基本情報

写真b

金 鋼

KIM Kang


キーワード

ソフトマター化学工学

メールアドレス

メールアドレス

URL

https://researchmap.jp/kangkim/

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 継続中,基礎工学研究科 物質創成専攻,准教授,専任

学歴 【 表示 / 非表示

京都大学 理学部 理学科 卒業 1998年03月
京都大学 情報学研究科 数理工学専攻 修了 博士(情報学) 2003年03月

職歴 【 表示 / 非表示

独立行政法人科学技術振興機構 研究員 2003年04月 ~ 2006年03月
京都大学大学院工学研究科 研究員 2006年04月 ~ 2006年05月
自然科学研究機構分子科学研究所 助手 2006年06月 ~ 2007年04月
自然科学研究機構分子科学研究所 助教 2007年04月 ~ 2013年03月
コロンビア大学化学科 客員研究員 2011年02月 ~ 2012年01月
新潟大学大学院自然科学研究科 准教授 2013年04月 ~ 2016年03月
名古屋大学大学院理学研究科 客員准教授 2014年04月 ~ 2015年03月
大阪大学大学院基礎工学研究科 准教授 2016年04月 ~ 継続中
自然科学研究機構分子科学研究所 客員准教授 2018年04月 ~ 2020年03月

研究内容・専門分野 【 表示 / 非表示

  • ガラス転移・液液転移の遅いダイナミクスに対する分子シミュレーションによる研究
    生物物理、化学物理およびソフトマターの物理関連,基礎物理化学関連

  • 複雑流体のシミュレーションモデリング
    移動現象および単位操作関連

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 日本物理学会

  • 分子シミュレーション学会

  • 分子科学会

  • 溶液化学研究会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Local Density Fluctuation Governs the Divergence of Viscosity Underlying Elastic and Hydrodynamic Anomalies in a 2D Glass-Forming Liquid,Shiba H, Kawasaki T, Kim K,Physical Review Letters,123(26) 265501 ,2019年12月,http://orcid.org/0000-0002-7047-3183,学術論文

  • Boson peak, elasticity, and glass transition temperature in polymer glasses: Effects of the rigidity of chain bending,Tomoshige N, Mizuno H. Mori T. Kim K, Matubayasi N,Scientific Reports,9 19514,2019年12月,http://orcid.org/0000-0002-7047-3183,学術論文

  • Classification of mobile- and immobile-molecule timescales for the Stokes-Einstein and Stokes-Einstein-Debye relations in supercooled water,Kawasaki T, Kim K,Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment,2019(8) 084004,2019年08月,http://orcid.org/0000-0002-7047-3183,学術論文

  • Consistency of geometrical definitions of hydrogen bonds based on the two-dimensional potential of mean force with respect to the time correlation in liquid water over a wide range of temperatures,Kikutsuji T, Kim K, Matubayasi N,Journal of Molecular Liquids,294(15) 11603,2019年08月,http://orcid.org/0000-0002-7047-3183,学術論文

  • Spurious violation of the Stokes-Einstein-Debye relation in supercooled water,Kawasaki T, Kim K,Scientific Reports,9(1) 8118,2019年05月,http://orcid.org/0000-0002-7047-3183,学術論文

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 辞典,粉体工学ハンドブック,名嘉山祥也, 金鋼, 山本量一,朝倉書店,ISBN,4254252676,2014年02月

  • 専門著書,Electrical Phenomena at Interfaces and Biointerfaces: Fundamentals and Applications in Nano-, Bio-, and Environmental Sciences, Chapter 9,Kim K, Nakayama Y, Yamamoto R,Wiley,2012年02月

  • 専門著書,Electrical Phenomena at Interfaces and Biointerfaces: Fundamentals and Applications in Nano-, Bio-, and Environmental Sciences, Chapter 8,Nakayama Y, Kim K, Yamamoto R,Wiley,2012年02月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第33回分子シミュレーション討論会学生優秀発表賞,友重直也, 水野英如, 金鋼, 松林伸幸,分子シミュレーション学会,2019年12月

  • 第33回分子シミュレーション討論会学生優秀発表賞,森勇介, 岡崎圭一, 森俊文, 金鋼, 松林伸幸,分子シミュレーション学会,2019年12月

  • 第9回ソフトマター研究会ポスター賞,菊辻卓真, 金鋼, 松林伸幸,ソフトマター研究会,2019年11月

  • 第13回分子科学討論会優秀ポスター賞,菊辻卓真, 金鋼, 松林伸幸,分子科学会,2019年10月

  • 第74回年次大会日本物理学会学生優秀発表賞,森勇介, 岡崎圭一, 金鋼, 松林伸幸,日本物理学会,2019年05月

全件表示 >>

報道 【 表示 / 非表示

  • 分子振動の驚くべき単純な性質 高分子ガラスの詳細解析で発見,大学ジャーナル ONLINE,2020年01月

  • 阪大など、ガラス状プラの高分子振動解明,日刊工業新聞,2020年01月

  • 阪大ら,高分子ガラス状の分子振動の正体解明,オプトロニクスオンライン,2019年12月

  • 阪大・東大・筑波大、ガラス状高分子における分子振動の正体を解明,日経電子版,2019年12月

  • プラスチックなどのガラス状高分子における分子振動のメカニズムを解明 東京大学など,fabcross for エンジニア,2019年12月

全件表示 >>

 

学外運営 【 表示 / 非表示

  • 学会,日本物理学会,領域12 領域運営委員,2009年05月 ~ 2010年04月