, Muraki I, Sankai T, Saito I, Iso H; CIRCS Investigators.,Circ J,81(7):1022-1028,2017年06月,学術論文

  • Serum α-linolenic and other ω-3 fatty acids, and risk of disabling dementia: Community-based nested case-control study.,Yamagishi K, Ikeda A, Chei CL, Noda H, Umesawa M, Cui R, Muraki I, Ohira T, Imano H, Sankai T, Okada T, Tanigawa T, Kitamura A, Kiyama M, Iso H; CIRCS Investigators.,Clin Nutr,36(3):793-797,2017年06月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,長寿の法則~悪習慣はいい習慣にトレード!,磯博康,角川書店,2009年05月

  • 専門著書,地域における循環器疾患の疫学研究と予防対策の発展 秋田・大阪における40年のあゆみ,磯博康,大平哲也,他,日本公衆衛生協会,2007年05月

  • 教科書,これからの公衆衛生学,磯博康、丸山広達、久保田芳美、大平哲也,南江堂,2010年02月

  • 専門著書,日本における健康障害の栄養・食料的背景/保健政策の歴史と栄養問題 臨床栄養医学,磯博康,西出緑,丸山広達,南山堂,2009年10月

  • 教科書,アンチエイジング(抗加齢)医学の臨床 アンチエイジング心血管疾患予防の食事ガイドライン. アンチエイジング医学の基礎と臨床,磯博康,丸山広達,他,株式会社メディカルビュー社,2008年11月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学国際シンポジウム~次世代医学アカデミア・データセンター情報基盤構築を目指して~,座長,2015年02月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,日米における公衆衛生大学院の現状と今後の展望,大会委員長,2008年01月

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 国・地方公共団体,大阪府,健康福祉部公の施設指定管理候補者選定委員会委員,2009年01月 ~ 2009年03月

  • 国・地方公共団体,内閣府,食品安全委員会専門委員,2007年09月 ~ 継続中

  • 学会,(社)日本腎臓学会,慢性腎臓病対策委員会疫学調査ワーキンググループ委員,2007年08月 ~ 2008年03月

  • 国・地方公共団体,大阪府立健康科学センター,大阪府立健康科学センター研究評価委員会委員,2007年07月 ~ 2009年03月

  • 国・地方公共団体,厚生労働省健康局,国民健康・栄養調査企画解析検討会 構成員,2007年06月 ~ 継続中

全件表示 >>