基本情報

写真b

山野 範子

YAMANO Noriko


キーワード

動物細胞工学

メールアドレス

メールアドレス

性別

女性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2017年12月01日 ~ 2018年07月31日,工学研究科 生命先端工学専攻,特任助教(常勤),専任

  • 2018年08月01日 ~ 継続中,工学研究科 生命先端工学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 生命機能研究科 生命機能専攻 修了 博士(理学) 2010年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物細胞工学会

  • 化学工学会

  • 日本技術士会

  • 日本生物工学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • EGCG improves recombinant protein productivity in Chinese hamster ovary cell cultures via cell proliferation control,Noriko Yamano, Takeshi Omasa,Cytotechnology,in press,2018年08月,学術論文

  • Analysis of intracellular IgG secretion in Chinese hamster ovary cells to improve IgG production,Kohei Kaneyoshi, Keiji Uchiyama, Masayoshi Onitsuka, Noriko Yamano, Yuichi Koga, Takeshi Omasa,Journal of Bioscience and Bioengineering,in press,2018年07月,学術論文

  • トレハローストランスポーター発現CHO細胞を用いたトレハロース含有培地における高凝集性抗体の凝集抑制,鎌田 祥平,鬼塚 正義, 黄川田 隆洋,山野 範子, 古賀 雄一,大政 健史,化学工学会第83年会,2018年03月,会議報告/口頭発表

  • トレハローストランスポーター発現CHO細胞を用いたトレハロース含有培地における高凝集性抗体の凝集抑制,鎌田祥平,鬼塚正義,黄川田隆洋,山野範子,古賀雄一,大政健史,化学工学会第83年会,2018年03月,会議報告/口頭発表

  • 組換えタンパク質生産細胞の培養―新規細胞株の樹立と解析―,山野範子,大政健史,第38回日本動物細胞工学会シンポジウム「細胞培養技術の今」,2018年03月,会議報告/口頭発表

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,創薬のための細胞利⽤技術の最新動向と市場 <監修:古江(楠田)美保・関野祐子> 第I編 技術動向(基礎編) 第2章 細胞利用の基盤技術 1. 創薬分野への応用のためのセルエンジニアリング,山野範子, 大政健史,シーエムシー・リサーチ,2018年05月

  • 専門著書,月刊 PharmStage 第17巻 第4号 特集2 抗体医薬品の生産コスト削減への取り組み CHO細胞における組換えタンパク質生産性向上技術の開発,山野範子,大政健史,技術情報協会,2017年07月

  • 専門著書,第68回 日本生物工学会大会トピックス集,山野範子,大政健史,日本生物工学会,2016年08月

作品 【 表示 / 非表示

  • RCB5004,山野範子、巌倉正寛、大政健史,RIKEN BRC,2018年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • YABEC2017 Poster Award,Noriko Yamano,Asian Federation of Biotechnology,2017年10月

  • 第25回生物工学論文賞,Noriko Yamano, Mai Takahashi, Seyed Mohammad Ali Haghparast, Masayoshi Onitsuka, Toshitaka Kumamoto, Jana Frank and Takeshi Omasa,日本生物工学会,2017年09月

  • 第68回日本生物工学会大会トピックス,山野範子,大政健史,日本生物工学会,2016年09月

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大と徳島大、増殖が速い日本オリジナルCHL細胞株を生物工学会で発表 ,日経バイオテク,2016年09月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第38回日本動物細胞工学会シンポジウム,細胞培養技術の今,2018年03月

  • 第4回SBJシンポジウム,生物工学における製造可能性の最新動向とその展開,2017年05月

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国内重要会議,第30回日本動物細胞工学会2017年度大会 (JAACT2017),シンポジウムオーガナイザー:シンポジウム3「次世代製造を見据えたセル&セルエンジニアリング」,2017年07月

  • 国際会議,The 29th Annual and International Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (JAACT2016 Kobe),実行委員,2016年11月

  • 国際会議,The International Symposium on Food, Nutrition and Vascular Function 2013,運営スタッフ,2013年12月

  • 国内重要会議,第121回日本薬理学会近畿部会,運営スタッフ 学会事務局担当,2012年06月

  • 国際会議,The International Symposium on Food, Nutrition and Vascular Function 2012,運営スタッフ,2012年03月

全件表示 >>

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本生物工学会次世代アニマルセルインダストリー研究部会,委員,2018年05月 ~ 継続中

  • 学会,化学工学会バイオ部会,庶務幹事,2018年04月 ~ 継続中