基本情報

写真b

中村 修平

Nakamura Shuhei


キーワード

老化, オートファジー

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 2018年03月31日,生命機能研究科 生命機能専攻,助教,専任

  • 2018年04月01日 ~ 継続中,高等共創研究院,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 理学研究科 生物科学専攻 修了 博士(理学) 2008年03月

職歴 【 表示 / 非表示

日本学術振興会 特別研究員(DC1) 2005年04月 ~ 2008年03月
基礎生物学研究所 研究員 2008年04月 ~ 2011年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing, 日本学術振興会 海外特別研究員 2011年11月 ~ 2013年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing, International Incoming Fellowships (IIF) - Marie Curie Actions 2013年11月 ~ 2015年10月
Max Planck Institute for Biology of Ageing ポスドク 2015年11月 ~ 2016年03月
大阪大学 大学院医学系研究科 生化学・分子生物学講座 遺伝学教室 助教 2016年04月 ~ 2018年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Suppression of autophagic activity by Rubicon is a signature of aging. ,Nakamura S, Oba M, Suzuki M, Takahashi A, Yamamuro T, Fujiwara M, Ikenaka K, Minami S, Tabata N, Yamamoto K, Kubo S, Tokumura A, Akamatsu K, Miyazaki Y, Kawabata T, Hamasaki M, Fukui K, Sango K, Watanabe Y, Takabatake Y, Kitajima TS, Okada Y, Mochizuki H, Isaka Y, Antebi A, Yoshimori T,Nat Commun,10(1) 847,2019年02月,学術論文

  • Mondo complexes regulate TFEB via TOR inhibition to promote longevity in response to gonadal signals.,Nakamura S, Karalay Ö, Jäger PS, Horikawa M, Klein C, Nakamura K, Latza C, Templer SE, Dieterich C, Antebi A,Nature communications,7 10944,2016年03月,学術論文

  • Hyperproliferation of mitotically active germ cells due to defective anti-Mullerian hormone signaling mediates sex reversal in medaka.,Nakamura S, Watakabe I, Nishimura T, Picard JY, Toyoda A, Taniguchi Y, di Clemente N, Tanaka M,Development (Cambridge, England),139 2283-2287,2012年07月,その他

  • Identification of germline stem cells in the ovary of the teleost medaka.,Nakamura S, Kobayashi K, Nishimura T, Higashijima S, Tanaka M,Science (New York, N.Y.),328(5985) 1561-1563,2010年06月,その他

  • Identification and lineage tracing of two populations of somatic gonadal precursors in medaka embryos.,Nakamura S, Kobayashi D, Aoki Y, Yokoi H, Ebe Y, Wittbrodt J, Tanaka M,Developmental biology,295(2) 678-688,2006年07月,その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • その他,オートファジー 分子メカニズムの理解から病態の解明まで (The Frontiers in Life Sciences),吉森 保,南山堂,ISBN,452513481X,2017年12月

  • 専門著書,The実験医学 オートファジー 研究者たちの集大成が見える 最新ビジュアルテキスト,水島昇・吉森保,羊土社,ISBN,978-4-7481-0365-7,2017年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 長寿科学賞,中村修平,公益財団法人 長寿科学振興財団,2019年12月

  • 優秀発表賞,中村修平,公益財団法人 アステラス病態代謝研究会,2019年10月

  • 第7回万有医学奨励賞 優秀賞,中村修平,MSD 生命科学財団,2018年11月

  • CECAD Career-Promoting Grant for Senior Postdoctoral Scientists,中村修平,DFG,2016年04月

  • Molecular Basis of Aging and Disease, Poster Award (1st place) and Fellowship,中村修平,COLD SPRING HARBOR ASIA CONFERENCES,2015年09月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 老化のサイン,現代化学,2019年04月

  • オートファジー抑制原因、加齢で特定たんぱく質増 阪大など解明,日刊工業新聞,2019年03月

  • 自食作用低下の仕組み解明=抑制たんぱく質が増加ー阪大など,時事ドットコム,2019年02月

  • 加齢で「オートファジー」低下する原因解明 阪大,日本経済新聞電子版,2019年02月

  • 寿命司るたんぱく質を発見 自食作用抑える 阪大など研究チーム,毎日新聞電子版,2019年02月

全件表示 >>

 

講演会・展示会 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科セミナー,オートファジーによる寿命延長機構の解明,2019年09月

  • 高等共創研究院シンポジウム, 動物の老化・寿命制御メカニズムの解明,2019年07月

  • 第 7 回 AAA(Academy of Aging and CArdiovascular-Diabetes Research),オートファジーによる動物の寿命延長機構,2019年01月

  • NCGGセミナー,Novel insights into the molecular mechanism of age-associated decline of autophagy,2018年12月

  • 第91回日本生化学会大会,オートファジーによる動物の寿命延長機構,2018年09月

全件表示 >>