基本情報

写真b

田邉 一郎

Tanabe Ichiro


生年月

1985年04月

キーワード

分光分析、表面/界面解析、電子状態評価、機能性材料、電気化学

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

東京大学 工学系研究科  修了 2010年03月
東京大学 工学系研究科  修了 博士(工学) 2013年03月

職歴 【 表示 / 非表示

関西学院大学大学院理工学研究科・博士研究員 2013年04月 ~ 2014年03月
日本学術振興会特別研究員・PD 2014年04月 ~ 2015年03月
関西学院大学理工学部・助教 2015年04月 ~ 2016年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本表面科学会

  • 日本分光学会

  • 電気化学会

  • 応用物理学会

  • 日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Far-ultraviolet spectral changes of titanium dioxide with gold nanoparticles by ultraviolet and visible light.,Tanabe I, Kurawaki Y,Spectrochimica acta. Part A, Molecular and biomolecular spectroscopy,197 103-106,2018年05月,学術論文

  • Analysis of ionic liquids by attenuated total reflectance spectroscopy (140–450 nm) and quantum chemical calculations,Ichiro Tanabe, Aki Suyama, Taiki Sato, Ken-ichi Fukui,Analyst ,143, 2539-2545,2018年05月,学術論文

  • Rydberg transitions as a probe for structural changes and phase transition at polymer surfaces: an ATR-FUV-DUV and quantum chemical study of poly(3-hydroxybutyrate) and its nanocomposite with graphene.,Beć KB, Morisawa Y, Kobashi K, Grabska J, Tanabe I, Tanimura E, Sato H, Wójcik MJ, Ozaki Y,Physical chemistry chemical physics : PCCP,20(13) 8859-8873,2018年03月,学術論文

  • Far- and deep-ultraviolet surface plasmon resonance sensors working in aqueous solutions using aluminum thin films,Tanabe Ichiro, Tanaka Yoshito Y., Watari Koji, Hanulia Taras, Goto Takeyoshi, Inami Wataru, Kawata Yoshimasa, Ozaki Yukihiro,SCIENTIFIC REPORTS,7,2017年07月,学術論文

  • New Application of Far-ultraviolet Spectroscopy,Tanabe Ichiro, Goto Takeyoshi, Morisawa Yusuke, Ozaki Yukihiro,BUNSEKI KAGAKU,66(5) 319-331,2017年05月,学術論文

全件表示 >>