基本情報

写真b

日向 伸介

Hinata Shinsuke


キーワード

タイ近現代史

メールアドレス

メールアドレス

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,言語文化研究科 言語社会専攻,助教,専任

  • 2019年04月01日 ~ 継続中,言語文化研究科 言語社会専攻,講師,専任

学歴 【 表示 / 非表示

早稲田大学 第一文学部 英文学専修 卒業 学士(文学) 2006年03月
京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻 修了 修士(地域研究) 2014年03月
京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 東南アジア地域研究専攻 修了 博士(地域研究) 2017年03月

職歴 【 表示 / 非表示

静岡大学 国際連携推進機構 特任助教 2015年01月 ~ 2018年03月
京都大学 人文科学研究所 非常勤研究員 2014年04月 ~ 2014年12月
日本学術振興会 特別研究員(DC) 2012年04月 ~ 2014年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 地域研究
    地域研究関連

  • アジア史・アフリカ史
    アジア史およびアフリカ史関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 東南アジア学会

  • 日本タイ学会

  • 全日本博物館学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 近代タイにおける考古学行政の導入過程:第一次世界大戦と「古物調査・保存に関する布告」(1924)を契機として,日向 伸介,アジア・アフリカ地域研究,18(2) 113-134,2019年03月,学術論文

  • ダムロン親王『シャム仏蹟史』(1926)の成立と思想,日向 伸介,南方文化,40 51-69,2013年12月,学術論文

  • ラーマ7世王治世期のバンコク国立博物館に関する一考察 : ダムロン親王の役割に着目して,日向 伸介,東南アジア:歴史と文化,(41) 30-60,2012年04月,学術論文

著書 【 表示 / 非表示

  • 一般著書,『東南アジア文化事典』,信田 敏宏ほか(編),丸善,2019年11月

  • 一般著書,『タイを知るための72章』,綾部 真雄(編),明石書店,2014年07月

  • 翻訳作品,『タイ政治・行政の変革:1991-2006年』,玉田 芳史、船津 鶴代(編),日本貿易振興会アジア経済研究所,2008年02月

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本タイ学会,日本タイ学会理事,2019年04月 ~ 2021年03月

  • 学会,東南アジア学会,東南アジア学会第27期編集委員,2017年04月 ~ 2019年03月

  • 学会,東南アジア学会,東南アジア学会第26期編集委員,2015年04月 ~ 2017年03月