基本情報

写真b

木村 淳

KIMURA Jun


キーワード

惑星科学,惑星地質学,惑星物理学

URL

http://www.astroboy-jp.com/junkim/

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年10月01日 ~ 継続中,理学研究科 宇宙地球科学専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修了 博士(理学) 2004年11月

職歴 【 表示 / 非表示

東京大学地震研究所・研究員 2004年12月 ~ 2007年09月
宇宙航空研究開発機構(JAXA)・招聘研究員 2007年10月 ~ 2009年02月
北海道大学・博士研究員 2009年03月 ~ 2013年03月
東京工業大学地球生命研究所(ELSI)・WPI研究員 2013年04月 ~ 2016年09月
大阪大学・助教 2016年10月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 惑星科学(惑星地質学,惑星物理学,惑星進化学),宇宙生命学をキーワードに,氷に覆われた天体(氷衛星や氷準惑星など)を主なターゲットとして表層のテクトニクスや内部構造と進化,そしてハビタビリティ(生命可居住性)について,数値計算と惑星探査を用いた研究を行っている.
    固体地球科学関連,天文学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本惑星科学会

  • 日本天文学会

  • 米国地球物理学会 (American Geophysical Union)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Science Objectives of the Ganymede Laser Altimeter (GALA) for the JUICE mission,J. Kimura, H. Hussmann, S. Kamata, K. Matsumoto, J. Oberst, G. Steinbrugge, A. Stark, K. Gwinner, S. Oshigami, N. Namiki, K. Lingenauber, K. Enya, K. Kuramoto, and S. Sasaki,Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,2019年06月,学術論文

  • Feasibility of the exploration of the subsurface structures of Jupiter's icy moons by interference of Jovian hectometric and decametric radiation,A. Kumamoto, Y. Kasaba, F. Tsuchiya, H. Misawa, H. Kita, W. Puccioy, J.-E. Wahlundy, J. Bergmany, B. Cecconi, Y. Gotox, J. Kimura, and T. Kobayashi,Planetary Radio Emissions VIII,2018年12月,学術論文

  • 地球外生命探査,木村淳, 山岸明彦,日本物理学会誌,第72巻, 第2号, 111-120,2017年02月,学術論文

  • Tidal deformation of Ganymede: Sensitivity of Love numbers on the interior structure,S. Kamata, J. Kimura, Koji Matsumoto, F. Nimmo, K. Kuramoto and N. Namiki,Jounal of Geophysical Research,121 1362-1375,2016年07月,学術論文

  • A Strategy for Origins of Life Research,C. Scharf, N. Virgo, H. J. Cleaves II, J. Kimura and 33 coauthors,Astrobiology,15 1031-1042,2015年12月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,地形の辞典,木村淳他,朝倉書店,ISBN,978-4-254-16063-5 C3544,2017年02月

  • 辞典,系外惑星の事典,木村淳他,朝倉書店,ISBN,978-4-254-15021-6 C3544,2016年09月