基本情報

写真b

岡田 随象

Okada Yukinori


キーワード

遺伝統計学,バイオインフォマティクス

URL

http://www.sg.med.osaka-u.ac.jp/index.html

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,医学系研究科 医学専攻,教授,専任

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝情報と形質情報の結びつきを統計学の観点より評価する学問である、「遺伝統計学」を専門としています。 次世代シークエンサーに代表されるゲノム解読技術の発展により、大容量のゲノムデータが得られる時代が到来しています。得られたデータを適切に解釈し、社会還元していく過程において、遺伝統計学は重要な役割を果たしています。
     ヒトの遺伝情報の解析や新たな遺伝統計解析手法の開発を通じた、疾患病態の解明、ゲノム創薬、個別化医療の確立を目指しています。これまでに、国際共同研究を通じて大規模ゲノム解析を実施し、多彩なヒト疾患における新規感受性遺伝子を同定してきました。遺伝統計解析により大規模ゲノム解析の成果と多彩な生物学・創薬データベースを横断的に統合することにより、新規ゲノム創薬やバイオマーカースクリーニングにも取り組んでいます。
     一方で、遺伝学、統計学、臨床医学、情報学といった複数の学問領域に渡る専門性が求められることもあり、我が国では遺伝統計学の専門家が少ない状況にあります。遺伝統計学を標榜する数少ない教室の一つとして、若手研究者や学生を対象とした人材育成にも取り組んでいきたいと考えております。
    医化学関連,システムゲノム科学関連,医化学関連,生命、健康および医療情報学関連,免疫学関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Metagenome-wide association study of gut microbiome revealed novel aetiology of rheumatoid arthritis in the Japanese population.,Kishikawa T, Maeda Y, Nii T, Motooka D, Matsumoto Y, Matsushita M, Matsuoka H, Yoshimura M, Kawada S, Teshigawara S, Oguro E, Okita Y, Kawamoto K, Higa S, Hirano T, Narazaki M, Ogata A, Saeki Y, Nakamura S, Inohara H, Kumanogoh A, Takeda K, Okada Y,Annals of the rheumatic diseases,79(1) 103-111,2020年01月,その他

  • GWAS of five gynecologic diseases and cross-trait analysis in Japanese,Masuda T, Low SK, Akiyama M, Hirata M, Ueda Y, Matsuda K, Kimura T, Murakami Y, Kubo M, Kamatani Y, Okada Y.,European Journal of Human Genetics,28(1) 95-107,2020年01月,学術論文

  • Parental somatogonadal COL2A1 mosaicism contributes to intrafamilial recurrence in a family with type 2 collagenopathy,Yamamoto K, Kubota T, Takeyari S, Kitaoka T, Miyata K, Nakano Y, Nakayama H, Ohata Y, Yanagi K, Kaname T, Okada Y, Ozono K,The American Journal of Medical Genetics - Part A ,2019年12月,学術論文

  • Shared genetic factors and their causality in autoimmune diseases. ,Yamamoto K and Okada Y. ,Annals of the Rheumatic Diseases,78(11) 1449-1451,2019年11月,学術論文

  • Biological characterization of expression quantitative trait loci (eQTLs) showing tissue-specific opposite directional effects,Mizuno A, Okada Y,European Journal of Human Genetics,27(11) 1745-1756,2019年11月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,機械学習と次世代シークエンス技術の活用による白血球の血液型の解明 内分泌・糖尿病・代謝内科,平田 潤、岡田 随象,科学評論社,ISSN,1884-2917,2019年11月

  • 専門著書, ゲノム医療 -PRSが変える日本の精神医療- 精神診療Legato,岩田 仲生、鎌谷 洋一郎、岡田 随象、池田 匡志,メディカルレビュー社,ISBN,978-4-7792-2325-9,2019年11月

  • 専門著書,パスウェイ解析を用いた2型糖尿病遺伝素因の日欧の比較 内分泌・糖尿病・代謝内科,細江 隼、鈴木 顕、加藤 貴史、岡田 随象、庄嶋 伸浩、山内 敏正、門脇 孝,科学評論社,ISSN,2188-9473,2019年11月

  • 専門著書,遺伝統計解析によるHLA遺伝子の疾患発症メカニズムの解明 実験医学,平田 潤、岡田 随象,羊土社,ISSN,0288-5514,2019年09月

  • 専門著書,リウマチ性疾患におけるオミクス解析とゲノム創薬 リウマチ科,田中 宏明、岡田 随象,科学評論社,ISSN,2188-9457,2019年07月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 第48回大阪大学公開講座,「ゲノムで紐解く老いのメカニズム」,2016年11月