基本情報

写真b

嶋田 圭祐

Shimada Keisuke


生年月

1983年07月

キーワード

精子ミトコンドリア

メールアドレス

メールアドレス

電話番号

06-6879-8375

FAX番号

06-6879-8376

性別

男性

所属組織 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日 ~ 2018年09月30日,微生物病研究所,特任研究員(常勤),専任

  • 2018年10月01日 ~ 継続中,微生物病研究所,助教,専任

学歴 【 表示 / 非表示

北海道大学 獣医学研究科  修了 2016年03月
 

論文 【 表示 / 非表示

  • ARMC12は精子形成期におけるミトコンドリア鞘形成に必須である,嶋田圭祐, Soojin Park, 宮田治彦, Zhifeng Yu, 諸星茜, 大浦聖矢, Martin M. Matzuk, 伊川正人,第163回日本獣医学会学術集会,2020年09月,会議報告/口頭発表

  • Bi-allelic DNAH8 Variants Lead to Multiple Morphological Abnormalities of the Sperm Flagella and Primary Male Infertility.,Liu C, Miyata H, Gao Y, Sha Y, Tang S, Xu Z, Whitfield M, Patrat C, Wu H, Dulioust E, Tian S, Shimada K, Cong J, Noda T, Li H, Morohoshi A, Cazin C, Kherraf ZE, Arnoult C, Jin L, He X, Ray PF, Cao Y, Touré A, Zhang F, Ikawa M,American journal of human genetics,107(2) 330-341,2020年08月,学術論文

  • CRISPR/Cas9-mediated genome-edited mice reveal 10 testis-enriched genes are dispensable for male fecundity.,Park S, Shimada K, Fujihara Y, Xu Z, Shimada K, Larasati T, Pratiwi P, Matzuk RM, Devlin DJ, Yu Z, Garcia TX, Matzuk MM, Ikawa M,Biology of reproduction,103(2) 195-204,2020年08月,学術論文

  • Tmprss12 is required for sperm motility and uterotubal junction migration in mice†.,Larasati T, Noda T, Fujihara Y, Shimada K, Tobita T, Yu Z, Matzuk MM, Ikawa M,Biology of reproduction,103(2) 254-263,2020年08月,学術論文

  • Welfare Impact of Carbon Dioxide Euthanasia on Laboratory Mice and Rats: A Systematic Review.,Turner PV, Hickman DL, van Luijk J, Ritskes-Hoitinga M, Sargeant JM, Kurosawa TM, Agui T, Baumans V, Choi WS, Choi YK, Flecknell PA, Lee BH, Otaegui PJ, Pritchett-Corning KR, Shimada K,Frontiers in veterinary science,7 411,2020年07月,学術論文

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学会賞(基礎部門),宮田 治彦,日本アンドロロジー学会第38回学術大会,2019年06月

  • 最優秀学術賞,嶋田 圭祐,微生物病研究所,2019年01月