基本情報

写真b

藤井 俊行

Fujii Toshiyuki


キーワード

バックエンド化学,リサイクル化学,溶液化学,同位体化学

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-7890

FAX番号

06-6879-7891

URL

http://www.see.eng.osaka-u.ac.jp/seeqc/seeqc/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,工学研究科 環境・エネルギー工学専攻,教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

大阪大学 工学研究科 原子力工学専攻 修了 博士(工学) 1999年06月

職歴 【 表示 / 非表示

京都大学原子炉実験所・助手 1999年07月 ~ 2006年07月
京都大学原子炉実験所・助教授 2006年08月 ~ 2007年03月
京都大学原子炉実験所・准教授 2007年04月 ~ 2016年03月
大阪大学大学院工学研究科・教授 2016年04月 ~ 継続中

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • 安全なエネルギーシステムの創生を目指し、燃材料の処理・処分に関する化学研究を行っています。具体的には液体系でのレアメタル、レアアース、およびアクチノイドの溶存状態の解析と化学分離を行い、バックエンド化学の高度化を目指しています。
    原子力工学関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会

  • 同位体科学会

  • 日本質量分析学会

  • 日本地球化学会

  • American Geophysical Union (AGU)

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • クラウンエーテルによるガリウム同位体分別とその理論的検証,加藤千図, Frédéric Moynier, 藤井俊行, 浅井久瑠美, 阿部穣里,同位体科学会,2019年03月,会議報告/口頭発表

  • 表面電離型質量分析法による福島県内で採取した土壌試料中のセシウム同位体比分析,芝原雄司, 窪田卓見, 藤井俊行, 福谷 哲, 高宮幸一, 紺野慎行, 水野 哲,山名 元,同位体科学,(12-14) 163-163,2018年12月,会議報告/口頭発表

  • 表面電離型質量分析法による福島県内で採取した土壌試料中のウラン・プルトニウム同位体比分析,芝原雄司, 窪田卓見, 藤井俊行, 福谷 哲, 高宮幸一, 紺野慎行, 水野 哲,山名 元,同位体科学,(12-14) 63-63,2018年12月,大学・研究所等の報告

  • Measurements of Neutron Total and Capture Cross Sections of 241Am with ANNRI at J-PARC,Kazushi TERADA, Atsushi KIMURA, Taro NAKAO, Shoji NAKAMURA, Kazuhito MIZUYAMA, Nobuyuki IWAMOTO, Osamu IWAMOTO, Hideo HARADA,Tatsuya KATABUCHI, Masayuki IGASHIRA, Tadafumi SANO, Yoshiyuki TAKAHASHI, Cheol Ho PYEON, Satoshi FUKUTANI, Toshiyuki FUJII, Takahiro YAGI, Koichi TAKAMIYA, and Jun-ichi HORI,J. Nucl. Sci. Technol.,55(10) 1198-1211,2018年10月,学術論文

  • 109Ag–107Ag Fractionation in Fluids with Applications to Ore Deposits, Archeometry, And Cosmochemistry,Toshiyuki FUJII, and Francis ALBARÈDE,,Geochim. Cosmochim. Acta,234 37-49,2018年08月,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 専門著書,Chapter 3: Isotopic Ratio of 135Cs/137Cs in Fukushima Environmental Samples Collected in 2011 in Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future,Takumi KUBOTA, Yuji SHIBAHARA, Tomoko OHTA, Satoshi FUKUTANI, Toshiyuki FUJII, Koichi TAKAMIYA, Satoshi MIZUNO, and Hajimu YAMANA,Springer, Tokyo,2016年01月

  • 専門著書,Chapter 11: In Situ Environmental Radioactivity Measurement in High-Dose Rate Areas Using a CdZnTe Semiconductor Detector in Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future,Munehiko KOWATARI, Takumi KUBOTA, Yuji SHIBAHARA, Toshiyuki FUJII, Koichi TAKAMIYA, Satoshi MIZUNO, and Hajimu YAMANA,Springer, Tokyo,2016年01月

  • 専門著書,Chapter 4: Application of Mass Spectrometry for Analysis of Cesium and Strontium in Environmental Samples Obtained in Fukushima Prefecture. Analysis of Cesium Isotope Compositions in Environmental Samples by Thermal Ionization Mass Spectrometry-2 in Radiological Issues for Fukushima's Revitalized Future,Yuji SHIBAHARA, Takumi KUBOTA, Satoshi FUJUTANI, Toshiyuki FUJII, Koichi TAKAMIYA, Tomoko OHTA Tomoyuki SHIBATA, Masako YOSHIKAWA, Mitsuyuki KONNO, Satoshi MIZUNO, and Hajimu YAMANA,Springer, Tokyo,2016年01月

 

会議運営 【 表示 / 非表示

  • 国際会議,ANUP2016 (Asian Nuclear Prospects 2016),Co-Organizer,2016年10月

  • その他,2016年度日本地球化学会年会, セッションG10:最先端計測・同位体化学の地球化学及び境界領域への応用,コンビーナー,2016年09月

  • 国際会議,Goldschmidt 2016,Theme Co-Chair,2016年06月