基本情報

写真b

荒木 保弘

ARAKI Yasuhiro


キーワード

オートファジーの分子機構

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,歯学研究科 口腔科学フロンティアセンター,助教,専任

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Starvation-induced autophagy via calcium-dependent TFEB dephosphorylation is suppressed by Shigyakusan.,Ikari S, Lu SL, Hao F, Imai K, Araki Y, Yamamoto YH, Tsai CY, Nishiyama Y, Shitan N, Yoshimori T, Otomo T, Noda T,PloS one,15(3) e0230156,2020年04月,学術論文

  • 栄養を感知して細胞成長を促すTORC1の制御機構,荒木保博, 野田健司,生産と技術,71(3) 77-80,2019年07月,http://seisan.server-shared.com/713/713-77.pdf,解説・総説

  • Gtr/Ego-independent TORC1 activation is achieved through a glutamine-sensitive interaction with Pib2 on the vacuolar membrane.,Ukai H, Araki Y, Kira S, Oikawa Y, May AI, Noda T,PLoS genetics,14(4) e1007334,2018年04月,学術論文

  • Quantitative Assay of Macroautophagy Using Pho8△60 Assay and GFP-Cleavage Assay in Yeast.,Araki Y.Kira S, Noda T.,Methods in enzymology,588 307-321,2017年04月,学術論文

  • オートファジー: 長年の謎を解き明かした大隅良典博士と酵母 ,荒木保弘, 野田健司,化学,71(12) 19-22,2016年12月,解説・総説

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,オートファジー 分子メカニズムの理解から病態の解明まで [オートファジーの誘導と抑制をつかさどる2つのキナーゼAtg1/Ulk1とTORC1],荒木保弘 野田健司,南山堂,ISBN,978-4-525-13481-5,2017年12月

報道 【 表示 / 非表示

  • 阪大と東工大、細胞がアミノ酸の一種であるグルタミンに依存して細胞成長を活性化する仕組みを発見,日本経済新聞電子版,2018年04月