基本情報

写真b

小山 佳久

Koyama Yoshihisa


キーワード

神経

電話番号

06-6879-3124

FAX番号

06-6879-3129

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,国際医工情報センター,助教,兼任

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経化学会

  • 日本解剖学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Molecular mechanisms of Wischnewski spot development on gastric mucosa in fatal hypothermia: an experimental study in rats,Chihpin Yang, Kana Sugimoto, Yukie Murata, Yuichiro Hirata, Yu Kamakura, Yoshihisa Koyama, Yohei Miyashita, Kentaro Nakama, Kazuma Higashisaka, Kazuo Harada, Ryuichi Katada, Hiroshi Matsumoto,Scientific Reports,10(1),2020年12月,http://www.nature.com/articles/s41598-020-58894-8,学術論文

  • Myeloid-Derived Suppressor Cells Infiltrate the Brain and Suppress Neuroinflammation in a Mouse Model of Focal Traumatic Brain Injury. ,Hosomi S, Koyama Y, Watabe T, Ohnishi M, Ogura H, Yamashita T, Shimazu T.,Neuroscience,406 457-466,2019年05月,学術論文

  • Yokukansan-induced reduction of ethanol preference is associated with antagonism of 5-HT3 receptors,Nakamura Y, Kondo M, Koyama Y, Shimada S. ,Phytomedicine,2019年03月,学術論文

  • Distinctive expression pattern of Peg10 in the mouse brain, Hisafumi Chikamori, Yusuke Ishida1, Yukiko Nakamura, Yoshihisa Koyama, Shoichi Shimada,European Journal of Anatomy,23(5) 361-368,2019年03月,学術論文

  • SR 57227A is a partial agonist/partial antagonist of 5-HT3 receptor and inhibits subsequent 5-HT- or SR 57227A-induced 5-HT3 receptor current.,Nakamura Y, Kondo M, Koyama Y, Shimada S. ,Biochem Biophys Res Commun.,508(2) 590-596,2019年01月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,脳21 vol17 (1) P111-P116:最新の初代培養神経細胞染色法~蛍光ゴルジ染色法~,小山佳久,金芳堂,ISBN,978-4-7653-1590-6,2014年01月

  • 専門著書,改訂第5版 新遺伝子工学ハンドブック P147-P154:組織切片in situハイブリダイゼーション,小山佳久,遠山正彌,羊土社,ISBN,978-4-7581-0177-6,2010年11月

  • その他,脳21 vol13 (4) P69-P74:最近のin situ hybridization法の進歩―低分子RNA検出を中心として―(2),小山佳久,宮田信吾,遠山正彌,金芳堂,ISSN,13440128,2010年10月

  • その他,脳21 vol13 (3) P82-P86:最近のin situ hybridization法の進歩―低分子RNA検出を中心として―(1,小山佳久,宮田信吾,遠山正彌,金芳堂,ISBN,978-4-7653-1443-5,2010年07月

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第25回PET分子イメージングセミナー,酸化ストレスを標的とした新たな治療ー新規抗酸化剤の開発ー,2019年05月