基本情報

写真b

中村 修平

Nakamura Shuhei


キーワード

老化, オートファジー

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 2018年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,高等共創研究院,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 理学研究科 生物科学専攻 修了 博士(理学) 2008年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC1) 2005年04月 ~ 2008年03月
基礎生物学研究所 研究員 2008年04月 ~ 2011年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing, 日本学術振興会 海外特別研究員 2011年11月 ~ 2013年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing, International Incoming Fellowships (IIF) - Marie Curie Actions 2013年11月 ~ 2015年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing ポスドク 2015年11月 ~ 2016年03月
大阪大学 大学院医学系研究科 生化学・分子生物学講座 遺伝学教室 助教 2016年04月 ~ 2018年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging.,Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T,Nature communications,10(1) 847,2019年02月,学術論文

  • Bidirectional Control of Autophagy by BECN1 BARA Domain Dynamics.,Chang C, Young LN, Morris KL, von Bülow S, Schöneberg J, Yamamoto-Imoto H, Oe Y, Yamamoto K, Nakamura S, Stjepanovic G, Hummer G, Yoshimori T, Hurley JH,Molecular cell,73(2):339-353.e6.,2018年12月,その他

  • オートファジーと寿命延長,中村 修平、吉森 保,BIO Clinica,438 16-20,2018年07月,解説・総説

  • Autophagy and Longevity.,Nakamura S, Yoshimori T.,Mol Cells. ,Epub 2018 Jan 23. ,2018年01月,解説・総説

  • オートファゴソーム成熟と融合の分子機構,中村 修平、吉森 保,実験医学,35, 15,2017年09月,解説・総説

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 老化のサイン,現代化学,2019年04月

  • オートファジー抑制原因、加齢で特定たんぱく質増 阪大など解明,日刊工業新聞,2019年03月

  • 寿命司るたんぱく質を発見 自食作用抑える 阪大など研究チーム,毎日新聞電子版,2019年02月

  • The key to increased lifespan? Rubicon alters autophagy in animals during aging,Alpha Galileo,2019年02月

  • The key to increased lifespan? Rubicon alters autophagy in animals during aging,Science Daily,2019年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • NCGGセミナー,Novel insights into the molecular mechanism of age-associated decline of autophagy,2018年12月

  • 第91回日本生化学会大会,オートファジーによる動物の寿命延長機構,2018年09月

  • 平成28年度日本医療研究開発機構研究費 『革新的がん医療実用化研究事業』 「がん免疫療法における抗 CCR4 抗体による Treg 除去療法 -抗体単独療法から複合免疫療法への医師主導治験-」 平成29年度 第1回班会議,オートファジーの分子機構と疾患における役割,2017年06月

  • CDB seminar,An extensive HLH transcription factor network promoting longevity in response to signals from the gonad,2016年12月

  • 第145回生命機能研究科研究交流会,オートファジーによるリソソームの恒常性維持機構,2016年10月

全件表示 >>