基本情報

写真b

立花 誠

Tachibana Makoto


キーワード

発生・分化、エピジェネティクス、遺伝子発現制御

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月01日 ~ 継続中,生命機能研究科 生命機能専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 農学部 農芸化学科 卒業 1990年03月
東京大学 農学生命科学研究科  修了 1995年03月

職歴 【 表示 / 非表示

三菱化学生命化学研究所 ポスドク 1995年04月 ~ 1997年04月
日本ロシュ研究所 研究員 1997年05月 ~ 1998年05月
京都大学ウイルス研究所 助手 1998年08月 ~ 2005年08月
京都大学ウイルス研究所 助教授 2005年09月 ~ 2013年12月
科学技術振興機構さきがけ「エピジェネティクスの制御と生命機能」 研究者 2009年10月 ~ 2013年03月
徳島大学疾患酵素学研究センター 教授 2013年12月 ~ 2016年03月
徳島大学先端酵素学研究所 教授 2016年04月 ~ 2018年09月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子改変マウスやマウス胚性幹細胞などを用い、ほ乳類の個体発生や細胞分化におけるエピジェネティック制御の機能を明らかにする研究を進めています。最近では、性決定や生殖細胞の分化などのほ乳類の生殖過程に焦点を当てつつ、これらの事象におけるヒストン修飾の役割に関する研究を展開しています。
    分子生物学関連,ゲノム生物学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本エピジェネティクス研究会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Caspase-8, receptor-interacting protein kinase 1 (RIPK1), and RIPK3 regulate retinoic acid-induced cell differentiation and necroptosis.,Masataka Someda, Shunsuke Kuroki, Hitoshi Miyachi, Makoto Tachibana, Shin Yonehara,Cell death and differentiation,27(5) 1539-1553,2020年05月,学術論文

  • TET2 catalyzes active DNA demethylation of the Sry promoter and enhances its expression.,Naoki Okashita, Shunsuke Kuroki, Ryo Maeda, Makoto Tachibana,Scientific reports,9(1) 13462-13462,2019年09月,学術論文

  • Role of epigenetic regulation in mammalian sex determination.,Miyawaki S, Tachibana M,Current topics in developmental biology,134 195-221,2019年04月,その他

  • Histone H3K9 Methyltransferase G9a in Oocytes Is Essential for Preimplantation Development but Dispensable for CG Methylation Protection.,Au Yeung WK, Brind'Amour J, Hatano Y, Yamagata K, Feil R, Lorincz MC, Tachibana M, Shinkai Y, Sasaki H,Cell reports,27(1) 282-293.e4,2019年04月,その他

  • G9a-dependent histone methylation can be induced in G1 phase of cell cycle.,Fukuda M, Sakaue-Sawano A, Shimura C, Tachibana M, Miyawaki A, Shinkai Y,Scientific reports,9(1) 956,2019年01月,その他

全件表示 >>