基本情報

写真b

白石 都

SHIRAISHI Miyako


キーワード

アーキア, DNA修復

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6850-6219

FAX番号

06-6850-6240

URL

http://www.chem.es.osaka-u.ac.jp/bio/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2017年09月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

九州大学 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻 修了 博士(農学) 2017年03月
九州大学 生物資源環境科学府 生命機能科学専攻 修了 2014年03月
九州大学 農学部 生物資源環境科学科 卒業 2012年03月

職歴 【 表示 / 非表示

九州大学大学院 農学研究院 特定学術研究者 2017年04月 ~ 2017年08月
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・訪問研究者 2014年05月 ~ 2016年12月
日本学術振興会 特別研究員 DC1 2014年04月 ~ 2017年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 超好熱性アーキアPyrococcus furiosusの細胞抽出液から近年発見された新規タンパク質、Endonuclease Q (EndoQ)の生化学的性質解析を進めている。EndoQは脱アミノ化した損傷塩基(ウラシル、ヒポキサンチン、キサンチン)や脱塩基部位を特異的に認識し、その5′側のDNA鎖を切断し、クランプ分子であるPCNAと相互作用することも明らかとなっている。EndoQの発見のこれまでの生化学的解析結果により、脱アミノ化が促進される極限環境下に生息する微生物が発展させてきた、効率的なDNA修復機構の存在が示唆されている。しかし、実際の細胞内でどのように損傷塩基の除去されているかなど、EndoQが介する修復経路についてはほとんど理解が進んでいない。本研究はEndoQ相互作用因子の同定をはじめとして、EndoQが介する修復経路の基礎的分子機構の理解を促進し、極限環境微生物に特徴的な遺伝子恒常性維持システムを考察する。
    応用生物化学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • The mesophilic archaeon Methanosarcina acetivorans counteracts uracil in DNA with multiple enzymes: EndoQ, ExoIII, and UDG.,Shiraishi M, Ishino S, Heffernan M, Cann I, Ishino Y,Scientific reports,8(1) 15791,2018年10月,その他

  • Fluorescence detection of DNA mismatch repair in human cells,Shunsuke Ito, Miyako Shiraishi, Kazuki Tsuchihashi, Reine Takatsuka, Junpei Yamamoto, Isao Kuraoka, Shigenori Iwai,Scientific Reports,8 12181,2018年08月,学術論文

  • A functional endonuclease Q exists in the bacterial domain: identification and characterization of endonuclease Q from Bacillus pumilus.,Shiraishi M, Ishino S, Cann I, Ishino Y,Bioscience, biotechnology, and biochemistry,81(5) 931-937,2017年05月,その他

  • PCNA is involved in the EndoQ-mediated DNA repair process in Thermococcales.,Shiraishi M, Ishino S, Yoshida K, Yamagami T, Cann I, Ishino Y,Scientific reports,6 25532,2016年05月,その他

  • EndoQ and EndoV work individually for damaged DNA base repair in Pyrococcus furiosus.,Ishino S, Makita N, Shiraishi M, Yamagami T, Ishino Y,Biochimie,118 264-269,2015年11月,その他

全件表示 >>

特許・実用新案・意匠 【 表示 / 非表示

  • アメリカ,新規DNA分解酵素,石野良純, 石野園子, 白石都,14/890,009(出願),2013年05月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度生物資源環境科学府賞,白石 都,九州大学 生物資源環境科学府,2017年03月

  • 九州大学学生表彰受賞,白石 都,九州大学,2017年03月

  • 平成28年度日本農芸化学会西日本支部奨励賞(学生の部),白石 都,日本農芸化学会西日本支部,2017年01月

  • 国際極限環境生物学会 ポスター賞,白石 都,国際極限環境生物学会,2016年09月

  • 2013 年日本蛋白質科学会 若手ポスター賞受賞,白石 都,日本蛋白質科学会,2013年06月